畳語の例 神々 国々 島々 ロミロミ

漢字を重複させる畳語と擬音語のキンキン等があります。

畳語とは

2語が重複する言葉を「畳語」という。
「たたみご」ではなく「じょうご」と読む。
ハワイ式マッサージ「ロミロミ」イースター島の神「マケマケ」
「ラブラブ」も畳語?

  1. 擬態語の畳語

    「ゆらゆら」「さらさら」「ばらばら」
  2. 擬音語の畳語

    「キンキン」「ポリポリ」「ぱらぱら」オノマトペと言う。
  3. 同じ漢字を重複させる畳語

    神々 国々 島々
 

漢字を重複させる畳語の読み方

  1. 黒々 神々 国々 島々 木々 花々 人々 時々 早々(はやばや)
    のように2番目の語の第一音が濁れる時は濁音となる。連濁と言う。
  2. 赤々 青々 皆々 山々 努々(ゆめゆめ)家々 丸々 黙々
    のグループは濁ろうと思っても濁れない。
  3. 多々 少々 遅々 早々(そうそう)は
    1.の例外で濁れるのに濁らない。これは、多分、言葉の由来が中国語だからだ。 早い(はやい)は訓読み(大和言葉)で、早(そう)は音読み(中国語由来の言葉)である。
  4. 窓窓 車車 箱箱 という日本語はない。
    多分、窓、車、箱という言葉は比較的新しい言葉だからだ。新しいというのは明治以後の事ではない。奈良時代に比べて、1.2.の言葉は本来の大和言葉で、古い時代縄文時代の頃にできた。
    サイト内リンク イースター島のモアイ像は縄文人が作った?
    ワープロで「あかあか」と打つと「赤々」と変換され、「まどまど」と打つと「窓窓」と変換される。この事から、その言葉が大和言葉としてあるかどうか、辞書を引かなくても分かる。 ちなみに「くろぐろ」は「黒々」に変換されるが、「くろくろ」は「黒黒」に変換される。
  5. 田田 手手 葉葉 犬犬 川川 はない。
    田手犬は古い縄文時代からある言葉だと思うが、なぜかない。「晴れ晴れ」があって、「雨雨」がない理由も分からない。
  6. 「アメアメ,ふれふれ,かあさんが」は歌の調子を合わせる為のものだろう。
    「ぴちぴち、ちゃぷちゃぷ、ランランラン」は擬音語の畳語。

    サイト内リンク 英語の擬態語 ジグザグ 畳語
    サイト内リンク ムー大陸と畳語?イースター島の神はマケマケに続く。

    畳語と連濁

    「雨だれ」のように、 二語を重ねた時、 二語目の先頭が濁るのを『連濁』と言う。連濁の例。「折り紙」「ちり紙」「晴れ晴れ」
    1のグループ、黒々 神々 国々 島々のように連濁するのは、大和言葉であるが、外来語でも起源が古く、日本語化しているものは連濁する。「いろは がるた」のように。サイト内リンク忠臣蔵47士と,いろは歌47文字の謎

    最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
    ↑畳語とは 神々 国々 ロミロミの一番上へ↑