head_img_slim

お電話にてご予約承ります。
TEL. 03-3454-7270
受付時間:10時~13時 / 15時~20時
休診日:水曜日、日曜日、祝日

HOME > 症例 > 首肩痛、腰痛、不眠、冷え症

症例 首肩痛、腰痛、不眠、冷え症

32歳 女性 会社員

【診療日】X年10月15日
【症状】首肩痛、腰痛、疲労感、頭痛、足の冷え、不眠

【病歴】
これらの症状が10年前からあり、年に数回マッサージや鍼灸などを受けていたが、施術を受けても数日で元に戻ってしまうとのこと。症状は年々強くなってきていた。2年前、帝王切開にて出産。

診察所見・診たて

手首の脈はやや触れにくく、拍動に力がありません。これは体力の低下を示すサインです。

腰、下腹部、足先に触れるとかなり冷えています。帝王切開された方に多くみられる状態です。

頭に触れてみるとやや熱さがあります。下半身が冷えている方は、その一方で上半身がのぼせやすくなる傾向があります。

胸元にもやや熱っぽさがあります。不眠の方によくみられる状態です。

首、肩、背中、腰の筋肉は全体的に硬く緊張しています。

鍼灸治療

1.鍼治療

鍼には、筋肉の緊張をやわらげる効果、鬱滞している熱を散らす効果、冷えている部分を暖める効果がありますので、これによって上記の身体の状態が改善されるように治療します。

また、この方は非常に感受性が敏感なようで、今までマッサージを受けた後も、いわゆる揉み返し(施述後に反って痛みが強くなること)がくることが多いとのことでした。よって鍼治療も刺激の少ない接触鍼によって行いました。症状に対応した手足のツボや、異常のでている患部を中心に施術しました。

2.灸治療

鍼と併用して、冷えを暖めるのに有効な灸も施しました。灸はヨモギの葉っぱの線維を感想させた艾(もぐさ)をお米の半分程度の大きさにひねり、線香で着火し、ツボを温める施術です。火が皮膚に到達する少し手前で指でつまんで火を消しますので、ほとんど熱さはなく、心地よい温かさを感じる治療です。

経過

2回目(10月17日)

初診後、首肩痛は10分の7に軽減し、今日まで維持されていたそうです。また、普段は眠りが浅く、5~6時間で目が覚めてしまうところ、鍼灸をした日の夜は11時間もぐっすり眠ってしまったとのことでした。

3回目(10月21日)

首肩痛は初診時の約半分になっていました。腰痛はほとんどなくなり、足の冷えも以前より感じないそうです。この1週間は平均的によく眠れ、全身的な疲れも軽くなっているとのことでした。また、身体の状態は以下のように変化していました。

・ 脈が初診時よりも力強くなっていました。体力の回復を示すサインです。
・ お腹や足の冷えが改善していました。
・ 肩、背中、腰の筋緊張がやわらいでいました。

4回目以降

4回目以降は治療の間隔をひろげつ通院していただくことにしました。その後も良好な状態をキープされていらっしゃいます。

コメント

この方は、今までも鍼灸やマッサージを受けられていたそうですが、治療を受けても数日で元に戻ってしまっていたそうです。

当治療室での治療後、効果が持続していたのは、おそらく患部を治療するだけでなく、全身状態を診たうえで、症状の原因となる体質(お腹が冷えて、のぼせやすくなる体質)を治療したことが効を奏したのだと思われます。対症療法だけでなく、症状の原因を治療することが大切なのです。

仕事でパソコン作業をせざるを得ない方の場合、治療してもまたすぐに負担がかかってしまいます。しかし、症状の緩和とともに、体質改善の治療を続けていけば、10年来の慢性症状であっても、良好な状態をキープすることは可能です。

治療室のご案内

完全予約制です。お電話にてご予約を承ります。

● TEL:03-3454-7270
● 受付時間:10時~13時 / 15時~20時
● 休診日:水曜日、日曜日、祝日
● 料金:初回 7,000円 2回目以降 5,000円
● 所在:〒108-0073 東京都港区三田3-4-18 二葉ビル804

        

ページトップに戻る