甲斐清子      
ドローイングの世界 プロフィール ギャラリー イベント 絵画教室 コラム リンク ホーム
 
 
イベント
 
 
 
バックナンバーを読む

 
  甲斐清子デッサン教室展 第30回
 
2016年10月24日 〜 10月29日   於: 神田神保町 文房堂ギャラリー
 
1986年9月、新宿5丁目でスタートした「甲斐清子デッサン教室」は、今年で30周年を迎え、これを記念した第30回教室展は、神田神保町「文房堂ギャラリー」に於いて開催されました。
創立1年目から毎年恒例となった教室展を軸にして、私たちは小さな歩みをただ粛粛と進めてきたのでした。
今日に至るまでの経緯をたどると、教室は新宿5丁目から始まり、1999年12月には新宿神楽坂に移転し、古いながらも楽しい甲斐デッサンスタジオとして今日を迎えました。そして毎年の教室展も、新宿3丁目の「ギャラリー絵夢」を皮切りに、銀座昭和通りに面した「東和ギャラリー」を経て、現在の神田神保町 「文房堂ギャラリー」へと場を移し、30回を迎えたのです。
教室展展示作業の10月23日は、作業終了後ささやかな前夜祭で30回記念に乾杯しその歴史を祝いました。
展覧会本番も、多くの観覧者が訪れ、盛会の内に6日間を終えることが出来ました。写真はその会場風景と、力強い作品群です。
主宰 甲斐清子    
 
画像をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます。
甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回
甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回
甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回
甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回
甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回
甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回 甲斐清子デッサン教室展 第30回
 
作品画像部分をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます。
 
甲斐清子デッサン教室展 第30回 ご案内状宛名面
甲斐清子デッサン教室展 第30回 ご案内状表
 
 

 
  第7回 新芽会デッサン展の報告
 
2016年10月6日 〜 10月10日   於: 町田市立国際版画美術館(市民展示室)
 
町田市で月に1度開かれるデッサン講習会の「第7回 新芽会デッサン展」は、2016年10月6日〜10月10日の5日間、町田市立国際版画美術館・市民ギャラリーに於いて開催されました。この展覧会は、2年間で描きためた、人物デッサンの中から1人あたり4〜6点を展示するものです。月に1度のこのデッサン会も、振りかえれば20数年もの月日を重ねて今日に至っています。
市民ギャラリーは、ご覧の通り広々としていて、各人のデッサンを展示するにも、のびのびとならべられ、会場の真中に立つと、ぐるりと全員の作品を見わたすことができ、大迫力の会場となりました。
「見ることの追求」をテーマに掲げたこの展覧会は、訪れる人々を深いモノクロの世界へ誘い、見る者をとらえてはなしません。木炭の持つ独特の世界を展開した充実の5日間でした。
 
画像をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます。
 
第7回新芽会デッサン展 第7回新芽会デッサン展 第7回新芽会デッサン展
第7回新芽会デッサン展 第7回新芽会デッサン展 第7回新芽会デッサン展
第7回新芽会デッサン展 第7回新芽会デッサン展 第7回新芽会デッサン展
第7回新芽会デッサン展 第7回新芽会デッサン展 第7回新芽会デッサン展
第7回新芽会デッサン展 第7回新芽会デッサン展 第7回新芽会デッサン展
 
地図をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます。
 
第7回新芽会デッサン展 ご案内状
第7回新芽会デッサン展 ご案内状・地図
 
 

 
  第5回 龍居 道子 個展
 
2016年3月21日 (月) 〜 3月27日(日)   於: ギャラリー向日葵
 
第5回「龍居道子個展」は、3月21日−3月27日の7日間、「銀座ギャラリー向日葵」に於て開催されました。
前回の2012年以来、4年間で描きためた大判の人物デッサンと静物油彩の33点は、会場の空気をきりりと引き締め、約300名の鑑賞者の眼をとらえました。この7日間連日好天にも恵まれ、龍居道子のモノクロと色彩の魅力を余すところなく展開し、盛況好評のうちに無事終了しました。
 
画像をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます。
 
第5回 龍居道子個展 会場風景 第5回 龍居道子個展 会場風景 第5回 龍居道子個展 会場風景
第5回 龍居道子個展 会場風景 第5回 龍居道子個展 会場風景 第5回 龍居道子個展 会場風景
第5回 龍居道子個展 会場風景 第5回 龍居道子個展 会場風景 第5回 龍居道子個展 会場風景
第5回 龍居道子個展 会場風景 第5回 龍居道子個展 会場風景 第5回 龍居道子個展 会場風景
第5回 龍居道子個展 会場風景 第5回 龍居道子個展 会場風景 第5回 龍居道子個展 会場風景
 
