link



個人

作家&公式ファンサイト
その他業界関係
(ア行〜タ行)


作家&公式ファンサイト
その他業界関係
(ナ行〜ワ行)


作家&公式ファンサイト
その他業界関係
海外編


小説感想・書評・創作サイト

CG作家・イラストレーター
デザイナー・漫画家


ミュージシャン・ファンサイト

その他


企業・団体

出版社

雑誌

音楽関係

映像関係

ゲームメーカー

その他


同人


作品

映画
(数字・アルファベット・ア行〜サ行)


映画
(タ行〜ワ行)


ドラマ

その他


『link』トップページへ

Top Page


深川が度々訪問するサイト、
日記で言及したサイト、
常々興味を抱いているサイトなどなど、
手当たり次第に網羅しております。
当サイト発足当時とそれから暫くの間にリンクさせて戴いたところを除くと
かなりの無許可リンクを含んでおります。
問題があるようでしたら
メール投稿フォームよりご一報下さい。
早急に対処いたします。

新着リンク

NOPE/ノープ https://nope-movie.jp/
廃業の危機に立たされた牧場の空に現れたのは、恩寵か、それとも最悪の奇跡か……? 映画界の注目を集める新鋭ジョーダン・ピール監督が出世作『ゲット・アウト』以来となるダニエル・カルーヤとのコンビで描く、新たなる《未知との遭遇》。2022年8月26日日本公開。
(2022/09/23)

ページの頭に戻る

パトニー・スウォープ https://putneyswope.jp/
想定外の経緯で広告会社の後継者に選ばれたパトニー・スウォープは、型破りな経営方針と広告戦略で世間を騒然とさせる――伝説のカルト・ムービーが半世紀を経て日本上陸。2022年7月22日日本公開。
(2022/09/14)
ドライブ・マイ・カー https://dmc.bitters.co.jp/
妻を喪って以来、抜け殻のようになった演出家と、その愛車の運転を託された女。旅路の果てに彼らが赴くのは――? 村上春樹の小説を濱口竜介監督、西島秀俊主演で映画化、アカデミー賞国際映画賞など数々の賞に輝いた名品。2021年8月20日日本公開、2022年2月18日映像ソフト最新盤発売。
(2022/09/12)
ナイトメア・アリー https://searchlightpictures.jp/movie/nightmare_alley.html
見世物小屋で習得した技術を用いて成り上がっていった男は、思わぬ罠に嵌まっていく――ウィリアム・リンゼイ・グレシャムによる伝説の小説をベースにギレルモ・デル・トロか監督が織りなす、甘美なる悪夢のドラマ。2022年3月25日日本公開、2022年6月22日映像ソフト日本最新盤発売。
(2022/09/07)
ブライアン・ウィルソン 約束の旅路 https://www.universalpictures.jp/micro/brian-wilson
《ザ・ビーチ・ボーイズ》で西海岸サウンドのイメージを決定づけた天才は、どのような道を辿ってきたのか――寡黙な本人が友人とともに過去を巡る旅のなかで漏らした想いと、著名人達の証言で綴るドキュメンタリー。2022年8月12日日本公開。
(2022/08/21)
ファイナルアカウント 第三帝国最後の証言 https://www.universalpictures.jp/micro/finalaccount
ナチスドイツに協力した子供たちは、年老いたのちになにを語るのか? 貴重な記録映像と、恐らく最後となるであろう“当事者たち”の証言によって綴る、人間の本質を貫いたドキュメンタリー。2022年8月5日日本公開。
(2022/08/15)
神々の山嶺(いただき) https://longride.jp/kamigami/
行方をくらましたクライマーが握る、山岳史を変える秘密。彼はどうやってその秘密を掴み、そして消えたのか――? 夢枕獏原作、谷口ジロー作画によるコミックを、フランスのスタッフが映画化した、冒険ミステリー。2022年7月15日日本公開。
(2022/08/12)
キャメラを止めるな! https://gaga.ne.jp/cametome/
ゾンビ映画の撮影現場に紛れ込んできた本物。スタッフ、キャストが次々と毒牙にかかっていく――日本で爆発的なヒットを遂げた『カメラを止めるな!』を、アカデミー賞に輝くミシェル・アザナヴィシウス監督がまさかのリメイク。2022年07月15日日本公開。
(2022/07/29)
エルヴィス http://elvis-movie.jp/
世界の音楽史に革命をもたらした男は、どのように現れ、何故死んでいったのか? その最盛期を見届けたマネジャーの視点を借りて、バズ・ラーマン監督が圧倒的熱気で描きだした音楽ドラマ。2022年07月01日日本公開。
(2022/07/24)
大河への道 https://movies.shochiku.co.jp/taiga/
伊能忠敬による日本地図完成の功績を大河ドラマにしよう、と画策した市役所観光課の職員は、思わぬ事実にぶつかってしまう――立川志の輔の創作落語に惚れ込んだ中井貴一が自ら企画に携わり映画化を実現した、史実と虚構の入り乱れる歴史コメディ。2022年5月20日日本公開。
(2022/07/18)
ソー:ラブ&サンダー http://marvel-japan.jp/ThorLT/
宇宙の神々を次々に手にかける《神殺し》と戦うのは、自分探し中の雷神ソーと、新生《マイティ・ソー》。前作で好評を博したタイカ・ワイティティ監督がふたたび描く、神とヒーローのスペース・オペラ。2022年07月08日日本公開。
(2022/07/13)

