英語の擬音語、擬態語 ジグザグ

英語の擬音語・擬態語は畳語にならない。日本語の擬音語・擬態語は畳語になる。ジグザグの語源は英語のzigzag。

日本語の擬音語と擬態語

  1. 擬音語擬はまねるという意味。音を、まねた言葉。
    例「カーン。二塁打です。」オノマトペと言う。
  2. 擬態語態はようすという意味。ようすを、まねた言葉。
    例「スルリとぬける。」
擬音語、擬態語が二つ重なって畳語になる事がある。
  1. 擬音語の畳語カンカン キンキン コンコン。(音)
  2. 擬態語の畳語するする たらたら しんしん。(ようす)
    (雪がしんしんと降る。音はしない。)

数えたわけではないが、こういうのは100以上はありそうだ。
擬態語、擬音語の畳語は、2番目の語の第一音は濁らないみたい。
理由は知らない。

英語の擬音語と擬態語

英語の擬音語・擬態語は畳語にならない
zigzag(ジグザグ)。bowwow (バウワウ)犬の鳴き声。
pitter-patterアメの音(パラパラ)。dingdong (ディンドン)西洋の鐘の音。
ticktack(チックタック)時計の音。心臓の鼓動。
というように、2語を微妙に変える。zigzagだけが擬態語。
日本語は畳語が多い。なぜでしょう。
ムー大陸と畳語?イースター島の神はマケマケにつづく・・・。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑英語の擬音語、擬態語 ジグザグ 畳語。の一番上へ↑