夢を実現し、感動を分かち合う
小児整形外科


ホームページ責任者、小児整形外科専門医鈴木茂夫
元滋賀県立小児保健医療センター整形外科医師、現在、東京、水野病院整形外科勤務

2005年8月23日以後  2017年9月4日更新

水野病院の近くにある西新井大師は、日本3大大師の一つです。境内には塩地蔵という不思議なお地蔵さんがあります。このお地蔵さんにかかっている塩を持って帰り病変部に置くと病気が治る、と言われています。もしそれで病気が治癒したならば持って帰った量の2倍の塩をお地蔵さんに戻すことになっています。

2017年7月8日。
脳性麻痺の手術症例が増加していますが、これから一層力を入れ、大きく発展させます。特に両麻痺で5歳前後のお子様の手術による歩行改善は劇的なものがあります。
脳性麻痺の手術の目的は、拘縮変形した四肢関節を矯正し、正しい姿勢保持を回復することです。このようにして術後にリハビリが効果的に行えるようにすることです。すなわち、術後のリハビりが重要であり、手術はその条件を整えることが目的です。これまで本院では術後リハビリが困難でしたが、これからこの面でも力を入れてゆきます。すでにリハビリスタッフが勉強会を重ね、受け入れ準備を進めています。


内反足の矯正は早ければ早いほど効果的です。内反足のお子様が生まれた場合にはなるべく早くメールをください。特別に予約をいれ、早期治療を始めます。さまざまな事情から治療が遅れる場合もありますが、心配無用です。内反足は見た目には重症に映りますが、実際には深刻な病気ではありません。正しい治療を行えば、最終的には不自由の無い足に矯正することができます。


股関節臼蓋形成不全に対し、座り方を気を付けることが重要です。とにかく、正座とお姉さん座りを止め、できるだけバレリーナ座りを心がけてください。まだ統計はとっておりませんが、何人かの臼蓋形成不全の患者さんが、これによって大きく改善をしています。

ペルテス病に対する手術治療の成績は素晴らしいものがあります。私は、1983年ころまでは全例装具療法をしておりましたが、手術治療に切り替えてからその成績は見違えるようです。とにかく最終的には「完全に治りました」と患者家族の皆さまに告げることが出来るのです。もちろん治療開始が遅れた場合や、発症年齢が高い場合には限界がありますが、これは今後の課題です


メールをいただいた方には必ず返信をお送りしております。最近、ご返事をしてもエラーで返されることがたびたびあります。特に携帯からのメールの場合にエラーが多いようです。返信がなかった場合には、携帯に問題がないかどうかお確かめください。




このコーナー過去の主要記事


診察日

新患外来:木曜日午前9時30分から12時。急ぐ必要がある場合にはメールをください。
再来外来:月曜日午後2時から4時、火曜日午前9時から12時。

いずれの外来も平日14時から17時、土曜日9時から13時までに電話(03-3898-8080)予約をお願いいたします。6ヶ月前までの予約が可能です。

内反足外来:月曜日午前、完全予約制です。早期の治療開始が必須です。とりあえずメールをください。優先的に外来診察の都合をつけます。


お知らせ(2016年12月24日) 外来受診、入院治療、そして手術を受ける予定の方は必ずお読みください。


疾患の説明: 小児整形外科学疾患を専門医の立場からはどのように考えるか述べて行きます。

側彎症(11/10)

先天性股関節脱臼(16.10/23)    ペルテス病(16.4/9) 大腿骨頭辷り症15.5/17)  

O脚・X脚・ブラウント病(10/27)  下肢の回旋変形(11/3)  

先天性内反足((16.10/15)  様々な足の変形(06.7/9)

骨延長(10/25)  

骨形成不全(10/27)   

スポーツ障害・外傷(06.4.27作成)


脳性麻痺の整形外科的治療(11.6/23)

その他の疾患(12/1)


診療実績(2017.1/1) 扱った疾患や手術例の統計と解説です。


 ご質問、ご意見などがありましたらどんなことでも結構ですので、ortATkir.biglobe.ne.jp (ATは@に変えてください)にメールをください。なお、ご質問内容がホームページに掲載されることはありません。


滋賀県立小児保健医療センター整形外科のホームページ
最強のスタッフ、充実した設備、あらゆる小児整形外科疾患に対応できる我国最高の小児整形外科治療施設です。標準的な小児整形外科疾患はもちろんのこと、他施設で、にっちもさっちもゆかなくなった場合には頼るところはここしかありません。私もときどき応援に行っています。

長野県立こども病院整形外科小児股関節センター
二見徹先生が新たに赴任された病院です。長野県だけでなく、関東の全域をカバーする力強い病院となります。また公的病院の強みを生かして特色ある施設となるはずです。水野記念病院も密接な関係を保ってゆきます。

スカイ整形外科のホームページ
大阪にある元滋賀県立小児保健医療センタースタッフが責任をもって治療する施設です。イリザロフ、小児手の外科の分野に関しては我国トップの実績を持っており、安心信頼してお子様を任せられます。交通も便利であり、全国から患者が訪れるでしょう。東京からもどんどん紹介しています。

たかせ整形外科のホームページ
元滋賀県立小児保健医療センター整形外科スタッフで京都で開業されました。患者さんの立場に立ってよく話を聞いてくれるやさしい先生です。悩みを抱えておられるご両親にとっては話をするだけで癒されるでしょう。京都ならびにその周辺で小児整形外科疾患でお悩みの方は、ここを訪ねてみてください。きっと明るい希望が見えてくるでしょう。

水野記念病院のホームページ
私の勤務先です。全職員が協力的なので気持ちよく働いています。すこしづつですが小児整形外科治療をおこなう環境が整いつつあります。やり甲斐のある仕事ができることに感謝の毎日です。

2017年9月3日。秋の空。
銚子岬。