オバマ氏の演説

  1. オバマ候補の勝利演説2008年6月3日
    オバマ候補が民主党の大統領候補指名に必要な代議員数を獲得し、指名獲得を確実にした後の勝利宣言。
  2. バラク・オバマ氏の全国大会の演説2004年
    1. オバマ氏のスピーチ全文訳2004年7月
    2. オバマ氏のスピーチ原文2004年7月
  3. 頁内リンクオバマ候補の勝利演説YouTube訳と原文と全文2008年アイオワ
    1. YouTubeのオバマ候補の演説の動画
    2. オバマ候補の勝利演説 訳
    3. オバマ候補の勝利演説 原文

オバマ候補の勝利演説2008年6月3日

オバマ候補が民主党の大統領候補指名に必要な代議員数を獲得し、指名獲得を確実にした後の勝利宣言。

勝利演説2008年6月3日全文訳

外部リンクオバマ氏、民主党候補に 勝利演説の全文
gooニュース2008年6月4日より(別ウィンドウ)
米民主党のバラク・オバマ上院議員は3日夜(日本時間4日午前)、民主党の大統領候補指名に必要な代議員数2118人以上を獲得し、指名獲得を確実にし た。支援者を前にオバマ氏はミネソタ州セントポールで支援者を前に、「今こそ変化の時だ。今こそアメリカを再び偉大な国に再生させる時だ」と力強く訴えた。今夜、54回もの激戦を経て、予備選期間はついに終わった。

ヒラリー・クリントン上院議員はこの選挙戦で歴史に足跡を記してきた。ただ単に、ほかの女性が今までできなかったことを達成してきたというだけでない。私たちが今夜ここに集う理由となった様々な大義のために、彼女は身を捧げてきた。彼女は、その力強さと勇気をを通じて何百万ものアメリカ人を奮い立たせてきたリーダーだ。だからこそ、クリントン議員は歴史にその名を残すのだ。

勝利演説2008年6月3日オバマ氏の公式HP原文

バラク オバマ:Change We Can Believe In
Tonight, after fifty-four(54) hard-fought contests(激戦),
our primary season(予備選挙期間) has finally come to an end.

サイト内リンクアメリカ大統領選挙に関係する英単語primary election は予備選挙

バラク・オバマ氏の演説 2004年民主党全国大会

「リベラルのアメリカも保守のアメリカもない。あるのはアメリカ合衆国だ。
黒人のアメリカも白人のアメリカもない。あるのはアメリカ合衆国だ。
イラク戦争に反対した愛国者も、支持した愛国者も、みな同じアメリカに忠誠を誓うアメリカ人だ。」サイト内リンク オバマ候補の政策 イラク戦争を終わらせる為に
(ジョン・ケリー上院議員を大統領候補として選出した2004年7月の民主党大会での演説)
このオバマ氏の演説が高い評価を受け、オバマ氏は、4ヵ月後の11月にイリノイ州の上院議員に当選した。

バラク・オバマ氏の2004年7月スピーチ全文訳

バラク・オバマの2004年7月スピーチ全訳には
バラク・オバマ氏のスピーチの動画(YouTube)へのリンクが2つあります。
全文訳ものっていて、訳がYouTubeの[何分後]に出てくるか、まで書いてあります。

[3:40] 彼らに言いたい。「リベラルなアメリカ」や「保守的なアメリカ」など存在しない。あるのはアメリカ合衆国、それだけだ。「黒人のアメリカ」や「白人のアメリカ」「ラテン系のアメリカ」「アジア系のアメリカ」も存在しない。あるのはアメリカ合衆国、それだけだ。

バラク・オバマ氏の2004年7月スピーチ原文

2004年民主党全国大会。2004 Democratic National Conventionの演説の原文の全文。
「There's not a black America and white America and Latino America and Asian America; there's the United States of America. 」
オバマ氏の公式ホームページ。http://www.barackobama.com/
Barack Obama | Change We Can Believe In | 2004 Democratic National Convention