床に座り込んだ女性は、脚を投げ出すようなかっこうで、背面で支えた両腕に上半身の重力をあずけている。みじろぎもままならないモデルは、このポーズを20分で5回くり返さなければならない。モデルが真剣勝負であれば、この100分間で、110×75cmの大判をにする描く方の集中と精神の力は想像を超えるものがある。しかも斜め後方からの俯瞰(ふかん)という難儀なアングルを狙いに行く龍居道子という人の洞察力は深い。彼女の歩みは、このデッサン教室が産声を上げて今年で30周年をむかえるという長い歴史と共にある。一見すれば何の変哲もない実践のくり返しのようだが、その裏に飽くことのない継続のドラマの結実をみる思いがする。
2012年以来、4年ぶりの本展では、龍居道子の魅力を余すところなく発揮したデッサン、油彩約40点を展示いたします。
甲斐教室主宰・画家  甲斐 清子
 
画像をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます。
 
第5回 龍居道子個展のご案内はがき1   第5回 龍居道子個展のご案内はがき2
 
 

 
  2016年の主な展覧会予告
 
甲斐清子の監修による今年の主な展覧会は下記の通りです。
そのほかの個展、グループ展に関しては随時お知らせ掲載いたします。
 
龍居道子個展 第5回
監修:甲斐清子
  3月21日(月) − 3月27日(日)
  ギャラリー向日葵(銀座)
 
新芽会デッサン展 第7回
監修:甲斐清子
  10月6日(木) − 10月10日(月)
  町田市立国際版画美術館(市民展示室)
 
甲斐清子デッサン教室展 第30回
監修:甲斐清子
  10月24日(月) − 10月29日(土)
  文房堂ギャラリー(神保町)
 
 
 

 
  甲斐清子デッサン教室展 第29回
 
2015年10月26日 〜 10月31日   於: 神田神保町 文房堂ギャラリー
 
2015年9月、「甲斐清子デッサン教室」は創立30周年目に突入しました。
今年の教室展はその30回目の1年前を飾るイベントでした。
2年前から圧迫骨折というアクシデントに見舞われた私にとって、それ以来の長い治療生活は想定外の試練の日々でしたが、教室の皆さんのデッサンや油彩に寄せる真摯な熱い想いと、私への無償の激励により、無事にこの日を迎えることができました。
皆さんの作品の質の高さは年々確かな歩みを進めてきましたが、今回は特に会場全体に力強さがみなぎり、来場者の目をとどめるものがありました。おそらくこの1年余、指導者である私の弱った体調を励ますかのような全員のパワーが、それぞれの作品1点1点に顕現したのではないかとさえ思いました。
開催初日、恒例のオープニングパーティではメンバーの唄や日本舞踊、ゲストの演奏などでにぎやかにスタートを切り、連日多くの観覧者を迎え、充実の六日間を終えることができました。
主宰 甲斐清子    
 
画像をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます。
甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回
甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回
甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回
甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回
甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回
甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回 甲斐清子デッサン教室展 第29回
 
作品画像部分をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます。
 
甲斐清子デッサン教室展 第29回 ご案内状宛名面
甲斐清子デッサン教室展 第29回 ご案内状表
 
 

 
  「グループ71デッサン教室展」の報告
 
2015年11月3日 〜 11月8日   於: 宮崎市 ひまわり画廊
 
宮崎市の美術集団「グループ71」は、1971年に甲斐清子の主宰で創設され、以来、太佐豊春先生(2005年没)の指導のもと、「見ることの追及」をテーマに、今年で44年目を数えることになりました。
これを記念して「グループ71デッサン教室展」を上記のとおり、宮崎市若草通の「ひまわり画廊」に於いて開催しました。この2年間で描いたメンバーの力強いデッサンや油彩作品に加え、太佐豊春先生と甲斐清子の賛助出品も会場の一角を飾りました。
2年に1度の開催とあって、初日から多くの観覧者を迎え、好評盛会のうちに終了しました。また、メンバーもそれぞれに、「継続することの力」を改めて確信し、今後の制作意欲に拍車をかけられました。
写真は作品と会場風景の一部です。
グループ71 代表  山下裕子
 
