head_img_slim

お電話にてご予約承ります。
TEL. 03-3454-7270
受付時間:10時~13時 / 15時~20時
休診日:水曜日、日曜日、祝日

HOME > 治療内容

治療内容

治療の流れ

初診の方の治療は以下のような流れで行います。

1.予診票への記入

まず予診票への記入をお願いします。書式に従って、現在の症状、過去にかかった病気などについてお書きいただきます。

2.問診

続いて症状について詳しくお尋ねします。いつから現れたのか? 思い当たる原因は? 特にどんな時につらいか? などについてお聞きします。

主な症状以外にも、良く眠れるか? 食欲は? 便通は? 冷え症ではないか? などもお聞きします。これらは体質を把握するためのご質問です。必要があれば、これ以外にもいろいろお聞きします。

3.身体の診察

腹診

その後、お身体を診せていただきます。東洋医学的診察法として、手首の脈、舌、腹の状態などを診せていただきます。

必要があれば、骨格、姿勢、関節の可動域、動作による痛みの有無なども確認いたします。

4.治療方針のご説明

診察によって把握した身体の状態と、それをどのように治療していくのかをご説明します。

5.鍼灸治療

病状や治療内容によって所要時間は異なりますが、おおむね30分前後です。鍼灸治療の詳細については次項をご覧ください。

6.今後の見通しの説明・養生のアドバイスなど

治療後に身体がどのように変化していくのかのご説明、日常生活上の注意点やセルフケアの方法などについてのアドバイスを行います。

7.お会計・次回の日程

お会計をしていただき、次回の日程を決めていだきます。

以上が大まかな流れですが、患者さんの個々の病状によって、診察や治療の内容は変わります。

鍼灸は“気血の過不足”を調整する治療法

鍼灸について、もう少し詳しく説明いたします。鍼灸とは、どのような治療法なのかを一言で述べると「気血の過不足を調整する治療法」となります。東洋医学では、「気」とは生きていくために必要なエネルギー全般を意味し、「血」とは血液を含めた体液全般を意味します。

健康な状態では気血が全身の隅々まで巡っており、これによって健全な身体が維持されます。この状態であれば自然治癒力は充分に働き、多少のことで体調を崩すことはありません。

一方、病気の状態では気血が停滞しています。部分的に気血が不足したり、逆に汚れた気血が溜まっていたります。この状態では自然治癒力が阻害されてしまうので、徐々に病気へと発展してしまいます。

鍼灸には、この不足した気血を補う手技と、汚れた気血を散らしたり、洗い流すような手技があります。この両者を使い分けて全身の気血の過不足を調整していくのです。それによって再び、全身隈なく気血が巡るようになれば、自然治癒力は最大限に働くようになり、種々の病状は快方に向かいはじめます。

血流、自律神経、免疫などへ作用

上記の説明は東洋医学の言葉によるものですが、鍼灸の効果は科学的にも解明されています。代表的なものとして、以下のようなものが挙げられます。

・ 血流の改善
・ 自律神経機能の調整
・ 免疫力の向上
・ 筋緊張の緩和
・ 痛みの緩和

血流改善の例を挙げましょう。下の画像は鍼治療後の手の温度変化をサーモグラフィーで撮影したものです。筑波大学での研修生時代に撮影したものです。

鍼による皮膚温の上昇

左手の「合谷」というツボに鍼を施した後、両手の血流が良くなり、温度が上昇した様子をとらえています。鍼を施したのは左手だけなのに、両方の手が温まるのが面白いところです。鍼灸は施したところだけでなく、全身に効果が及ぶことを示しています。

効果の現れ方・治癒のプロセス

鍼灸は施術が終わった後から徐々に身体が反応してくるものです。

反応が早い方は施術直後に変化を感じますが、翌朝になってから変化を感じる方もいらっしゃいます。慢性的な病状に対しては、初回の治療だけでは変化を実感できない場合もありますが、ゆっくりの方であっても3~5回の施術で改善を自覚できるようになるケースが多いです。効果の現れ方には、お一人お一人の病状や体質による個人差があるものなのです。

それから、施術後に改善がみられたとしても、数日経つと少しずつ症状が再燃してくることがあります。とくに慢性症状の場合はその可能性が高いです。

そのため、再び状態が悪化する前に次回の施術を行うのが理想的です。そうすることで、さらなる改善が期待できます。このようにして、ある程度の範囲内で改善と再燃をくり返しつつも、長い目で見れば徐々に回復していくというのが、標準的な治癒のプロセスです。

治癒のプロセス

従って、治療間隔が空き過ぎてしまうと、一度良くなった状態が「元の木阿弥」になってしまい、再度ふりだしから治療をやり直すことになってしまいます。ですから、初回から3~5回目くらいまでは、あまり間隔をあけ過ぎずに通院していただいた方が効果的です。

改善がみられてきたら、徐々に間隔をあけても大丈夫です。通院ペースの目安は下記の通りです。

治療初期 ➡ 週に2~3回
改善しはじめてきたら ➡ 週に1回
さらに改善してきたら ➡ 2~3週に1回
予防、メンテナンスのために ➡ 月に1回

治療室のご案内

完全予約制です。お電話にてご予約を承ります。

● TEL:03-3454-7270
● 受付時間:10時~13時 / 15時~20時
● 休診日:水曜日、日曜日、祝日
● 料金:初回 7,000円 2回目以降 5,000円
● 所在:〒108-0073 東京都港区三田3-4-18 二葉ビル804

        

ページトップに戻る