coexistは古代ユダヤ教とキリスト教とイスラム教の共存

coexistは共存という意味ですが、イスラム教とユダヤ教とキリスト教が共存すると解釈すれば世界平和が訪れます。 Cイスラム教とXユダヤ教とTキリスト教の共存CoeXisTを助けるのは日本です。

coexistの意味

coexist coの意味は共に。existの意味は存在する。
coexistの意味は共存する。
CアラブもXアジアもT西洋も共存する世界を作ろう。

coexistのC三日月の意味

トルコの国旗 アルジェリアの国旗Cは三日月を意味します。
トルコとアルジェリアの国旗
三日月はイスラム(アラブ)の象徴です。

coexistのT十字架の意味

t は十字を意味します。十字はもちろんキリスト教の象徴で、西洋の象徴でもあります。

coexistの中央Xの意味

「coexist」を画像検索すると、英語のサイトがたくさんHITします。 それらのサイトでは「coexist」の真ん中の「x」は六芒星を意味しているようです。
日本では籠目紋を意味します。

日本の籠目紋

籠目紋 日本に普通にある籠(かご)です。
良く見ると、▲と▼を重ねた六芒星(ダビデの星)があるのが、わかると思います。
これを日本では籠目紋と言います。

六芒星(古代ユダヤ教の紋章)

イスラエル国旗の六芒星 イスラエルの国旗の中央にある図形を六芒星(ダビデの星)と言います。
ダビデは古代ユダヤ(Judah)の王様です。
ソロモンも古代ユダヤの王様です。

coexistのXは隠されていた

かごめ紋 「coexist」=C+ユダヤ+Tと、世界の人は思っているのかも知れませんが、
「coexist」=C+日本+Tを世界へ発信するために、
「Star of David」という英文のHPを作りました。
ダビデの星Star of David六芒星

C三日月とT西洋をつなぐものは、J日本とJ古代ユダヤ教。
サイト内リンク coexistのXは古代ユダヤへ。重複する部分もありますが。

coexistに現れる古代ユダヤ教キリスト教イスラム教

ユダヤ教 キリスト教 イスラム教の共通点は旧約聖書とエルサレムを聖地とする事です。
ユダヤ教 キリスト教 イスラム教の違いは、イエスをユダヤ教が敵、キリスト教は救世主、イスラム教が二番目の預言者とみなす事です。

  1. イスラム教=旧約聖書+新約聖書+コーラン。Cは三日月、アラブの象徴。
  2. ユダヤ教=旧約聖書+タルムード。Xは六芒星古代ユダヤ教日本の象徴。
  3. キリスト教=旧約聖書+新約聖書。Tは十字、西洋の象徴。
  4. coexist。イスラム教 ユダヤ教 キリスト教の共存を助けるのは日本。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑coexistは古代ユダヤ教キリスト教イスラム教の共存 の一番上へ↑