検索エンジンに登録される方法
上位表示される方法

サイトマップ.htmlとsitemap.xmlの違いが、わかりますか?

検索エンジンに登録される方法

サイトマップ.htmlとGoogleサイトマップsitemap.xml

サイトマップ.htmlはありますか

サイトマップ.htmlの書き方と意義については、グーグルの公式HPに書いてあります。 私のサイトは200ページを越えるので、sitemap.html〜sitemap5.htmlに分けてあります。

Googleサイトマップsitemap.xmlをグーグルに登録していますか

googleのsitemap.xmlは、グーグルの検索エンジンに、自分のサイトのURLを登録してもらう為のものです。 googleの検索エンジンは、世界中のWEBページのリンクをたどる事によってWEBページを発見しますが、あるページのリンクを全てたどる事はしません。 よって、sitemap.xmlを作成して、グーグルやヤフーに報告する事は、それなりに意義があります。 『ただし、サイトマップを送信しても、サイトにあるすべてのページがクロールされたり、Googleの検索結果に含まれるかどうかは保証されません。』と、グーグルの公式HP ?http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?answer=34397? に書いてあります。

登録された上で上位表示される方法

良質なサイトからの外部リンクはありますか。
「二語 検索」を意識して、二つのキーワードを近づける努力をしていますか。

内部リンクでグーグルのページランクを上げるには

メインメニューとサブメニューを組み合わせると良い。

CSSファイルを利用して、bodyタグの直後に重要な事を書くようにしてますか

CSSファイルを利用する利点 グーグルなどの検索エンジンが重要視する<body>の直後に、キーワードを埋め込むのが簡単。 上部に表示されるメインメニューなどをHTMLファイル上では最後の部分に書き、 CSSファイルで表示位置を先頭に変更する事ができる。 これにより、検索エンジンが重要視する<body>の直後に、本論に関係ないメインメニューなどを書かないですみます。

h1タグh2タグを利用して、論理的な文章構造になっていますか。

新聞などの構成のように最初に大要を書く。 bodyタグ直後に、大要を書く。 書籍は1章1課、2課のように、階層的な構造をとっている。 h1タグh2タグなどを使って階層的な構造をとる。

「戻る」「こちら」

<a href="index.htm">戻る</a>とか
○○を見たい方は<a href="index.htm">こちら</a>とかやってませんか。
>こちら<の部分をアンカーテキストと言いますが、ここに何を書くかは 検索上位表示にとって、重要です。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑検索エンジンに登録される方法 上位表示される方法の一番上へ↑