ページの頭に戻る

ゆるキャン△ ポータルサイト https://yurucamp.jp/
富士山にほど近い街の女子高生達がゆる〜くキャンプを楽しむ姿を、リアルなキャンプ知識をもとに描いたあfろによるコミックをアニメ化したシリーズのポータルサイト。テレビアニメシリーズとその番外篇『へやキャン△』、映画版の公開情報やグッズ情報などを網羅。
(2022/07/04)
ベイビー・ブローカー https://gaga.ne.jp/babybroker/
ただ赤ん坊を売るだけの旅は、思わぬ物語をもたらしていく――是枝裕和監督がソン・ガンホ、ペ・ドゥナほか韓国のスタッフ・キャストとともに撮った、過酷にして心優しいドラマ。2022年6月24日日本公開。
(2022/06/30)
峠 最後のサムライ http://touge-movie.com/
江戸から明治の狭間で、新時代を許容しながらも武士としての矜持を貫こうとした男がいた――司馬遼太郎が描き出した幕末藩士・河井継之助の最後の日々を、、『雨あがる』の小泉堯史監督が重厚なトーンで映画化した歴史ドラマ。2022年06月17日日本公開。
(2022/06/27)
エリザベス 女王陛下の微笑み https://elizabethmovie70.com/
英国史上最長70年にわたって在位するエリザベス女王。『ノッティングヒルの恋人』のロジャー・ミッシェル監督が多くの記録映像から、その聡明さと魅力を描き出したドキュメンタリー。2022年06月17日日本公開。
(2022/06/24)
有吉の壁 カベデミー賞 THE MOVIE https://liveviewing.jp/ariyoshinokabe/
有吉弘行MCの人気番組でも特に評価の高い無茶振り企画がまさかの映画化。卓球界の熾烈な戦いを描く『ドライブ・アイ・サー』、ある男の奇妙な日常を追う『万引き裸族』など、芸人がアドリブで口にした内容をそのまんまかたちにした4作品を上映。2022年6月10日より限定上映、同月12日よりHuluにて有料配信。
(2022/06/22)
からかい上手の高木さん https://takagi3.me/
隣の席の高木さんにいつもからかわれる西片くん。でも、その本心にはなかなか気づかない――“〜さん”系漫画の元祖と言われる山本崇一朗の漫画の、テレビシリーズ3期から劇場版にまで発展したアニメシリーズの公式サイト。アドレスは「高木さんめぇ」。
(2022/06/18)
犬王 https://inuoh-anime.com/
父の仇を追う盲目の少年と、平家の呪いをその身に浴びた少年。ふたりの出会いが、南北朝時代の京に新たな美を紡いでいく――古川日出男『平家物語 犬王の巻』をベースにした、湯浅政明監督による歓喜と陶酔のミュージカル・アニメーション。2022年05月28日公開。
(2022/06/13)
プロメア https://promare-movie.com/
人類の突然変異《バーニッシュ》が起こす火災に立ち向かう《バーニングレスキュー》、しかしその戦いには、知られざる背景が存在した――『キルラキル』の中嶋かずき×TRIGGERによる熱狂のエンタテインメント・アニメ。2019年5月24日日本公開、2020年2月5日映像ソフト日本盤発売。
(2022/06/07)
ゴーストバスターズ https://www.ghostbusters.jp/
長年“ゴースト”を追い続けていた研究者たちが、遂にその捕獲に成功した。《ゴーストバスターズ》として活動を始めた彼女たちは、想定外の事態に巻き込まれていく――1980年代を代表するヒット作を、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のポール・フェイグ監督、クリステン・ウィグほか出演でリブートした作品の公式サイト、だったがその後、ジェイソン・ライトマン監督がオリジナル版に繋がる新作『ゴーストバスターズ/アフターライフ』を発表、2022年にはこちらの公式サイトへと移行。たぶんJ・ライトマン監督の更なる続篇でも使われる。
(2022/06/06)
トップガン マーヴェリック https://topgunmovie.jp/
あの破天荒なパイロットが、ふたたび訓練学校に帰ってくる。教官として彼が若者たちを導くのは、最高難度のミッション――トム・クルーズの代表作である航空アクションにして青春ドラマが、36年の重みを加えて蘇る。2022年5月27日日本公開。
(2022/06/02)

