アメリカの人種比率とアメリカ大統領予備選挙

アメリカ全体でのアフリカ系の人種構成比率は12%ぐらいです。

  1. 人種構成比率は民主党の大統領予備選挙に影響するか
  2. アフリカ系の人種構成比率が高い州での予備選挙の結果
  3. 白人の人種構成比率が高い州での予備選挙の結果
  4. ヒスパニック系の人種構成比率が高い州での予備選挙の結果
  5. アメリカの人種構成比率(州別)
  6. アメリカ大統領予備選挙速報

オバマ氏の母親は白人

オバマ氏はハワイ・ホノルル生まれ。父親はケニア生まれのイスラム教徒であり、母親はアメリカ出身の白人一家の生まれである。したがって、「奴隷の子孫」としてのアフリカ系アメリカ人の血は引いていない。
オバマ氏は現在、唯一の黒人の上院議員であり、選挙により選ばれたアメリカ史上3人目の黒人上院議員である。アメリカの黒人比率を考えると、アメリカの人種差別の問題は解決していない事がわかる。

人種構成比率は民主党の大統領予備選挙に影響するか。

予備選挙の結果が出ている中で、各人口比率の上位8州の勝敗(2月24日)

アフリカ系の比率が高い州での予備選挙の結果

No オバマ支持率 ヒラリー支持率 黒人人口比率 白人人口比率 ヒスパニック比率
1 ミシシッピ州 ○60 ×38 36 61 1
2 ルイジアナ州 ○57 ×36 33 63 2
3 サウスカロライナ州 ○55 ×27 30 66 2
4 ジョージア州 ○67 ×31 29 63 5
5 メリーランド州 ○60 ×37 28 62 4
6 アラバマ州 ○56 ×42 26 70 2
7 ノースカロライナ州 ○66 ×49 22 70 5
8 バージニア州 ○64 ×35 20 70 5
9 デラウェア州 ○53 ×42 19 73 5
10 テネシー州 ×41 ○54 16 79 2
11 ニューヨーク州 ×40 ○57 16 62 15
12 アーカンソー州 ×27 ○69 16 79 3
13 イリノイ州 ○65 ×33 15 68 12
14 フロリダ州 0 0 15 65 17

頁内リンク人種構成比率は民主党の大統領予備選挙に影響するかへ

白人の比率が高い州での予備選挙の結果

No オバマ支持率 ヒラリー支持率 白人人口比率 黒人人口比率 ヒスパニック比率
1 メイン州 ○58 ×41 97 1 1
2 バーモント州 ○60 ×38 96 1 1
3 ニューハンプシャー州 ×37 ○39 95 1 2
4 ウェストバージニア州 ×26 ○67 95 3 1
5 アイオワ州 ○38 ×29 93 2 3
6 ノースダコタ州 ○61 ×37 92 1 1
7 ケンタッキー州 ×30 ○65 89 7 2
8 ワイオミング州 ○61 ×38 89 1 6
9 ミネソタ州 ○67 ×32 88 4 3
11 アイダホ州 ○79 ×17 88 8 0
10 サウスダコタ州 ×45 ○55 88 1 1
12 ネブラスカ州 ○68 ×32 87 4 6
13 ウィスコンシン州 ○58 ×41 87 6 4
14 インディアナ州 ×34 ○38 86 8 4

頁内リンク人種構成比率は民主党の大統領予備選挙に影響するかへ

ヒスパニック系の比率が高い州での予備選挙の結果

No オバマ支持率 ヒラリー支持率 ヒスパニック比率 黒人人口比率 白人人口比率
1 ニューメキシコ州 ×48 ○49 42 2 45
2 テキサス州 ×48 ○51 35 11 50
3 カリフォルニア州 ×42 ○52 32 11 47
4 アリゾナ州 ×42 ○51 25 3 64
5 ネバダ州 ×45 ○50 20 7 65
6 コロラド州 ○67 ×32 17 4 75
7 フロリダ州 0 0 17 15 65
8 ニューヨーク州 ×40 ○57 15 16 62
9 ニュージャージー州 ×44 ○54 13 14 66
10 イリノイ州 ○65 ×33 12 15 68

