テルーの唄 ゲド戦記

テルーの唄を聴いて、涙を流すのではなく、泣きじゃくりました。
いろいろな人の事を思い浮かべて。

テルーの唄 歌詞

テルーの唄は日本的な音楽、歌です。
「一羽」以外は大和言葉。5音と7音の構成です。
小学校の音楽の教科書に取り入れて欲しいです。

  1. テルーの唄 歌詞 1番 鷹

    ♪夕闇(やみ)迫る 雲の上
    いつも一羽で 飛んでいる
    鷹(たか)は きっと 悲しかろ♪

    テルーの唄の鷹

    鷹は地上に降りて、翼を休められないんです。
    鷹の心を悩ます音を、風が消してくれる、高い高い、雲の上にしか、居場所がないんです。
    一人ぼっちでしか生きれない鷹。
    そういう、あなたを一人にはしないよ。

  2. テルーの唄 歌詞 2番 薄桃色

    ♪色も霞(かす)んだ 雨の中
    薄桃色の 花びらを
    愛(め)でてくれる 手もなくて♪

    テルーの唄 薄桃色の花びら

    桃色って美しい。
    でも、雨の中では、その色もかすんでしまうのでしょう。
    雨の中では誰も気がついてくれないですか?
    私は気がついていますよ。あなたの美しさに。

  3. テルーの唄 歌詞 3番 一人 道行く

    ♪一人 道行く この心
    心を何に たとえよう
    一人ぼっちの さみしさを♪

    テルーの唄 一人ぼっち

    そういう、あなたと、ともに歩んでいる人は見えないかもしれません。
    誰もあなたに話しかけてくれないですか?
    一人ぼっちですか?
    そうでは、ないって事に あなたも気がついてください。

    ともに歩む私に気がついてください。

テルーの唄の歌詞の全文は

「歌詞:テルーの唄/手嶌葵(うたまっぷ歌詞検索)」
ここは歌詞をコピペできません。(別ウィンドウ)

「電気ウサギ:ゲド戦記『テルーの唄』予告歌詞」http://denkiusagi.sakura.ne.jp/mt/archives/2006/04/post_188.html

あるいは「テルーの唄 歌詞」でグーグル検索してください。

映画 ゲド戦記とテルーの唄

車の中は「テルーの唄」が流れています。
4日間の林間学校から帰ってきた奥さんを迎えに行きました。

「テルーの唄のCD、買ったの?」奥さんが言いました。
一方、奥さんは「ゲド戦記」の原作を買っていて、
1巻目を林間学校に持っていった事を、この時、初めて知りました。
で、今度、二人で、ゲド戦記の映画を見る事になりました。(MOVIX 三郷)
好みが、合っているんですかね。
結婚したから、合ってきたんですよ。

テルー。テルーの唄

ゲド戦記のアニメは少年アレンと小女テルーが中心人物。だと思います。
原作ではアレンとテルーは親子ほどの歳の差があるそうです。

テルーはやっぱり、私の理想の女の子でした。
ちょっと寂しげで、でも、たくましく生きている。
アレンとテルーが抱き合った時が一番涙が出ました。

この続きはサイト内リンク 「ゲド戦記」テルーとアレン

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑テルーの唄 ゲド戦記の一番上へ↑