ページの頭に戻る

シン・ウルトラマン https://shin-ultraman.jp/
禍威獣の脅威に晒された日本に突如として現れた巨人。果たして彼は人類を救うのか、それとも――樋口真嗣、庵野秀明ら『シン・ゴジラ』のスタッフが原典への惜しみないリスペクトを捧げた、新時代の空想特撮映画。2022年5月13日日本公開。
(2022/05/28)
オードリー・ヘプバーン https://audrey-cinema.com/
死後30年近く経ていまなお愛され続ける“妖精”。彼女の魅力はどこから来ているのか? 研究者や著名人のみならず、家族やごく近しい人びとからも証言を得て、その波瀾万丈な人生を辿るドキュメンタリー。2022年5月6日日本公開。
(2022/05/26)
ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス http://marvel-japan.jp/dr-strange2/
アベンジャーズ最強の魔術師が、《マルチヴァース》の罠に落ちる――無限の可能性のなかから、ドクター・ストレンジは少女を救うことが出来るのか? 《スパイダーマン》3部作以来にヒーロー映画に帰ってきたサム・ライミ監督が自らの作家性を発揮して奔放に描き出す、マーヴェルの新次元。2022年5月4日日本公開。
(2022/05/16)
劇場版 ラジエーションハウス https://radiationhouse-movie.jp/
医師免許を持つ放射線技師・五十嵐唯織にとって試練の時が迫っていた。愛する人との別れが待つ72時間後までに、彼は決断を下せるのか――? 横幕智裕&モリタイシによるコミックを原作とし、2期にわたって放映されたドラマの劇場版。2022年4月29日日本公開。
(2022/05/11)
少林寺〈4Kリマスター版〉 https://shaolinji-movie.jp/
悪逆非道を重ねる将軍に復習を誓う青年は、少林寺の僧侶としてその奥義を学ぶ――若き日のジェット・リーはじめ本物の武術家たちがその驚異的身体能力をフィルムに刻みつけた伝説的名作が4Kリマスター版として復活。1982年11月3日オリジナル版、2022年4月15日4Kリマスター版日本公開。
(2022/05/08)
白い牛のバラッド https://longride.jp/whitecow/
夫が死刑に処されたあとで、冤罪が判明した。イスラム社会の厳しい倫理観のなかでひとり娘を育てねばならない女性の前に現れた男の目的とは……? ベタシュ・サナイハとマリヤム・モガッダムのコンビ監督が女性目線で描く、イラン発の社会派ドラマ。2022年2月18日日本公開。
(2022/05/04)
鹿の王 ユナと約束の旅 https://shikanoou-movie.jp/
いちどは沈静化した伝染病《黒狼病》の蔓延。抗体を持つと思われる男と、親を失った少女の旅が、世界の命運を握る――上橋菜穂子の小説を『もののけ姫』『君の名は。』などに携わった安藤雅司、宮地昌幸の共同監督でアニメ化した、現代社会とも共鳴するファンタジー。2022年2月4日日本公開。
(2022/04/20)
ベルファスト https://belfast-movie.com/
小さな街で発生した分断と悲劇。少年の眼差しは、未来への決断に揺れる両親と、郷里に根を下ろす祖父たちの姿を見つめる――ケネス・ブラナー監督が自らの幼少時代をベースに描き、アカデミー賞オリジナル脚本賞はじめ各賞で絶賛された、優しくも逞しいドラマ。2022年03月25日公開。
(2022/04/13)
ブラックボックス:音声分析捜査 https://bb-movie.jp/
墜落事故により乗員乗客全員死亡した旅客機から回収されたブラックボックス。記録した音声データを解析した調査官は、この“事故”に秘められた謎を暴いていく……フランスの俊英ヤン・ゴズラン監督が緻密なリサーチによって構築した、航空業界サスペンス。2022年1月21日日本公開。
(2022/04/06)
ハウス・オブ・グッチ https://house-of-gucci.jp/
有名ブランド《GUCCI》の創業者一族に起きた悲劇は、何故起きたのか? リドリー・スコット監督が事実をベースに華やかに、しかし重厚な筆致で描くサスペンス・ドラマ。2022年1月14日日本公開。
(2022/04/04)

