三囲神社は三井財閥と秦氏を結ぶ

秦氏は、京都太秦の蚕の社と関係がある。蚕の社には、三柱鳥居がある。
三柱鳥居は墨田区向島の三囲神社にもある。三囲神社は三井グループの三越デパートの屋上に祀られている。

  • 秦氏
  • 三囲神社
  • 三井財閥

秦氏

秦氏は大陸からの渡来人であるが、養蚕機織(はたおり)の技術を伝えたと言われている。
秦氏は、京都太秦付近で栄えた。東映太秦映画村の付近である。太秦には、広隆寺、大酒神社、蚕の社などがある。

京都 広隆寺の隣の大酒神社

広隆寺の隣にある大酒神社(大辟神社)の由緒書には次のように書いてある。

弓月王、応神天皇十四年(三七二年)百済より百二十七県の民衆一万八千六百七十余人統率して帰化し、・・・
弓月王の孫(秦) 酒公は、秦氏諸族を率て蚕を養い、呉服漢織に依って絹綾錦の類を夥しく織出し朝廷に奉る。絹布宮中に満積して山の如く丘の如し、天皇御悦の余り、埋益(うずまさ)と言う言葉で酒公に禹豆麻佐の姓を賜う。

木島神社の蚕の社

蚕の社には、三柱鳥居があります。 鳥居を3つ組み合わせてあり、柱が三本で、上から見ると三角形になっています。不思議な鳥居です。

三囲神社

三囲神社の三柱鳥居の写真 墨田区向島の三囲神社にも三柱鳥居があります。右の写真をクリックすれば「三井邸より移す。原形は京都・太秦 木島神社にある」と書いてある事が分かります。
三柱鳥居は日本に複数あるそうです。

墨田区向島の三囲神社から三越へ

三越屋上の三囲神社 三囲神社から、銀座線の浅草駅までは徒歩18分。浅草駅から三越前駅まで12分。
日本橋三越の屋上には、三囲神社の分社があります。
確認はしていませんが、三囲神社の分社は三越の各支店にもあるようです。三越と三囲神社の関係は深いと言えます。

三井財閥

三越は戦前の三井財閥(現在の三井グループ)の礎を築いた企業です。
三井グループの各社の社長は、正月、墨田区向島の三囲神社に参拝するという話もあります。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑秦氏と三井財閥を結ぶ三囲神社の一番上へ↑