女の子の名前と男の子の名前の比較 音の響き

  • 女の子の名前の特徴は、あ段とま行が多い。
  • 男の子の名前の特徴は、あ行、か行、た行が多い。

女の子と男の子の名前を151人ずつ調べた結果です。(20才)
これは、M音は優しい、あ段は開放的など、
日本語の一音一音には潜在的なイメージがあるからだと思います。
サイト内リンク女の子の名前の名付け方サイト内リンク男の子の名前の名付け方
外部リンクネーミングはこれを知らずに作れない

音相学 音の響き

  • さ行・S音の響き
    さ行は、空気の流れが前歯の付け根にあたります。
    さ行は、「風」「乾燥」「軽快感」を潜在的にイメージさせます。
    「さわやか」「そよそよ」「さらさら」「すらすら」「するする」「さばさば」
  • な行・N音の響き
    な行は、舌のほぼ全体が上あごに密着します。
    な行は、ねばねばした「唾液」を感じさせます。
    「ねっとり」「ぬるぬる」「のろのろ」
  • ま行・M音の響き
    ま行は、唯一、唇が合わさります。これは赤ちゃんが授乳する時の口の動きです。
    ま行は、「やすらぎ」「やさしさ」を潜在的にイメージさせます。
    「まろやか」「まあまあ」「彦に対して姫」
  • た行・T音の響き
    た行は、舌を上あごの先に付けて、一気に空気をはき出します。
    た行は、「動き」を潜在的にイメージさせます。
    「たんたん」「たらたら」と血が「つるつる」チョット強引かも。
  • あ段・a音の響き
    あ段は口を大きく開けるので、
    開放的な雰囲気を潜在的にイメージさせます。
    「あの山」「あっち」は会話をしている二人から、空間的に遠いものを指します。
  • う段・u音の響き
    う段は口を一番閉じるので、
    苦しさに対しての「防御」「我慢」を潜在的にイメージさせます。
    おなかを殴られると「ウッ」
  • 濁音の響き
    「美人」「美術」のように、「美」は普通「ビ」と読みます。
    しかし女の子の名前の中では「奈美」「由美」のように、「ミ」と読みます。
    濁音は重い響きかがあるので、女の子の名前には使われないのでしょう。
    男女151人ずつの名前を調査した結果、女の子の名前が濁音で始まる例はなかったが、男の子では9人いた。
    外部リンク怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか
    奈良女子大学物理学科卒 黒川 伊保子 著(別ウィンドウ)

女の子の名前と男の子の名前。ま行とた行の違い

女の子の名前では、あ行、か行、ま行が多い。
男の子の名前では、あ行、か行、た行が多く、ま行は少ない。

女の子の名前で、多く使われている行

女の子の名前で多く使われている行

男の子の名前で、多く使われている行

男の子の名前で多く使われている行

女の子の名前に一番多く使われている、ま行

赤ちゃんが、おっぱいを吸う時、haM haMとかMg Mgとか言うそうです。
それで、ま行M音は「あまーい感覚」「幸せな感覚」として赤ちゃんの脳に刷り込まれていきます。
食べ物の事を「マンマ>」というのは、そこから来ていると思います。
キリストの母、聖母マリア。仏陀の母、摩耶マヤがま行M音で始まるのは、単なる偶然ではないかもしれません。
0歳時の記憶はなくなっても、潜在意識の中にはM音に対する「幸せ感」が残っていると思います。

女の子の名前と男の子の名前。う段の違い

女の子の名前では、あ段、い段が多い。先頭では、あ段が圧倒的に多い。
男の子の名前では、あ段、い段とう段が多い。

女の子の名前で、多く使われている段

女の子の名前で多く使われている段

男の子の名前で、多く使われている段

男の子の名前で多く使われている段

男の子は忍耐強くなければいけない、と日本の親は思っているのか。
ウ=苦しい・ガマンの法則が成り立っている。
という解釈もできるかもしれないが、
女の子ではあまり使われない「竜」「龍」が良く使われるからかもしれない。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑女の子の名前と男の子の名前の比較の一番上へ↑