ページの頭に戻る

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊 https://searchlightpictures.jp/movie/french_dispatch.html
唯一無二の地位を築いた雑誌が、発起人の死を契機にその歴史に幕を下ろす。その最後の誌面を飾る内容とは――? ウェス・アンダーソン監督が多彩なキャストでユーモラスに描き出す群像劇。2022年1月28日日本公開、2022年3月20日よりDisney+にて配信開始。
(2022/04/01)
シークレット・マツシタ 怨霊屋敷 https://secret-matsushita.com/
ペルーに実在する、かつて暮らした日系人の悲劇以来惨事が繰り返される邸宅。映画撮影のために潜入した学生達のカメラは、恐るべき出来事を記録していた――地球の裏側から発掘されたP.O.V.スタイルのホラー。2022年1月21日日本公開。
(2022/03/29)
THE BATMAN−ザ・バットマン− http://thebatman-movie.jp/
連続殺人犯《リドラー》が現場に残す暗号が、まだ活動を始めて2年目のヒーローの心に潜む闇を暴いていく――マット・リーヴス監督×ロバート・パティンソン主演の新たなる布陣が、DCエクステンデッド・ユニヴァースから離れノワールタッチで描き出す新たな《バットマン》。2022年03月11日日本公開。
(2022/03/17)
ナイル殺人事件(2022) http://movies.co.jp/Nile-movie/
ハネムーン中の資産家の女性が、ナイル川を航行する客船のなかで殺された。愛憎に満ちた事件の謎に、エルキュール・ポアロが挑む。『オリエント急行殺人事件』に続いてケネス・ブラナーが監督と主演を兼ねて撮った、新世紀のアガサ・クリスティ映画化第2作。2022年02月25日日本公開。
(2022/03/13)
クライ・マッチョ http://crymacho-movie.jp/
年老いた元カウボーイは、国境の向こうメキシコから友人の息子を“誘拐”してくるよう頼まれる。気の進まないその旅は、元カウボーイの人生に思わぬ変化をもたらす――映画監督クリント・イーストウッドがキャリア50年の節目に撮った滋味溢れるロード・ムーヴィー。2022年1月14日日本公開。
(2022/03/02)
グッバイ、ドン・グリーズ! https://donglees.com/
濡れ衣を被せられかかった少年たちは、証拠を手に入れるための旅に出る。それは思いがけない大冒険の始まりだった――『宇宙よりも遠い場所』のスタッフによる青春冒険ドラマ。2022年2月18日日本公開。
(2022/02/28)
マークスマン(2021) https://marksman-movie.jp/
麻薬組織に狙われる少年を親類のもとへ連れて行くため、牧場主は1400マイルの長旅に出る――クリント・イーストウッド監督と仕事を共にしたロバート・ロレンツがリーアム・ニーソンを主演に招いて描く、西部劇的なエッセンスをちりばめたロードムービー。2022年01月07日日本公開。
(2022/02/23)
ウエスト・サイド・ストーリー(2021) https://www.20thcenturystudios.jp/movies/westsidestory
対立するグループに属する男女の恋は、思わぬ波乱を呼び起こす――1961年に映画化された伝説のミュージカルを、スティーブン・スピルバーグ監督が華やかに色鮮やかに蘇らせる。2022年02月11日日本公開。
(2022/02/20)
99.9 −刑事専門弁護士− the movie https://movies.shochiku.co.jp/999movie/
有罪率99.9の刑事事件を担当し、残り0.1%の“真実”で依頼人を救う弁護士・深山大翔が挑むのは、15年前の冤罪――松本潤、香川照之らが『TRICK』のスタッフと共に、コミカルにハイテンションに魅せるリーガル・ミステリ、初の劇場版。2021年12月30日日本公開。
(2022/02/09)
キングスマン:ファースト・エージェント https://www.20thcenturystudios.jp/movie/kingsman_fa.html
国家に属さない諜報組織《キングスマン》は如何にして誕生したか? 第一次世界大戦前後の世界を舞台に暗躍した最初のエージェントたちの活躍を描く、シリーズ前日譚。2021年12月24日日本公開。
(2022/02/02)

