伊勢神宮と籠神社の六芒星

  1. 伊勢神宮の六芒星があった場所はストリートビューで確認。
  2. 元伊勢 籠神社の絵馬とお守りにも、昔、六芒星がありました。
  3. 鞍馬寺の本堂と不動堂の六芒星

上記の3つは、ほぼ一直線上に配置されています。
伊勢神宮と籠神社の六芒星のGoogleマイマップ(別ウィンドウ)

伊勢神宮の六芒星

伊勢神宮石灯籠の拡大写真 伊勢神宮の石灯籠の写真
伊勢神宮の参道には、六芒星が刻まれた石灯籠がありましたが、老朽化の為、2018年に全て撤去されました。その結果、伊勢神宮の六芒星がどこにあったかが、分からなくなってしまいました。写真は2006年12月撮影。下は2012年12月に記録された伊勢神宮参道のストリートビュー。タイムマシン機能で、昔の参道を見る事ができます。 伊雑宮の六芒星(伊勢神宮から南西に12km)もストリートビューで見る事ができます。

元伊勢 籠神社の六芒星

天橋立の近くにある籠神社は元伊勢と呼ばれています。現在の伊勢神宮は、ここから移されたからです。2008年、籠神社には六芒星が描かれた絵馬がありましたが、今は絵馬もお守りもデザインが代わっています。

元伊勢とは伊勢市に鎮座する伊勢神宮内外両宮が、現在地へ遷る以前に一時的にせよ祀られたという伝承を持つ神社をいう。wikipediaより

籠神社の絵馬とお守り

籠神社の絵馬 籠神社のお守り 六芒星の中に三日月と日があります。月は月読、月讀の事で、日は天照大神を意味すると、思われます。左の絵馬をクリックすると拡大した画像を見る事ができます。左下に真名井原 吉佐宮と書かれています。

真名井神社の六芒星

眞名井神社の石碑鞍馬寺の不動堂前の左三つ巴紋籠神社から北東500mぐらいの所に真名井神社があります。真名井神社には、六芒星の石碑がありました。今は、左三つ巴紋に変わっています。眞名井神社の石碑のGoogleマップ

左三つ巴紋は鞍馬寺の不動堂前の石板にもあります。右上の写真。右下の写真を撮った後、土や汚れを取り除いて水で洗ったら現れました。この左三つ巴紋は、籠神社の神紋や神奈川県厚木市温水191の浅間山興教寺の瓦にも使われています。

鞍馬寺の六芒星

鞍馬寺本堂前 鞍馬寺不動堂前
鞍馬寺の本堂と不動堂の前には六芒星があります。左の画像が本堂前のもの、右が僧正谷不動堂のもの。
鞍馬寺のパワースポット 本堂前と不動堂の六芒星

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。