サンカと三つ穴灯篭

サンカ・山窩・山家とは、定住をせず、山深い所で生活をしていた人達と言われてます。外部リンクサンカwiki別ウィンドウ。しかし、現代の秘密結社・財閥につながるという説もあります。

  1. サンカの語源
  2. サンカと三つ穴灯篭の関係は
  3. 三つ穴灯篭のある三囲神社は三井家の守護神
  4. 三囲神社の三柱鳥居とサンカの関係は
  5. サンカと秘密結社
  6. 三つ穴灯篭・三柱鳥居との因縁

サンカの語源

サンカを片仮名で書くのは語源が、不明だからです。サンカを三窩と書くと、三つの穴という意味になります。窩は穴とか窪みという意味で、眼窩は頭蓋骨の眼球を収める窪みです。そこで想像されるのは、三つ目族、第三の目、チャクラなどですが、三つの穴が開いた灯篭=三つ穴灯篭というのもあります。

三つ穴灯篭

サンカを三窩と書く事もできる訳です。三つ穴灯篭は関東を中心に分布し、東国三社の鹿島神宮・香取神宮・息栖神社にも三つ穴灯篭があります。三つ穴灯篭の南限は浅草の三囲神社で、三囲神社は三井財閥の守護神です。

三囲神社は三井家の守護神

三井グループの社名が書かれた石碑 これは、三囲神社の境内に立っていた碑です。
三井グーループの中核会社の名前が書かれています。
画像をクリックすると、拡大します。

三井財閥の基礎は三越

三越は三井財閥の礎を築いた企業です。三井家の名前と京都の越後屋を合わせて三越の名前ができました。日本橋の三越デパート屋上には、三囲神社の分霊が祭祀されています。三囲神社には三柱鳥居というのがあります。 三柱鳥居というのは三本の柱があって、三つの鳥居を組み合わせたものです。この三柱鳥居は三井家の屋敷から移築したものです。

サンカと三柱鳥居

サンカは三架ともかけます。架は十字架の架ですが、三柱鳥居は、三位一体を表すという説もあります。こじつけ。また、三つの鳥居を架け渡したと解釈するのは、どうでしょう。

失われたミカドの秘紋と三囲神社

加治 将一の失われたミカドの秘紋は三囲神社で始まり三囲神社で終わる。東日本中心の三つ穴灯篭と西日本中心の三柱鳥居の両方があるのが、三囲神社である。この物語は古代ユダヤと天皇家のつながりについて書かれている。しかし、単なる日ユ同祖論ではない。

サンカと秘密結社

金融ワンワールド(成甲書房)P123 サンカの名称は古代イスラエル人の出自隠しから引用
「サンカ」とは、列島先住民がアマベ&倭人以降の渡来人をまとめて呼んだ他称、しかもやや蔑称と考えられます。
山窩と呼ばれる集団に二種類あることです。一つはよく知られた非定住漂白の箕作(ショケンシ)衆で、もう一つは無国籍・非定住の種族から出て、近代以降の日本社会を陰で操作してきたパワー・エリートの集団です。これを秘密結社といってもよいでしょう。
渡来族の他称だった「サンクァ」を、アヤタチの属するパワー・エリート衆が、ある意図のもとに箕造りになすりつけ、それを三角寛の作為的論考が追い打ちしたのが功を奏して、今では一般世間も「サンクァ」を「箕造り」のことと考えるようになったものと考えます。
箕造りたちにサンクァという自らの呼称を冠せたパワー・エリート衆の目的は何であったか。それは、政治家・銀行家・高級官僚・実業家・学者として日本社会の表層に顕れ始めた自分たちの出自を隠すためではないか、と思われます。詰まるところ、古代イスラエル族の出自隠しです。

三つ穴灯篭・三柱鳥居との因縁

父方の祖父の姓と同名の神社に三つ穴灯篭がありました。
母方の祖母の姓は三輪ですが、奈良の三輪山の麓には、三柱鳥居があります。そんな因縁から三つ穴灯篭・三柱鳥居を追いかけています。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑サンカと三つ穴灯篭の一番上へ↑