ページの頭に戻る

ボス・ベイビー http://bossbaby.jp/
ティムの家にやって来たのは、見た目は赤ちゃんで中身はおっさん。その正体は、特命を帯びてこの世界に降り立った《ボス・ベイビー》だった――児童文学をベースに、子供も大人も楽しめる遊び心満載で描く冒険ファンタジー。2018年07月20日に第1作が、2021年12月17日に続篇『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』が日本公開。
(2022/01/22)
マトリックス レザレクションズ http://matrix-movie.jp/
不可解な幻覚に悩まされるゲーム・クリエイターの前に、秘められた《真実》が蘇る――アクション映画に革新をもたらしたシリーズ、オリジナルを手懸けたラナ・ウォシャウスキー監督による18年振りの最新作。2021年12月17日日本公開。
(2022/01/09)
ラストナイト・イン・ソーホー https://lnis.jp/
夢を抱いて都会へと赴いた少女を迎えたのは、1960年代の“亡霊”だった――『ベイビー・ドライバー』のエドガー・ライト監督が放つ、サイコホラー・テイストの新感覚スリラー。2021年12月10日日本公開。
(2021/12/30)
フラ・フラダンス http://hula-fulladance.com/
スパリゾートハワイアンズのフラガールに就職した夏凪日羽。“今まででいちばん残念な新人たち”のレッテルを貼られた仲間たちと共に、それでも一歩一歩、着実に成長していく――東日本大震災から10年を経た福島の記憶をも織り込んだ、青春群像。2021年12月03日公開。
(2021/12/25)
ダ・ヴィンチは誰に微笑む https://gaga.ne.jp/last-davinci/
1175ドルで取引された絵画は、如何にして2億ドルを超える額で取引されるようになったのか――? 美術業界に蠢く魑魅魍魎をあぶり出す、狂騒のドキュメンタリー。2021年11月26日日本公開。
(2021/12/13)
ディア・エヴァン・ハンセン http://deh-movie.jp/
成り行きでついた、自殺した同級生の親友だった、という嘘が、思わぬ事態を引き起こしていく――グラミー賞を獲得した傑作ミュージカルを『ワンダー 君は太陽』のスティーブン・チョボスキー監督が実写映画化。2021年11月26日日本公開。
(2021/12/12)
マリグナント 狂暴な悪夢 https://wwws.warnerbros.co.jp/malignant/
一夜にして夫とお腹の子を失った女性が繰り返し見る悪夢。そこで目撃したのは、現実に起きている殺人の光景であった――『SAW』『死霊館』シリーズのジェームズ・ワン監督が《ジャッロ》に敬意を捧げて描く、衝撃と興奮のホラー。2021年11月12日日本公開。
(2021/11/29)
アイス・ロード https://gaga.ne.jp/iceroad/
極寒の鉱山で発生した崩落事故。救助のために必要な資材を運べる経路は氷の道――陰謀まで絡むこの危険なミッションに、リーアム・ニーソンが挑む。『アルマゲドン』の脚本家が描く、サスペンス・アクション。2021年11月12日日本公開。
(2021/11/23)
エターナルズ(2021) http://marvel-japan.jp/Eternals
有史以前から人類に影から寄り添い、最強の捕食者と戦い続けてきた《エターナルズ》。サノスの脅威が去ったあとで、彼らは新たな地球滅亡の危機と対峙する――オスカー監督クロエ・ジャオが描く、新たなマーヴェル・ヒーローの伝説。2021年11月05日日本公開。
(2021/11/17)
ほんとうのピノッキオ https://happinet-phantom.com/pinocchio/
動く木製人形のピノッキオは、生みの親の元からはぐれ、あちらこちらで災難に遭遇する。果たして彼はどこへ辿り着くのか――? 『ゴモラ』のマッテオ・ガローネ監督が、原作により近いイメージで蘇らせたダーク・ファンタジー。2021年11月05日日本公開。
(2021/11/16)

ページの頭に戻る