失われた支族 ガド族

鞍馬不動堂の六芒星の写真 灯篭の六芒星の写真 伊勢神宮の灯篭の写真 失われた10支族は日本に来た?
そのうちのガド族がミカドに?
伊勢と鞍馬寺にユダヤの紋章が。

  1. 失われた10支族の名前
  2. 帝ミカドはガド族から
  3. 失われたミカドの秘紋 加治 将一著

失われた10支族の名前

  1. ルベン
  2. シメオン
  3. レビ
  4. イサカル
  5. ゼブルン
  6. ガド・・・ミカド「帝」につながる、と言う人もいます。
  7. アシェル
  8. ヨセフ (エフライム、マナセ)
  9. ダン・・・「団 しん也」「団 時朗」「團 伊玖磨」など「団」が姓の人がいます。
  10. ナフタリ

ミカドはガド族から

ミカドの語源はガド族。(失われたミカドの秘紋P471)
「『創世記』の46章−16に、ガドの息子にエッポンが登場します。」(失われたミカドの秘紋P470) 外部リンク創世記 第46章を参照。

ガド族

ガド属は北イスラエル王国の10支族の一つである。北イスラエル王国はアッシリアに滅ぼされ、この十支族は、失われた10支族とも呼ばれ、行方は分からない。その1支族のガド族が東へ東へと移動し、日本にたどりついた可能性があり、ガド属の血が天皇家(ミカド)に混じった可能性がある。

失われたミカドの秘紋

失われたミカドの秘紋(祥伝社 加治 将一)を読む事を強く、お薦めします。

外部リンク失われたミカドの秘紋 エルサレムからヤマトへ 「漢字」がすべてを語りだす

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑失われた支族 ガド族の一番上へ↑