補足遺伝の問題と解説

有名なスイトピーの補足遺伝の問題です。遺伝の基本は理解しているものとして、説明します。 (高校の理科)

補足遺伝の問題

ある植物には花色を決定する独立な遺伝子AとBがある。
白花AAbbと白花aaBBを交配して生じたF1はすべて紫花だった。
このF1を自家受精すると、F2は紫:白=9:7だった。
F2の白花からそれぞれの抽出液をえて、色素原Yを加えると紫花の色素Zを生成する白花があった。

問題1

色素原Yを加えて紫色素Zを生成することが確認された。
F2の白花の個体と、白花AAbbを交配すると、紫花と白花の両方がえられた。
このときにえられた紫花と白花の比は?
(解答)1:1

問題2

問題1の交配で得られた紫花を自家受精させると、紫花と白花が得られた。
このときの紫花:白花は?
(解答)9:7

補足遺伝の問題の解説

有名なスイトピーの補足遺伝の問題です。
遺伝の基本は理解しているものとして、説明します。
補足遺伝と補足遺伝子に補足遺伝の問題の基本的説明と
F2を自家受精したF3の代の紫と白の比について書いてあります。

遺伝子と化学反応

二酸化炭素など→化学反応A→色素原Y→化学反応B→紫色素Z
遺伝子Aは化学反応Aを起こし、遺伝子aは反応Aを起こさない。
遺伝子Bは化学反応Bを起こし、遺伝子bは反応Bを起こさない。
AとBを両方持つ時、紫で、それ以外は白です。

F2の遺伝子型は

AABB:AABb:AAbb
1:2:1
AaBB:AaBb:Aabb
2:4:2
aaBB:aaBb:aabb
1:2:1

F2の表現型は

AABB、AABb、AaBB、AaBb・・・紫(1+2+2+4=9)
AAbb、Aabb、aaBB、aaBb、aabb・・・白(1+2+1+2+1=7)

色素原Yを加えると紫色素Zを生成する白花の遺伝子型は、
色素原Y→反応B→紫色素Zが行えるので、遺伝子Bを持つ。
白花だから、遺伝子Aを持たない。
よって、ア.aaBB と イ.aaBbのどちらか。

問題1

ア.aaBB×AAbbの子供の遺伝子型は全てAaBbで紫。でダメ。
イ.aaBb×AAbbの子供の遺伝子型はAaBb:Aabb=1:1.
表現型は紫:白=1:1となる。

問題2

問1の交配で得られた紫花の遺伝子型はAaBb。
これを自家受精するのは、
F1を自家受精してF2を作るのと同じパターンだから、
紫:白=9:7となる。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑補足遺伝の問題と解説の一番上へ↑