リナックスとオープンソース

オープンソースと言えば、リナックスが有名である。

リナックス

リナックスの名前の由来はリーナスとユニックスである。 リーナスという人が中心になって作られたユニックスのようなOSである。

リナックスを知ったのは7年ぐらい前だったと思う。
それを知った時は、とても感動した。
コンピュータのOS(リナックス)を世界中の有志が無給で作り、改良を続けている。 なおかつ、その中身(ソースコード)は公開されている。
幾分かの制約があるが、誰でも、無料で使用できる。

OS(ウインドウズ)に対抗する意図はないらしいが。

埼玉県などの自治体ではセキュリティの問題でソースコードが公開されている(リナックス)を標準OSにしようとする動きがある。

TRON

東大の坂村 健を中心に開発された国産OS『TRON』は
1980年代末に教育用パソコンへ導入されようとしたが、
アメリカの圧力により、ウインドウズが導入される事になった。
TRONもリナックスと同様、ソースコードが公開されていた。

ターボリナックス

ターボリナックスはリナックスディストリビューションの一つ。
Linuxディストリビューションとは、
一般のユーザーがリナックスをインストールするのは難しいので
インストールの為のツールや各種ユーティリティ・ツールソフトをセットにしたもの。無料でない事もある。

オープンソース

オープンソースというのは中身を公開するという事だが、
だけではなくて、世界中の皆(お互いに知り合いではない人達)が作る。
というのが、すごい。
みんな、つながり始めている。

こういう動きはリナックス以外にも、たくさんある。
Wikipediaは、世界中の皆(お互いに知り合いではない人達)が作るWEB上の百科事典だ。

OpenOffice.orgオープンオフィスはマイクロソフトのオフィスと互換性のあるフリーソフトを作るプロジェクト。
リナックスとおなじように、無料で、ソースコードは公開されている。
大企業の時代から個人の時代へと世界は変わろうとしている。

『ウエブ進化論』梅田望夫著、ちくま新書。を読んでみると、
今、始まっている変化について詳しく分かると思います。

フリーソフト

フリーの意味

  • フリーは無料という意味
  • フリーは自由という意味

フリーソフト(無料)

フリーソフトは無料である。という使い方が日本では一般的です。

フリーソフト(自由)

フリーソフトは自由料である。というのはオープンソースの事を言うのでしょう。
オープンソースは著作権フリー、改変自由。と言うのが多いです。
ただ、オープンソースの自由度の段階はいろいろあります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑オープンソースとリナックスの一番上へ↑