頁内リンク人種構成比率は民主党の大統領予備選挙に影響するかへ

アメリカ大統領予備選挙速報

スーパーチューズデー前の予備選挙の結果と人種比率

オバマ支持率 ヒラリー支持率 白人人口比率 黒人人口比率 ヒスパニック比率
アイオワ州 ○38 ×29 93 2 3
ニューハンプシャー州 ×37 ○39 95 1 2
ネバダ州 ×45 ○50 65 7 20
サウスカロライナ州 ○55 ×27 66 30 2

スーパーチューズデーの結果と人種比率

スーパーチューズデーで民主党の予備選が行われた22州の内、オバマ氏が13州で勝利、ヒラリー氏は8州。ニューメキシコ州では接戦となっている。
州ごとに割り振られた代議員の人数が違うので、獲得代議員数ではヒラリー氏が上回っている。
(日本時間2月6日17時までに判明したオバマ氏、ヒラリー氏の支持率)
ニューメキシコ州は、ヒラリー・クリントン上院議員の勝利が確定した。(2月14日)

オバマ支持率 ヒラリー支持率 白人人口比率 黒人人口比率 ヒスパニック比率
ジョージア州 ○67 ×31 63 29 5
アラバマ州 ○56 ×42 70 26 2
デラウェア州 ○53 ×42 73 19 5
テネシー州 ×41 ○54 79 16 2
アーカンソー州 ×27 ○69 79 16 3
ニューヨーク州 ×40 ○57 62 16 15
イリノイ州 ○65 ×33 68 15 12
ニュージャージー州 ×44 ○54 66 14 13
ミズーリ州 ○49 ×48 84 11 2
カリフォルニア州 ×42 ○52 47 11 32
コネチカット州 ○51 ×47 78 9 9
アイダホ州 ○79 ×17 88 8 0
オクラホマ州 ×31 ○55 74 8 5
カンザス州 ○74 ×26 83 6 7
マサチューセッツ州 ×41 ○56 82 5 7
ミネソタ州 ○67 ×32 88 4 3
コロラド州 ○67 ×32 75 4 17
アリゾナ州 ×42 ○51 64 3 25
ニューメキシコ州 ×48 ○49 45 2 42
ノースダコタ州 ○61 ×37 92 1 1
ユタ州 ○57 ×39 85 1 9
アラスカ州 ○75 ×25 ? ? ?

スーパーチューズデー後の予備選挙の結果。9連勝

オバマ氏、ヒラリー氏の支持率(ワシントン州、ネブラスカ州、ルイジアナ州)は、CNNニュースによるアメリカ大統領予備選挙速報。日本時間2月10日13時。この敗北を受けヒラリー陣営の選対主任が辞任した。
外部リンク米大統領選挙ヒラリー陣営の選対主任が辞任。:AFPBB News(別ウィンドウ)

メイン州でのオバマ氏、ヒラリー氏の支持率はAFPによる速報。ワシントン時間2008年02月11日15時。

オバマ支持率 ヒラリー支持率 白人人口比率 黒人人口比率 ヒスパニック比率
ワシントン州 ○68 ×31 79 3 8
ネブラスカ州 ○68 ×32 87 4 6
ルイジアナ州 ○57 ×36 63 33 2
メイン州 ○58 ×41 97 1 1
バージニア州 ○64 ×35 70 20 5
メリーランド州 ○60 ×37 62 28 4
首都ワシントンD.C ○75 ×24 - - -
ハワイ州 ○76 ×24 24 2 -0
ウィスコンシン州 ○58 ×41 87 6 4

ミニ・チューズデーの結果

オバマ支持率 ヒラリー支持率 白人人口比率 黒人人口比率 ヒスパニック比率
オハイオ州 ×44 ○54 85 12 2
ロードアイランド州 ×40 ○58 82 5 9
テキサス州 ×48 ○51 50 11 35
バーモント州 ○60 ×38 96 1 1

アメリカの人種構成比率(州別)

