二酸化炭素が増えると北極の氷が溶ける?食糧難

北極の氷が溶ける→北極海の水温が上がる→北極の氷が溶ける。 という悪循環になる可能性があります。
「南極の氷が溶けて海面が上昇する」よりも深刻なのは、食糧難になる事です。(高校の理科)

北極の氷の最新情報

  • 北極海の氷 観測史上最小を更新(別ウィンドウ)
    北極の氷は、2007年過去に例のない速度で減少を続け、最小面積の記録を更新し続けてきました。北極海をおおう氷の移り変わりをアニメーション画像で見ることができます。
  • 北極の氷モニター(別ウィンドウ)
    北極海の海氷密接度の分布画像および海氷面積情報。毎日更新。

二酸化炭素が増えると北極の氷が溶けて、関東平野は海の底

二酸化炭素が増えると気温が上がる?

この百年間で二酸化炭素濃度は0.029%から0.038%まで増えました。
気温も上昇して、地球温暖化が進行しています。

二酸化炭素と地球温暖化の因果関係

地球は太陽から熱放射を受け、エネルギーをもらっています。
それだけなら、地球の温度は際限なく上昇しますが、
地球から宇宙空間へも熱放射でエネルギーを放出しています。
このエネルギーの出入りのバランスがとれていれば、
地球の温度は変わりません。

放射冷却

「放射冷却」という言葉は、よく天気予報で耳にします。
冬の夜間、晴れていると地表の熱が宇宙に放出され、翌朝の気温が下がる。
というやつです。
一方、曇っていると、地表の熱が雲に反射され、翌朝の気温は、あまり下がりません。
雲の布団でおおわれているようなもんです。
このような熱の放出をさまたげる雲の働きを、一般に温室効果といいます。

二酸化炭素は温室効果ガス

二酸化炭素は、雲のように、地表から宇宙空間へ逃げるエネルギーを吸収します。
それで、二酸化炭素を温室効果ガス(気体)と言います。 二酸化炭素が増えると、太陽からくるエネルギーは変わらないのに、
宇宙へ出ていくエネルギーが減少するので、地球の温度が上昇し、
地球温暖化という事になります。

二酸化炭素が増えると地球の温暖化につながる、という事については、
アメリカ政府を除いて、多くの科学者が正しいと信じています。
信じているだけで、正しいかどうかは未来の事ですから、分からないのですが、それは正しいとしましょう。

気温が上がると北極の氷は溶ける

気温が上昇すれば北極の氷は溶ける。ここまではホント。
実際、溶け始めています。

しかし、北極の氷は海に浮かんでいます。
「水に浮かんだ氷が溶けても、水面は上昇しない」というのは小学校の理科で習うはずです。 アルキメデスの原理から北極の氷が溶けても、海面は上昇しないはずですが、 NHKのアナウンサーは北極の氷が溶けて、海面が上がると言っていました。

北極の氷が溶けても、海面は上昇しない

水に浮かんだ氷が溶けても、水面は上昇しない、という事は小学校の理科で習います。 簡単に言えば、氷が溶けて水になると、体積が減少するからです。
ただ詳しく言うと、海水と北極の氷の塩分の濃度が違うので、多少、海面は上がります。

北極の氷が溶けると

北極の氷が溶ける→北極海の水温が上がる→北極の氷が溶ける。 という悪循環になる可能性があります。

氷は太陽の光を反射します。
北極の氷が溶ければ、北極海での太陽エネルギーの吸収が増える事になります。

北極海の氷 史上最小面積に

2007年秋に、北極海の氷が史上最小面積になる事が予想されています。
これは、「気候変動に関する政府間パネル」が、今春に発表した予測より30年以上も進行が早いのです。悪循環は始まってしまうのでしょうか。

南極の氷が溶けると

北極海、南極大陸と言います。
北極の氷は海に浮かんでいますが、南極の氷は陸の上にあります。
南極の氷が溶けると海面は上昇します。

南極と海の面積

南極の面積は1360万平方キロメートルで、海の面積は3億6千万平方キロメートルです。
海は南極の30倍の面積ですから、南極の氷が30m溶けると、海面が1m上がるという計算になります。
南極の氷の平均の厚さは、2450mです。南極の氷が、全部溶けると、海面は80m上がるという事です。ただし、全部溶ける事はないと思いますが。

