夢を実現し、感動を分かち合う
小児整形外科
ホームページ責任者、小児整形外科専門医鈴木茂夫
元滋賀県立小児保健医療センター整形外科医師、現在、東京、水野病院整形外科勤務
2005年8月23日以後  2019年2月27日更新

水野病院の近くにある西新井大師は、日本3大大師の一つです。境内には塩地蔵という不思議なお地蔵さんがあります。このお地蔵さんにかかっている塩を持って帰り病変部に置くと病気が治る、と言われています。もしそれで病気が治癒したならば持って帰った量の2倍の塩をお地蔵さんに戻すことになっています。

2019年2月27日。
水野記念病院は近年患者様が増加し、現在のスタッフ数では対応しきれなくなってきました。意欲のある一般整形外科医を募集しております。様々な外傷、多様な疾患がたくさんあります。これだけ外傷の種類や数が多い施設は東京都にはそれほどありません。また、外傷に対する手術も、髄内釘、プレート、イリザロフなど多彩なことも特徴です。ここで本気で勉強すればかなりの実力がつくはずです。仕事はやりがいがあって面白く、スタッフは皆仲が良く協力的です。若い先生には徹底した教育を行います。また本院の特色は、スタッフはただ働くのではなく、一人一人がテーマを持ち、専門領域を深める努力をしていることです。働いて得るものはものすごく大きいはずです。
もう医局に属して生きる時代は終わりつつあります。医局に奉公するのも大事ですが、それよりも皆さんは自分の最もやりたい医療を追求すべきです。そしてその為には自分のやりたいことをたくさんしている施設で勉強すべきです。そしてその分野では誇りをもっていけるような実力をつけなくてはなりません。私は以前は医局人間でしたが、今はもう医局を離れて14年になります。本当にいろいろな医師を見てきました。ハッキリ言って、医局の医師よりも医局を離れた医師の方が実力が上のことが多いのです。これは様々な理由があるのですが、次の機会に述べましょう。
地方の医療を存続させる為に医局制度を維持することも大事ですが、私は地域医療を守る最善の方法は、道路を整備することと考えております。医師が地方へ出向くのではなく、患者さんが自分に最も適した病院へ短時間で行くことが大事なのです。皆さん一人一人がそれぞれの専門分野で一流になってゆくことが長い目で見れば地域医療をも守ってゆくことになるはずです。

ソルター手術を受けた後に、かけっこが早くなったと本人ご家族が報告してくれます。ほとんどの方が同じことを言われますが、これは臼蓋の覆いが良くなって股関節が安定を増したからです。

先日、あるお母さんからメールをいただきました。両足内反足の手術をしたお子さんが県の運動大会で2位になった、ということです。こういうお便りはうれしいものです。


このコーナー過去の主要記事


皆さまからたくさんのご質問をいただいております。お子さんの整形外科的問題でお悩みのご家族に参考となるようなご質問とそのお答えをご紹介いたします。なお、固有名詞、修飾語、文体などは変えて質問者が特定できないようにしております。
ご質問のある方は、ort at kir.biglobe.ne.jp (atは@に変えてください)にメールをください。



メールをいただいた方には必ず返信をお送りしております。最近、ご返事をしてもエラーで返されることがたびたびあります。特に携帯からのメールの場合にエラーが多いようです。返信がなかった場合には、携帯に問題がないかどうかお確かめください。


診察日
新患外来:木曜日午前9時30分から12時。急ぐ必要がある場合にはメールをください。
再来外来:月曜日午後2時から4時、火曜日午前9時から12時。

いずれの外来も平日14時から17時、土曜日9時から13時までに電話(03-3898-8080)予約をお願いいたします。6ヶ月前までの予約が可能です。

内反足外来:月曜日午前、完全予約制です。早期の治療開始が必須です。とりあえずメールをください。優先的に外来診察の都合をつけます。


お知らせ(2016年12月24日) 外来受診、入院治療、そして手術を受ける予定の方は必ずお読みください。


疾患の説明: 小児整形外科学疾患を専門医の立場からはどのように考えるか述べて行きます。

側彎症(11/10)

先天性股関節脱臼(16.10/23)    ペルテス病(16.4/9) 大腿骨頭辷り症15.5/17)  

O脚・X脚・ブラウント病(10/27)  下肢の回旋変形(11/3)  

先天性内反足((16.10/15)  様々な足の変形(06.7/9)

骨延長(10/25)  

骨形成不全(10/27)   

スポーツ障害・外傷(06.4.27作成)


脳性麻痺の整形外科的治療(18.5/19)

その他の疾患(12/1)


診療実績(2019年.1/8) 扱った疾患や手術例の統計と解説です。


 ご質問、ご意見などがありましたらどんなことでも結構ですので、ortATkir.biglobe.ne.jp (ATは@に変えてください)にメールをください。なお、ご質問内容がホームページに掲載されることはありません。


滋賀県立小児保健医療センター整形外科のホームページ
最強のスタッフ、充実した設備、あらゆる小児整形外科疾患に対応できる我国最高の小児整形外科治療施設です。標準的な小児整形外科疾患はもちろんのこと、他施設で、にっちもさっちもゆかなくなった場合には頼るところはここしかありません。

たかせ整形外科のホームページ
元滋賀県立小児保健医療センター整形外科スタッフで京都で開業されました。患者さんの立場に立ってよく話を聞いてくれるやさしい先生です。悩みを抱えておられるご両親にとっては話をするだけで癒されるでしょう。京都ならびにその周辺で小児整形外科疾患でお悩みの方は、ここを訪ねてみてください。きっと明るい希望が見えてくるでしょう。

水野記念病院のホームページ
私の勤務先です。全職員が協力的なので気持ちよく働いています。すこしづつですが小児整形外科治療をおこなう環境が整いつつあります。やり甲斐のある仕事ができることに感謝の毎日です。