fogosの解除

埼玉県の教員用PCはfogosを搭載しています。fogosはPC内のハードディスクや外部メモリへの書き込みを禁止します。fogosの導入は、パソコンやUSBメモリの紛失による情報漏えい対策です。重要な情報を校外に持ち出す非常識な教員の為にfogosという不要なサービスが導入されました。常識的な教師はfogosの解除に挑戦してください。fogosの一時的な解除は県も認めている合法的なものです。

fogosの実体

リンク先を探す全てのプログラム→FogosTool→fogos開始停止ツールで右クリック。→プロパティ→リンク先を探すとすると、Fgos関連のプログラムの名前が見れます。この情報を基にすると、ICKernel stopperが怪しいと推測されます。
全てのプログラム→FgosTool→Fogos開始停止ツールを実行します。再起動のメッセージは無視して、以下の
fogosの一時的な解除を行ってください。

fogosの一時的な解除

タスクマネージャーfogosの一時的な解除は電源を切ると無効になるので、安心して実行してください。 Ctrl+Alt+Del→タスクマネージャーの実行→サービスタブ。
ICKernel stopperを選択して右クリック→サービスの終了。これで、 PC内のハードディスクに書き込みができるようになるはずです。WindowsのUpdate、プログラムのインストールで再起動が不要になります。fogosの一時的な解除を何日間か続けて、何の不具合も生じなければ不要なサービスfogosの恒久的な解除に挑戦してください。

fogosの恒久的な解除

fogosの恒久的な解除は、電源を切っても有効なので慎重に行ってください。
全てのプログラム→FogosTool→fogos開始停止ツールを実行します。再起動のメッセージは無視して、以下の操作を行ってください。
コントールパネル→システムとセキュリティ→管理ツールのサービス。ICKernel stopperを選択して右クリック→無効。

fogosの恒久的な解除は合法

fogosの恒久的な解除は、県が「fogosを解除しないように」という通達をするまでは合法的です。ただし、その通達は無効に近い。埼玉県の教員用PCは転勤に伴い新しい人が引き継ぎます。その人が「fogosを解除したのは前任者だ」と言えば検証は難しいでしょう。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑fogosの解除の一番上へ↑