海水自体の膨張

気温が上昇すれば海水の温度も上がるでしょう。
水は温度が上がると体積が膨張します。
世界の海の平均の深さは3000mぐらいです。3000mが0.1%ふくらむと3mで、海面が上がる事はホントのようです。
ただ、関東平野が全部海の底という事は無いでしょう。
地震によって関東平野の一部が1m下がるという事はあるかもしれません。

実は、この問題は奥が深いのですが、TVなどの報道は、かなり単純化しています。
「真実は神のみぞ知る」というところでは、ないでしょうか。

気温が上がると二酸化炭素が増えるという悪循環

二酸化炭素が増えると、気温が上がる。とは別に。
気温が上がると、二酸化炭素が増える可能性があるんです。
二酸化炭素ふえる→気温あがる→二酸化炭素ふえる→気温あがる(悪循環)何故?
小学生でも分かる、簡単な事です。

二酸化炭素は温度が高いと、溶けにくい

冷たいコーラは泡(二酸化炭素)が出にくい。冷えてないコーラは泡がたくさん出る。なぜ?
気体は温度が低いほど、水に良く溶けます。
温度が高いと溶けにくいので、泡となって出てきます。
2CO3→CO2+H2Oという化学反応も起こります。

海水の温度が上昇すれば、冷えてないコーラと同じように、
たくさんの二酸化炭素を放出するという事になります。

「二酸化炭素は悪の大魔王」という神話を見てください。(別ウィンドウ)

二酸化炭素が増えると食糧難になる

二酸化炭素が増えると気温が上昇します。
「気温が上昇し氷が溶けて海面が上がる」よりも深刻なのは。
気温の上昇が地域によって、ムラがあって、風の吹き方が変わり、
雨の降り方が変わり、農産物の生産量が減少するという事です。

風の吹き方、雨の降り方

小学校の理科で海風というのを習います。
昼間、気温が上がる時に、陸は暖まりやすく、海は暖まりにくい。
その結果、陸地で上昇気流が起こり、海から風が吹き込む。というやつです。
気温の上昇のムラが風を起こします。

冬は北西の季節風が吹くため、日本海側は雪、太平洋側は乾燥します。
風の吹き方が、雨の降り方に影響します。

オーストラリアの干ばつ

オーストラリアの穀倉地帯では、干ばつの為に小麦の生産量が4割減という報道がなされています。
一方、オーストラリアの砂漠地帯では洪水が起きているそうです。

干ばつで小麦の生産量が減る→小麦の値段が上がる→トウモロコシを作っていた農家が生産を小麦に切り替える→トウモロコシの値段が上がる→トウモロコシをエサにしている牛肉の値段が上がる。なんて、事も考えられます。

肉の消費の増加

中国やインドなどの発展途上国が段々豊かになりつつあります。そうすると、肉の消費が増えます。かつて、日本もそうでした。 そうすると、上の逆で、小麦を作っていた農家が生産をトウモロコシに切り替える→小麦の生産量が減る→小麦の値段が上がる。なんて、事も考えられます。
「トウモロコシを牛に食べさせて、その牛を人間が食べる」よりも
「人間がトウモロコシを直接食べる」方が、7倍ぐらい効率がいいんです。
つまり、同じトウモロコシで、7倍の人数の人間が生きていく事ができるのです。
世の中は複雑です。

環境問題 みんなでちょっと動けば変わる

  1. 日本の全世帯が今の電球(100W白熱電球)を省エネの電球型蛍光灯に、たった一個だけ変えただけで、日本から自動車92万台分がこの世から消えることと同じぐらいCO2の節約となります。
    たった一個です。
  2. 例えば電気ポットをやめたらなんと原発が3機、必要なくなります。
  3. 海外産のブルーベリージャムを国産に変えるだけで、CO2が減ります。 その地で作るれた物を買い食べるのが、健康にも環境にもベストです。

世の中を作っているのは、一人一人です。
だから、今、世の中にある問題を一人の救世主や、一部の人だけが解決しても意味がないと思っています。
みんなで問題解決することに意味があると思っています。
だから、一人でも多くの人に参加してほしいのです。
みんなで動いて、みんなで変えて、みんなでやればできる、奇跡は起こる。
どんなことでも、あきらめる必要はないんだってことを、体験できたら嬉しいなと思っております。
ぜひ、あなたの力を重ねて下さい。
ぜひ、一人でも多くの人に声をかけて下さい。

TEAM GOGO!2007より(別ウィンドウ)
TEAM GOGOは坂本龍一さんも応援しています。坂本龍一 非戦

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑二酸化炭素が増えると北極の氷が溶ける。の一番上へ↑