検索でヒットするためのHTMLタグの使い方

検索でヒットするh1タグ、pタグ、liタグ、strongタグの使い方。

一般的なHTMLタグの使い方について説明しているサイト

「HTMLタグ」で検索すれば、たくさんあります。
私は「HTMLクイックリファレンス」http://www.htmq.com/をよく利用しています。(別ウィンドウ)

タグの先頭は重要

タグで囲まれた部分の先頭が重要だという実験は6号の最後の方、10号の最後の方に書いてあります。

<p>タグ、<h1>タグ、<li>タグ

<p>タグ、<h1>タグ、<li>タグなどで囲まれた部分の先頭は、検索エンジンに重視される場所なので、先頭の部分に検索されたいキーワードを書く。 また、<body>タグのすぐ次の場所も、重視されます。

私のHPの基本構造 タグの使い方

  • <meta name="Keywords" content="AAA,BBB,CCC,xxx,yyy,zzz">
    検索されたいキーワードを5つぐらい書く。
    重要なキーワード、競争の激しいキーワードを先頭にもってくる。
  • <meta name="Description"
    content="ここにキーワードを入れながら、ページの要約を書く">

    ヤフーはDescriptionを重視する。グーグルは重視しない。
    また、検索結果のページの説明に使われる事もあるので、
    検索する人間が引きこまれるような文章にする。
  • <title>AAAとBBBについて。xxx、yyy、zzz M君</title>
    <title>タグが一番重要。
    人目を引くような(週刊誌の見出しのような)文章にしながら、キーワードを埋め込む。
    重要なキーワード、競争の激しいキーワードを先頭にもってくる。
  • <body>
    <body>の出始めは重要。いきなり<h1></h1>をもってきても良いが、 次のように、ページの要約を書いても良い。
  • <p>ここにキーワードを入れながら、ページの要約を書く</p>
    考えるのが面倒なら、
    name="Description" content=と同じ文章でも、かまわない。
  • <h1>AAAとBBBについて。xxx、yyy、zzz</h1>
    考えるのが面倒なら、
    <title>と同じ文章でも、かまわない。
  • <ul>
    【<p><ul></ul></p>】のように<ul>タグを<p>タグで囲むのは、文法違反。
    また、【<p><h1></h1></p>】のように<h1>タグを<p>タグで囲むのも、文法違反。
    今の所、検索エンジンは文法違反でも理解してくれているようだが。
  • <li>xxx・・・</li>
    <li>yyy・・・</li>
    <li>zzz・・・</li>
    普通の文章のかわりに、リスト構造を使えば、
    検索エンジンが重視する先頭の場所が何倍にも増える。
    </ul>
  • <h2>BBBの・・・</h2>
    人目を引くような文章にしながら、キーワードを埋め込む。
  • <p>
    以下のように、<p>タグの最初になるべく、キーワードを入れる。
  • <strong>BBB</strong>・・・
    <b>BBB</b>の・・・<strong>BBB</strong>が・・・
    BBBは・・・・・
    のように書く。
    キーワードを<strong>タグで囲む。多用しすぎないように。
    不自然な文章にならないように、キーワードをたくさん書く。
    <strong>タグ、<b>タグで囲むと太字になる。
    太字が多いと人間が見た時、わずらわしい。
    見た目のバランスを考えて、<strong>タグを使う。
    全てのキーワードを<strong>タグで囲む必要はない。
    <strong>タグタグを使わない
    の最適な比(バランス)は検索エンジンの企業秘密でわからないが、
    5:2ぐらいが適当かと思う。(あてずっぽう)
    正解は分からないから、あまり、気にする事はない。
    </p>

<h2>タグを繰り返す

<h2>CCCは・・・</h2>
<p>
<strong>CCC</strong>・・・
<b>CCC</b>の・・・<strong>CCC</strong>が・・・
CCCは・・・
のように書く。
</p>
・・・<h3>タグを適当に入れる。・・・
・・・<h4>タグまで使う事はないだろう。・・・
</body>

検索でヒットするためのHTMLタグの使い方。次回の予定

  • <a>タグの使い方(重要)
  • 「前略プロフィール高校生」「前略プロフィール中学生」が上位でヒットするようになりました。
    「前略プロフィール」については次回に書く予定です。
    前略プロフィール前略プロフ三郷北のM君 中学生へ(別ウィンドウ)

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑検索でヒットするためのHTMLタグの使い方の一番上へ↑