オバマ候補の勝利演説 2008年アイオワ

YouTubeのオバマ候補の演説の動画

アイオワ州予備選挙後のオバマ候補の勝利演説の動画。(14分)
Thank you, Iowa.You know, they said this day would never come.で始まる。
外部リンクオバマ候補の演説youtube(別ウィンドウ)

オバマ候補の勝利演説 訳

大統領選挙の為の党員集会がアイオワ州で1月3日行われた。
その夜のオバマ候補の勝利演説

ありがとう、アイオワ。
皆さんも知ってのとおり、この日は決して来ないと言われていた。
我々の照準は高すぎると言われていた。
アメリカはあまりにも分裂している、共通の目的に団結する事に幻滅していると言われていた。

しかし、この1月の夜(2008年1月3日)-歴史における決定的な瞬間に-皮肉屋が我々はできないと言った事を、あなた方は成し遂げた。ニューハンプシャー州の5日間でできる事をあなた方は成し遂げた。(5日後、ニューハンプシャー州の予備選挙がある)アメリカがこの新しい年2008年にできる事をあなた方は成し遂げた。学校や教会に伸びる行列に、(アイオワ州は党員集会なので、民主党支持者は学校や教会に集まった)小さな町、大きな都市で、あなた方は民主党員として共和党員として無党派として集まって、立ち上がり我々は一つの国民であり、一つの人民であり、変化の為の我々の時が来たと言った。(民主党の予備選挙の有権者は選挙人登録をすれば、党籍がなくても可能。)

あなた方は言った。アメリカ政府を消耗させている、苦しい事、ささいな事、怒りを乗り越える時が来た。分裂に関する政治的な戦略を終わらせる、代わりに付加しよう。赤い州と青い州に伸びる変化の為の連合を打ち建てよう。(赤は共和党のシンボルカラー、保守的。青は民主党のシンボルカラー、リベラルを意味する。アメリカ国旗は赤と青でできている。)なぜなら、それが我々が11月に勝つ方法であり、(大統領選挙の本選は2008年11月4日)国民として我々が直面する課題に最終的に出会う方法だからだ。

我々は恐怖を乗り越えて希望を選んでいる。分裂を乗り越えて統一を選んでいる。そして、変化がアメリカに来るという力強いメッセージを送っている。

あなた方は言った。金と影響力だけを考えるロビイスト、我々の声より大きな声のロビイストに言うべき時が来た。彼らが政府を所有しているのではない。我々が政府を所有している。政府を取り戻す為に我々はここにいる。と言うべき時が来た。

我々が直面している選択と挑戦に正直な大統領の為の時が来た。あなたの言う事に耳を貸し、意見が合わない時でさえ、あなたから学ぼうとし、あなたが聞きたい事を言うのではなく、知る必要がある事を言ってくれる大統領。今夜アイオワが与えてくれたのと同じようなチャンスを、ニューハンプシャーで与えてもらえれば、私はそのような大統領になるだろう。ありがとう。

私は、全ての独身者に医療保険を手ごろな価格で役に立つものにする大統領になるだろう。イリノイで医療保険を拡充したのと同じ方法で。(オバマ候補はイリノイ州選出のアメリカ合衆国上院議員)民主党員も共和党員も仕事が得られるようにする事で。
我々の仕事を海外へ運ぶ企業(国外生産して輸入する企業)への税制優遇措置をやめ、中産階級の減税分をもらうに値する労働者のポケットに入れるだろう。農家と科学者と企業家の才能を利用し、きっぱりと、石油の専制からこの国を自由にするだろう。

イラク戦争を終わらせ、最終的に軍隊を引き上げ、モラルの信用を取り戻すだろう。911は票を取り込む為のものではなく、21世紀の共通の脅威に対してアメリカと世界を結びつけるようにする挑戦であると、理解している。テロリズムと核兵器の共通の脅威、気候変動、貧困、大量虐殺、病気。
今夜、我々はそのアメリカの理想に一歩近づく、あなた方が、アイオワのここで、成し遂げた事によって。後略。私は情報と生物の教師です。

オバマ候補の勝利演説 原文

Thank you, Iowa.
You know, they said this day would never come.
They said our sights照準 were set too high.
They said this country was too divided分裂; too disillusioned幻滅 to ever come together around a common共通 purpose目的.

