元伊勢 籠神社と真名井神社の六芒星

元伊勢 籠神社にも伊勢神宮にも、六芒星(ダビデの星)がある。籠神社の絵馬、お守りには六芒星がある。籠神社から500mぐらいの所に真名井神社がある。 真名井神社の神紋は六芒星?真名井神社へのアクセスは
頁内リンク真名井神社と籠神社の地図
サイト内リンク伊勢神宮参道の六芒星 サイト内リンク伊勢神宮の六芒星 日ユ同祖論
リンク天橋立籠神社のパワースポット

元伊勢 籠神社

伊勢神宮は三重県伊勢市にあるが、最初か二番目に伊勢神宮が建設されたのは、京都府宮津市の籠神社である。よって籠神社は元伊勢と呼ばれる。その後、20以上の地を転々とし、現在の伊勢市に伊勢神宮が存在する。籠神社は籠目と関係があるか。籠目紋とは六芒星の事である。籠の中には龍がいる。

籠神社の絵馬とお守り

籠神社の絵馬の六芒星 籠神社のお守り 六芒星の中に三日月と日がある。月は月読、月讀の事で、日は天照大神を意味すると、思われる。
左の絵馬をクリックすると拡大した画像を見る事ができる。左下に真名井原と書かれている。2008/11/4撮影。三日月はイスラムの象徴でもある。

籠神社の海部氏系図

海部氏は籠神社の神官を務めている。その海部氏の系図は、日本最古の系図として国宝に指定されている。神代の彦火明命からの系図が描かれている。
外部リンク 籠神社 海部氏系図(籠神社 公式サイト)

真名井神社

籠神社から500mぐらいの所に真名井神社がある。真名井神社の入り口には右のような碑がある。
三つ巴紋の所には、昔、六芒星があったという話がある。三つ巴紋は少し浮き上がっていて、その下に六芒星が隠されているような感じがした。
真名井神社の神紋は六芒星であると書いてあるページは、
外部リンク 籠神社 真名井神社(別ウィンドウ)
Web上の情報は正しいとは限らないが、
籠神社の絵馬に六芒星が、現在もあるのだから正しいのだろう。

真名井神社と籠神社の地図

市販の地図で真名井神社にたどりつくのは、難しい。
籠神社の最初の鳥居をくぐったら、右の方の駐車場へ行く。坂を登ってT字路に出たら右へ行く。数百mで鳥居がある。そこの看板に従って坂を登る。 真名井神社と籠神社の地図

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑元伊勢 籠神社と真名井神社の六芒星の一番上へ↑