エリア51の地上絵 謎の大三角形と六芒星

  1. エリア51の六芒星は、Googleマップで、
    エリア51付近の座標(緯度経度)n37 24 01.87w116 51 59.51を検索。
    航空写真に切替えれば見る事ができます。
  2. エリア51の謎の三角形は、Googleマップで、
    エリア51付近の座標(緯度経度)n37 37 45.52w116 50 55.31を検索。
    航空写真に切替えれば見る事ができます。あるいは、
    外部リンク エリア51の三角形の地上絵Googleマップ(別ウィンドウ)

エリア51とは

外部リンクエリア51Wikipediaより(別ウィンドウ)
エリア51(グレーム・レイク空軍基地)はネバダ州の南部にある、アメリカ軍の管理する地区である。軍機密の航空機の試験飛行を行っていると考えられている。 また「墜落したUFOが運び込まれているのではないか」とか「グレイと呼ばれる宇宙人が居るのではないか?」と、その種のマニア達から疑われている。

エリア51に隠されてる宇宙人(ロズウェル事件)の水晶の頭蓋骨が
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国の中心的な話題である。

エリア51の謎の三角形の地上絵

エリア51謎の三角形

エリア51には右のような地上絵があります。三角形の1辺は1000mです。 この地上絵は、同心円と三角形を描いていますが、見方によっては、三角形がピラミッド、同心円が目を表しているとも言えます。 サイト内リンク1ドル札のピラミッドの目

1ドル札のピラミッドの目 アメリカの1ドル札のピラミッドの由来は、アメリカ合衆国の国璽(国章)です。
1ドル札のピラミッドの絵は、1935年からですが、 アメリカ合衆国の国璽(国章)は建国(1776年)直後から使われています。 アメリカの国璽とエリア51の三角形の関係は謎です。

地上絵

地上絵と言えば、ナスカの地上絵が有名ですが、エリア51には上記以外にも、不思議な地上絵があります。エリア51の場合、ナスカの地上絵と違って、図形を描いているのは、道路や建物や滑走路だったりします。

ナスカの地上絵コンドル・ピラミッド

ナスカの地上絵で有名なのは、コンドル・ハチドリ・オウム等ですが、グーグルマップで見る事ができます。
ナスカにはピラミッドの目の地上絵もあります。この4つの地上絵は
サイト内リンクナスカの地上絵の場所・位置・緯度経度情報。グーグルマップで見る事ができます。
サイト内リンクナスカの地上絵とエリア51の地上絵の場所・位置・緯度経度情報

エリア51の六芒星の地上絵

エリア51の六芒星は直径200mです。下のGoogleマップで「-」を2回クリックすると、「Nellis Bombing Range(ネリス射撃場)」という言葉を見る事ができます。
最近、グーグルマップのロードに時間がかかります。
外部リンクグーグルマップを大きな地図で見る エリア51の六芒星
Googleマップで、エリア51付近の座標n37 24 01.87w116 51 59.51を検索。航空写真に切替えれば見る事ができます。

エリア51の六芒星の地上絵と鞍馬寺・鞍馬山不動堂の六芒星

鞍馬山不動堂の六芒星の写真 鞍馬寺の正殿から奥の院(魔王殿)に行く途中に、僧正ガ谷 不動堂という所があります。 不動堂の前に、写真のような六芒星があります。
エリア51の六芒星は直径200mですが、鞍馬山不動堂の六芒星は直径50cmです。エリア51と鞍馬山の六芒星が良く似ているのがわかると思います。
サイト内リンクエリア51六芒星/鞍馬寺不動堂の六芒星/1ドル札の六芒星とフリーメイソン

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑エリア51の地上絵 六芒星と謎の三角形の一番上へ↑