聖徳太子と厩戸皇子の謎 紙幣と教科書

一万円札の聖徳太子 聖徳太子の肖像画は紙幣から消え、聖徳太子の名前は教科書から消えつつある。

紙幣の聖徳太子の肖像画

一万円札、五千円札、千円札には聖徳太子の肖像画が使われていた。

教科書の聖徳太子と厩戸皇子

日本史の教科書の記述は聖徳太子から、厩戸皇子に変わりつつある。手元にある日本史の教科書を調べてみた。

  • 30年前の私の記憶では厩戸皇子という記述はなかったと思う。
  • 山川出版 詳説日本史(平成14年)
    p34、聖徳太子(厩戸皇子)。巻末の索引には、聖徳太子も厩戸皇子も載っている。
  • 清水書院 高等学校日本史B(平成19年)
    p32、厩戸皇子(聖徳太子)。巻末の索引には、厩戸皇子は載っているが、聖徳太子は載っていない。

聖徳太子の正式名、厩戸皇子

聖徳太子は後世につけられた尊称であり、
(厩の前で生まれたと『日本書紀』に書かれているので)
本来は「厩戸皇子」と言います。
厩はうまやと読みます。馬屋。
聖徳太子は高貴な生まれですから、ふさわしくない名前です。

聖徳太子とキリストの関係

TVのドラマで見たんですが。
聖徳太子かそのお母様が
景教(キリスト教ネストリウス派)の影響を受けていた。
そうです。
うまやと言えば、
世界の常識では厩うまやで、生まれた
キリストを連想しますね。

聖徳太子の母の穴穂部間人皇女は救世観音が胎内に入り、皇子を身籠もった」という伝説があります。
キリストの場合は、天使ガブリエルがマリアの前に現れ、受胎を告げます。
映画ダビンチコード、キリストの末裔と皇室典範も見てください。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑聖徳太子と厩戸皇子 紙幣と教科書 の一番上へ↑