グーグルのキーワード

グーグルに登録されると、Googleのコンピュータにインデックス目次が書き込まれます。
それは、あなたのアドレスURLです。
www.○○.××/◎◎のような、
ところが、これだけでは、このサイトが恋愛小説のサイトだとしても、
「恋愛小説」で検索して、このサイトが見つかるわけは、ありません。
グーグルはすでに登録されているが内容が更新されたサイト、
新しく発見されたサイトのどちらについても、
URL「www.○○.××/◎◎」。キーワード「○○」。説明文「・・・・・」を
セットで記録します。この処理は、Googleのコンピュータが自動的に行います。
説明文スニペットについては、そのうち。

Googleのコンピュータはキーワードをどのように、決めるか。

それは、グーグルの企業ヒミツです。
そのヒミツを探ろうとして、多くの人が努力しています。お金になるからです。
高校生でも、新宿で、デートをしようとする時、
「新宿 フランス料理」などのキーワードで検索する事が、最近は多くなっています。
こういうキーワードにヒットするお店は、繁盛するわけです。

META name="Keywords"

head
META name="Keywords" content="Google,検索,キーワード"
/head
この方法はグーグルでは、あまり有効ではない。
ヤフーでは、ちょっとだけ効果があるらしい。

strongタグ

Googleのように"strongタグ"で囲まれた言葉はキーワードになりやすいらしい。

h1タグ

"h1"はもっと重要。

titleタグ

head
"title"高校生の愛>恋>好きの物語(タイトル名)"/title"
/head
これが、一番重要らしい。この「タイトル名」はIEなどのブラウザでは、一番上の青いバーに表示される。
この「タイトル名」の中に入っている言葉は必ず、キーワードになるようです。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑グーグルのキーワードの一番上へ↑