性染色体の伝わり方
皇室典範 ダビンチコードの謎

性染色体は、X染色体とY染色体の2種類があります。(高校の理科)
私のY染色体は、2000年前のある男の人が持っていたものです。

キリストのY染色体はどこへ。
初代天皇のY染色体はどこへ。

性染色体

一人の人間は性染色体を二つずつ持っています。
女性の性染色体はXとXで、男性はXとYです。
子供には二つの性染色体の一つだけが、渡されます。
よって、母親は子供にX染色体を一つ渡し、
父親はX染色体かY染色体のどちらかを渡します。

Y染色体はどこから

私は男なので、Y染色体を持っています。
このY染色体は父親からもらったものです。母親は持っていません。
その父親のY染色体は父親の父親(祖父)が持っていたものです。

Y染色体はどこへ

ある夫婦男0女0のそれぞれの性染色体を
xyxxとします。青と赤の色は目印です
この夫婦の子孫は血縁関係のない人と結婚するとします。その血縁関係のない人を、男xy、女xx(黒字)であらわします。

  1. 0代目の夫婦
    1. 結婚:男0xy女0xx→生まれた子供:女1x男2
  2. 1代目の夫婦
    1. 結婚:女1xと男xy→生まれた子供:女11xxと女12xと男13yと男14x
    2. 結婚:男2と女xx→生まれた子供:女21男22
  3. 2代目の夫婦
    1. 結婚:女11xxと男xy→生まれた子供:女111xxと女112xxと男113yと男114xy
    2. 結婚:女12xと男xy→生まれた子供:女121xと女122xxと男123xyと男124xy
    3. 結婚:男13yと女xx→生まれた子供:女131男132xy
    4. 結婚:男14xyと女xx→生まれた子供:女141男142xy
    5. 結婚:女21と男xy→生まれた子供:女211xxと女212xxと男213xyと男214
    6. 結婚:男22と女xx→生まれた子供:女221xxと男222

1代目の夫婦の子供のX染色体

男22をのぞいて、最初の代のxxのどちらかを全員が持っています。

1代目の夫婦の子供のy染色体

最初の代のをもっているのは男22だけです。 この男22男0の男の子供男2の男の子供です。

2代目の夫婦の子供のX染色体

最初の代のxxを持っている人もいます。
しかし、持ってない人もいます。 3の1〜5の夫婦を見ると、持っている人は半分です。
代を重ねると、持っている人は、半分、半分と減っていきます。
30代後には、10億分の一になります。1代30年として約千年です。

2代目の夫婦の子供のy染色体

最初の代のをもっているのは男222だけです。 男222男22の子供です。
3の6の夫婦では、男の子が生まれれば、その子は必ずを持ちます。

皇室典範

皇室典範の改正をどうするか。
古い伝統と新しい考えを矛盾なく解決するのは難しいですね。
ただし、その時、いい悪いは別にして、この染色体の伝わり方を理解したうえで、何が最良なのか考えて欲しいです。

ダビンチコードの謎

ダビンチコードでは、キリストの末裔として女性が登場します。
しかし、2000年もたてば、性染色体だけでなく、すべての染色体が失われている可能性が大きいです。当然、キリストの遺伝子も失われています。近親結婚を繰り返せば別ですが。

現在の皇室典範のように、男系の子孫を残していけば、
ヒトの染色体46本のうち、Y染色体だけは、2000年たっても残るんですが。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑性染色体の伝わり方 皇室典範 ダビンチコードの謎の一番上へ↑