ヒラリー氏とオバマ氏の獲得代議員数

米大統領選の獲得代議員数で、オバマ氏とヒラリー氏が接戦を演じているが、今までのヒラリー氏とオバマ氏の獲得代議員数を調べて見ると、オバマ氏が失敗しない限り、ヒラリー氏の逆転、大統領指名はないだろう。

オバマ氏とヒラリー氏の予備選挙における獲得代議員数

  • 一般代議員の獲得数はオバマ氏1594:ヒラリー氏1423である。(5月7日)
  • 一般代議員の総数3253人の過半数は1627人で、
  • 5月20日までに行われる予備選挙の代議員数131人のうち、たった33人をオバマ氏が獲得すれば過半数を超える。
  • オレゴン州とケンタッキー州の予備選挙で、オバマ氏の獲得代議員数は3253の過半数を確実に超える。
  • 特別代議員は雪崩を打って、オバマ候補支持に回る。 小泉首相誕生の時と同じパターンになるかも。

オバマ候補とヒラリー候補の獲得代議員数

インディアナ州の予備選挙前の獲得代議員数

オバマ候補とヒラリー候補の獲得代議員数(5月5日現在)

オバマ獲得代議員数 ヒラリー獲得代議員数 未定 横計
一般代議員 1494 1336 423 3253
特別代議員 258 275 263 796
合計 1752 1611 686 4049
過半数2025人まで、あと 273 414

予備選挙での獲得代議員数はオバマ氏の公式HPより
(最新の集計では特別代議員Super Delegatesでも、306対280でオバマ氏がリードしている)
ヒラリー候補が過半数の2025人を獲得するには、残り686人のうち414人が必要だ。残りの予備選挙で半分の211人の一般代議員を獲得すれば、態度未定の特別代議員263人のうち203人を取らなければならない。まず不可能だ。

インディアナ州・ノースカロライナ州予備選挙後の獲得代議員数

オバマ候補とヒラリー候補の獲得代議員数(5月7日現在)

オバマ獲得代議員数 ヒラリー獲得代議員数 未定 横計
一般代議員 1594 1423 236 3253
特別代議員 258 275 263 796
合計 1852 1698 499 4049
過半数2025人まで、あと 173 327

インディアナ州では34対38でヒラリー候補が辛勝したが、インディアナ州とノースカロライナ州の合計の獲得代議員数ではオバマ氏:ヒラリー氏=100:87で、オバマ氏が13人、差を拡大した。
残りの予備選挙で半分の118人を獲得したとして、ヒラリー候補が過半数の2025人を獲得するには、態度未定の特別代議員263人のうち209人を取らなければならない。
インディアナ州の予備選挙前の状況より、オバマ候補有利の大勢は進んだと言える。

オバマ候補とヒラリー候補の獲得代議員数(州・自治領別 内訳)

オバマ候補とヒラリー候補の獲得代議員数 内訳(5月7日現在)
一般代議員 内訳 オバマ獲得代議員数 ヒラリー獲得代議員数 未定 横計
アイオワ 25 14
45
ニューハンプシャー 9 9
22
ミシガン 0 0
0
ネバダ 13 12
25
サウスカロライナ 25 12
45
フロリダ 0 0
0
アラバマ 27 25
52
アラスカ 9 4
13
サモア 1 2
3
アリゾナ 25 31
56
アーカンソー 8 27
35
カリフォルニア 166 204
370
コロラド 36 19
55
コネチカット 26 22
48
デラウェア 9 6
15
海外在住者 5 2
7
ジョージア 60 27
87
アイダホ 15 3
18
イリノイ 104 49
153
カンザス 23 9
32
マサチューセッツ 38 55
93
ミネソタ 48 24
72
ミズーリ 36 36
72
ニュージャージー 48 59
107
ニューメキシコ 12 14
26
ニューヨーク 93 139
232
ノースダコタ 8 5
13
オクラホマ 14 24
38
テネシー 28 40
68
ユタ 14 9
23
ルイジアナ 34 22
56
ネブラスカ 16 8
24
ワシントン 53 25
78
アメリカ領ヴァージン諸島 3 0
3
メイン 15 9
24
首都ワシントンD.C 12 3
15
メリーランド 42 28
70
バージニア 54 29
83
ハワイ 14 6
20
ウィスコンシン 42 32
74
オハイオ 67 74
141
ロードアイランド 8 13
21
テキサス 99 94
193
バーモント 9 6
15
ワイオミング 7 5
12
ミシシッピ 20 13
33
ペンシルバニア 73 85
158
グアム 2 2
4
インディアナ 34 38
72
ノースカロライナ 66 49
115
ウェストバージニア 8 20
28
ケンタッキー 14 37
51
オレゴン 31 21
52
プエルトリコ 17 38
55
モンタナ 9 7
16
サウスダコタ 6 9
15

アメリカ大統領選挙に関連するリンク

  • フロリダ州、ミシガン州は民主党中央の意向に反して、予備選挙の日程を前倒しした為、特別代議員枠も一般代議員枠も剥奪されていた。
    サイト内リンクフロリダ州予備選挙 再投票
  • 5月20日までに行われる予備選挙の代議員数131人のうち、たった33人をオバマ氏が獲得すれば、オバマ氏は一般代議員の過半数を獲得する。5月20日のオレゴン州とケンタッキー州の予備選挙で、オバマ氏の獲得代議員数は3253の過半数を確実に超える。オバマ氏が何らかの勝利宣言をする。特別代議員は雪崩を打って、オバマ候補支持に回る。オバマ大統領候補が、ヒラリー副大統領の可能性をほのめかし、ヒラリー氏が撤退宣言をする。 サイト内リンクアメリカ大統領選挙 勝手な予想
  • 2008年2月10日現在、唯一のアフリカ系アメリカ人の上院議員であり、選挙により選ばれたアメリカ史上3人目のアフリカ系上院議員である。
    サイト内リンク大統領選挙 バラク・オバマ候補とヒラリー候補

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑米大統領選 ヒラリー氏とオバマ氏の獲得代議員数の一番上へ↑