茹で方の話

自宅で美味しく茹でるには

うどんを美味しく茹でるのは意外に難しい。
簡単じゃないか。と思っている方もぜひこのページをお読み下さい。
当店のお土産や通信販売でお求めいただけるうどんは、2種類ございます。
生うどん「打ちたて」と半生うどん「一番干し」いずれも茹で方は同じ。茹でる時間が違うだけです。
三つ要点があります。これさえ守っていただければ、どなたにも美味しく召し上がっていただける自信があります。

① 二人前(1パック)あたり2〜3リットル以上のお湯で茹でる。多いほど良い。

② 芯が残らないように、しっかり茹でる。目安は、生うどん10分〜12分。半生うどん15〜18分。

③ 完全に茹で上がったら、素早く冷水で洗いながら冷やす。

お湯も、水もたっぷり使う事が必要です。細かい解説は写真と一緒にご覧ください。

* 写真をクリックすると拡大します。


_MG_0111.JPGパッケージの裏のQRコードからこのページに移動できます_V1Z0002.jpg右が生うどん、左が半生うどん_V1Z0080.jpgとにかく、お湯はたっぷりと_V1Z0081.jpg半生うどんはパラパラ投入。生うどんは一気にドボンと_V1Z0085.jpg再沸騰するまで絶対に箸でまぜないで下さい

_V1Z0088.jpg再沸騰したら、吹きこぼれないように火を弱め軽くまぜる_V1Z0100.jpg半生うどんは15分程度が目安。状況次第で2分程度の誤差があります _V1Z0109.jpg半分に切って白い芯があったらまだ早い。食べて確認が分かりやすい_V1Z0110.jpg完全に芯が無くなったら終了_V1Z0125.jpg急いで湯を切ります。火傷しないように注意しましょう


_V1Z0133.jpg何度も水を換え、洗いながら充分に冷やします_V1Z0106.jpgふっくらしてきたら、水を入れたボ−ルに一本取ってみましょう_V1Z0142.jpg完成しました。まずは何も付けずに食べて下さい_V1Z0097.jpg一袋が一人前。倍に薄めてご利用下さい_V1Z0138.jpg夏場は氷水を使っても良いでしょう。水を良く切って盛りつけを


_V1Z0020.jpg釜あげで食べる場合は茹で時間が短くなります。ちょっと芯があるくらいで器にゆで汁と一緒に盛りつけて下さい_V1Z0004.jpg生うどんは切れやすいので、一気に鍋に入れて下さい