小企業向きアクセス解析

無料のアクセス解析に限ると

忍者アクセス解析

最初、忍者アクセス解析を使っていましたが、今は使っていません。
企業用としては不適です。

  • 無料のものとしては、日本で一番使われているらしい。
  • しかし、管理できるのは100ページ以内。
    100ページを超えるサイトでないと、検索での上位表示も、アクセス数アップも、なかなか、うまくいきません。
  • 専用のHTMLタグの埋め込みが面倒。
    忍者アクセス解析の場合は、管理メニューに行って、ページの定義をして、専用のHTMLタグをもらって、それを、自分のHPに埋め込まないといけないので、ページ数が多いと面倒。 よって、今は使っていない。

アクセスアナライザー

アクセスアナライザーは現在メインに使っているアクセス解析ソフトです。
ホームページの管理が専門の社員がいない企業でも適します。
外部リンクアクセスアナライザー(別ウィンドウ)

  • 専用のHTMLタグの埋め込めが簡単。
    アクセスアナライザーの場合は、一度、専用のHTMLタグをもらえば、それをコピペして、ページ毎に「ID」をちょっと、変更すれば良い。ページ数が多くても、わりと簡単。
  • ページ数の制限がない。
  • アクセスログがダウンロードできる。
  • 複数のサイトを一括管理できる。
  • 多少、機能が劣る。サーバーの混雑が原因なのか、たまにバグる。

グーグル アナリティクス(グーグル アナライザー)

グーグル アナリティクスは、企業用。私は、これを補助的に使っています。
ホームページの管理が専門の社員がいる企業に最適です。

  • 高機能。年間10万円、払っても、いいぐらいだが、使いこなすまでに時間がかかる。
  • グラフィックを多用しているので重い。個人で使うのには適さない。 社員の人数が10人ぐらいの企業にも適さない。 HPの管理だけが仕事の人がいないと、グーグル アナリティクスの良さを引き出す事は難しいと思う。
  • 専用のHTMLタグの埋め込めが簡単。
    グーグル アナリティクスの場合は、どのページにも、全く同じ専用のHTMLタグを貼り付ければ良い。ページ数が多くても、とても簡単。
  • 生ログそのものはダウンロードできない。

外部リンク 中小規模の会社におすすめのアクセス解析ソフト・サービスを教えて下さい人力検索はてな(別ウィンドウ)

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑小企業向きアクセス解析の一番上へ↑