ジョンレノンのイマジンとハッピークリスマスを視聴

ジョンレノンのイマジン

イマジンの歌詞は
『You may say I'm a dreamer But I'm not the only one』
「僕のことを夢見る人だと思うかもしれない。でも僕は、一人だけじゃないんだ」
『I hope someday you'll join us And the world will live as one』で終わります。
「いつの日にか君も我々に加わってくれ。世界はひとつになって動くだろう」

映像はジョンレノンとヨーコさんが並んで歩くシーンで始まり、イマジンの曲が50秒後から流れ、ジョンレノンとヨーコさんのキスシーンで終わります。
イマジンは1971年の作品。

ジョンレノンのハッピークリスマス

ハッピークリスマスの歌詞は、
『So this is Xmas. And what have you done.』で始り、
「今日はクリスマス。今年、君は何をした?」
『War is over, if you want it. War is over now』で終わります。
「戦争は終わる。もしも、あなたが、それを望めば。」
あなたは平和の為に何をしましたか。

映像は"War Is Over"で始まり、
不安そうな子供達の表情、子供の亡き骸、傷ついた子供、親たちの涙と続き、
An eye for an eye will make us all blind.マハトマ ガンジーの言葉で終わります。
ジョンレノンの平和に対する願い、子供に対する想いがこめられています。
ハッピークリスマスは1971年の作品。

ジョンレノンの平和を我等に

平和を我等にの歌詞は
All We are saying is Give peace a chanceの繰り返しです。
我々が言っている事は、平和にチャンスを与えてくださいだ。

前半の映像は1960年代後半のベトナム戦争に対する反戦運動とそれを弾圧する警察。 平和を我等には1969年の作品。

20世紀まで、戦争は終わらなかった。だから、
21世紀も、戦争は終わらない。
と思うのは、間違いですよ。

ジョンレノン関連のページ

ジョンレノンは1980年12月8日に亡くなったが、その魂は今も多くの人に受け継がれている。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑ジョンレノンのイマジンとハッピークリスマスを視聴の一番上へ↑