But on this January night - at this defining moment in history - you have done what the cynics said we couldn't do. You have done what the state of New Hampshire can do in five days. You have done what America can do in this New Year, 2008. In lines that stretched around schools and churches; in small towns and big cities; you came together as Democrats民主党員, Republicans共和党員 and Independents無党派 to stand up and say that we are one nation国民; we are one people; and our time for change has come.

You said the time has come to move beyond the bitterness苦しい事 and pettinessささいな事 and anger怒り that's consumed消耗 Washington; to end the political政治的 strategy戦略 that's been all about division分裂 and instead代わりに make it about addition付加 - to build a coalition for change that stretches through Red States and Blue States. Because that's how we'll win in November, and that's how we'll finally最終的に meet the challenges that we face as a nation.

We are choosing hope over fear恐怖. We're choosing unity統一 over division, and sending a powerful message that change is coming to America.

You said the time has come to tell the lobbyists who think their money and their influence影響力 speak louder than our voices that they don't own所有する(オーナー) this government政府, we do; and we are here to take it back.

The time has come for a President who will be honest正直 about the choices and the challenges we face; who will listen to you and learn from you even when we disagree意見が合わない; who won't just tell you what you want to hear, but what you need to know. And in New Hampshire, if you give me the same chance that Iowa did tonight, I will be that president大統領 for America.
Thank you.

I'll be a President who finally makes health care affordable and available役に立つ to every single American the same way I expanded拡充 health care in Illinois - by--by bringing Democrats and Republicans together to get the job仕事 done.
I'll be a President who ends the tax税金 breaks for companies that ship our jobs overseas and put a middle-class tax cut into the pockets of the working Americans who deserve it.
I'll be a President who harnesses the ingenuity才能 of farmers and scientists and entrepreneurs to free this nation from the tyranny of oil once and for all.
And I'll be a President who ends this war in Iraq and finally brings our troops軍隊 home; who restores取り戻す our moral standing信用、地位; who understands that 9/11 is not a way to scare up votes投票, but a challenge that should unite結びつける America and the world against the common threats脅威 of the twenty-first century; common threats of terrorism and nuclear weapons兵器; climate気候 change and poverty貧困; genocide and disease.
Tonight, we are one step closer近づく to that vision of America because of what you did here in Iowa.後略

オバマ大統領候補に関連するリンク

  • サイト内リンクアメリカ大統領選挙 勝手な予想
    ヒラリー敗北宣言か、ヒラリー降ろしか、8月の党大会で決着か。
  • サイト内リンクフロリダ州予備選挙 再投票
    フロリダ州、ミシガン州は民主党中央の意向に反して、予備選挙の日程を前倒しした為、党中央から代議員枠をはく奪されていた。
  • サイト内リンク大統領選挙 バラク・オバマ候補とヒラリー候補
    2004年7月の民主党全国大会でのバラク・オバマ氏の演説。
  • YouTubeのオバマ候補を応援する歌。(4分30秒)
    前半は、オバマ候補のキャッチフレーズ「イエス・ウィ・キャン」が30回以上繰り返され、後半は、ChangeとHopeに変わり、最後はまた、Yes We Canに戻る。
    2008年のアメリカ大統領選挙は「Bush and war vs. no bush and no war」であると、この動画についてに書いてある。
    外部リンクYouTube-Yes We Can Obama Song by will.i.am(別ウィンドウ)

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑オバマ候補の勝利演説 YouTube訳と原文の一番上へ↑