No オバマ支持率 ヒラリー支持率 白人人口比率 黒人人口比率 ヒスパニック比率 合衆国加入年
1 アイオワ州 ○38 ×29 93 2 3 1846
2 アーカンソー州 ×27 ○69 79 16 3 1836
3 アイダホ州 ○79 ×17 88 8 0 1890
4 アラスカ州 ○75 ×25 ? ? ? 1959
5 アラバマ州 ○56 ×42 70 26 2 1819
6 アリゾナ州 ×42 ○51 64 3 25 1912
7 イリノイ州 ○65 ×33 68 15 12 1818
8 インディアナ州 ×34 ○38 86 8 4 1816
9 ウィスコンシン州 ○58 ×41 87 6 4 1848
10 ウェストバージニア州 ×26 ○67 95 3 1 1863
11 オクラホマ州 ×31 ○55 74 8 5 1907
12 オハイオ ×44 ○54 85 12 2 1803
13 オレゴン州 ○58 ×42 84 2 8 1859
14 カリフォルニア州 ×42 ○52 47 11 32 1850
15 カンザス州 ○74 ×26 83 6 7 1861
16 ケンタッキー州 ×30 ○65 89 7 2 1792
17 コネチカット州 ○51 ×47 78 9 9 1788
18 コロラド州 ○67 ×32 75 4 17 1876
19 サウスカロライナ州 ○55 ×27 66 30 2 1788
20 サウスダコタ州 ×45 ○55 88 1 1 1889
21 ジョージア州 ○67 ×31 63 29 5 1788
22 テキサス ×48 ○51 50 11 35 1845
23 テネシー州 ×41 ○54 79 16 2 1796
24 デラウェア州 ○53 ×42 73 19 5 1787
25 ニュージャージー州 ×44 ○54 66 14 13 1787
26 ニューハンプシャー州 ×37 ○39 95 1 2 1788
27 ニューメキシコ州 ×48 ○49 45 2 42 1912
28 ニューヨーク州 ×40 ○57 62 16 15 1788
29 ネバダ州 ×45 ○50 65 7 20 1864
30 ネブラスカ州 ○68 ×32 87 4 6 1867
31 ノースカロライナ州 ○66 ×49 70 22 5 1789
32 ノースダコタ州 ○61 ×37 92 1 1 1889
33 バージニア州 ○64 ×35 70 20 5 1788
34 バーモント ○60 ×38 96 1 1 1791
35 ハワイ州 ○76 ×24 24 2 0 1959
36 フロリダ州 0 0 65 15 17 1845
37 ペンシルバニア州 ×45 ○55 84 10 3 1787
38 マサチューセッツ州 ×41 ○56 82 5 7 1788
39 ミシガン州 0 0 80 14 0 1837
40 ミシシッピ州 ○60 ×38 61 36 1 1817
41 ミズーリ州 ○49 ×48 84 11 2 1821
42 ミネソタ州 ○67 ×32 88 4 3 1858
43 メイン州 ○58 ×41 97 1 1 1820
44 メリーランド州 ○60 ×37 62 28 4 1788
45 モンタナ州 ○57 ×41 ? ? ? 1889
46 ユタ州 ○57 ×39 85 1 9 1896
47 ルイジアナ州 ○57 ×36 63 33 2 1812
48 ロードアイランド ×40 ○58 82 5 9 1790
49 ワイオミング州 ○61 ×38 89 1 6 1890
50 ワシントン州 ○68 ×31 79 3 8 1889
51 首都ワシントンD.C ○75 ×24 ? ? ? -
51 アメリカ全体

66 12 15 -

アメリカ大統領選挙の予備選挙

アメリカ大統領選挙は、まだ予備選挙の段階であるが、民主党の大統領候補はバラク オバマ氏とヒラリー クリントン氏が接戦を演じている。バラク オバマ氏が大統領になれば、初のアフリカ系大統領である。

民主党の大統領選挙の予備選挙には、州別の人種比率が影響するであろう。バラク オバマ氏が黒人の支持を獲得すると、ヒスパニック系の反発を招くという結果も考えられる。アメリカの低所得者層のアフリカ系 黒人とヒスパニック系には対立の構図があるらしい。黒人と白人の対立もなかなか、なくならない。サイト内リンクアメリカ大統領の演説 キング牧師と公民権運動

アメリカ大統領選挙に関連するリンク

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑アメリカの人種構成比率と大統領予備選挙の結果の一番上へ↑