画像をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます。
 
グループ71デッサン教室展 グループ71デッサン教室展 グループ71デッサン教室展
グループ71デッサン教室展 グループ71デッサン教室展 グループ71デッサン教室展
グループ71デッサン教室展 グループ71デッサン教室展 グループ71デッサン教室展
グループ71デッサン教室展 グループ71デッサン教室展 グループ71デッサン教室展
 
 

 
  内野沃展 2015 第8回
 
2015年6月22日 (月) 〜 6月28日(日)   於: 銀座煉瓦画廊
 
梅雨の真っただ中にもかかわらず、「内野沃展2015 第8回」はたいした雨にも降られず、滞りなく盛会のうちに終了しました。
2001年を皮切りにスタートした本展は、2年に一度の間隔でコンスタントな歩みを続けて来ました。
一口に8回とは簡単に言えますが、これを継続することは並大抵のことではありません。これも作家本人の飽くことのない制作意欲と継続力のたまものでしょう。
クレヨン、墨汁、油彩、ガラス絵、オブジェ、と、今回はバラエティに富んだ大小の作品が総計76点、所狭しとならび、訪れる人の目を惹きつけてやまない会場となりました。
下記はその作品の一部と会場風景の報告です。
 
画像をクリックしていただくと大きな画像をご覧いただけます。
 
内野沃展 2015 第8回 会場風景 内野沃展 2015 第8回 会場風景 内野沃展 2015 第8回 会場風景
内野沃展 2015 第8回 会場風景 内野沃展 2015 第8回 会場風景 内野沃展 2015 第8回 会場風景
内野沃展 2015 第8回「いにしえぶり」 内野沃展 2015 第8回「ゴッホの部屋」 内野沃展 2015 第8回「黄色いバラ」
内野沃展 2015 第8回「くつろぎの部屋」 内野沃展 2015 第8回「落雷」 内野沃展 2015 第8回「捕縛」
内野沃展 2015 第8回「スペースシップ」 内野沃展 2015 第8回「たたずまい」 内野沃展 2015 第8回「いにしえの女」
内野沃展 2015 第8回「契丹の夢」油彩10F 内野沃展 2015 第8回「中庭の戸」(ガラス絵) 内野沃展 2015 第8回「森の中」(ガラス絵)
内野沃展 2015 第8回「落葉」 内野沃展 2015 第8回「テクノ合祀神社」 内野沃展 2015 第8回「クロッキー」
内野沃展 2015 第8回「シネマの女」 内野沃展 2015 第8回「クローデット・コルベール」 内野沃展 2015 第8回「男の肖像」
内野沃展 2015 第8回「チエの輪」 内野沃展 2015 第8回「ななちゃん」 内野沃展 2015 第8回「ふとしちゃん」
 
内野沃展 2015 第8回のご案内はがき1   内野沃展 2015 第8回のご案内はがき2
 
 

 
  2015年3月 福島美穂歌集発刊
 
宮崎在住の著者がおくる日々をていねいに歌い上げた第一歌集
歌集「青葉木菟鳴く(あをばづく)」朝摘みし茶を炒る窯の仕上げ時 今年初めての青葉木菟鳴く
歌集「青葉木菟鳴く(あをばづく)」表紙   毎年初夏の十日余り続く家族でお茶を摘み仕上げるまでの時間、父や母には大変きつい仕事だったと思います。炒り上る頃に青葉木菟が鳴き始めます。家族皆の大切な思い出となった作業です。(本文「あとがき」より)
著者 福島 美穂
題簽 高妻 登代美
装画・口絵       甲斐 清子
発行所 鉱脈社
Tel. 0985-25-1758
 
 

 
  2015年の主な展覧会予告
 
甲斐清子の監修による今年の主な展覧会は下記の通りです。
そのほかの個展、グループ展に関しては随時お知らせ掲載いたします。
 
内野 沃 第8回展
監修:甲斐清子
  6月22日(月) − 6月28日(日)
  銀座煉瓦画廊(銀座)
 
甲斐清子デッサン教室展 第29回
監修:甲斐清子
  10月26日(月) − 10月31日(土)
  文房堂ギャラリー(神田神保町)
 
 
 
 
(C) Copyright 2004 KIYOKO KAI. All rights reserved.
 
お問い合わせはこちらへ