☆『名作古典にでてくる さかなの不思議なむかしばなし』、
『名作古典にでてくる どうぶつの不思議なむかしばなし』、
『名作古典にでてくる とりの不思議なむかしばなし』(汐文社)刊行のお知らせ!!!


通算31・32・33 冊目の著書『名作古典にでてくる さかなの不思議なむかしばなし』、『名作古典にでてくる どうぶつの不思議なむかしばなし』、『名作古典にでてくる とりの不思議なむかしばなし』(汐文社)が、刊行されました。
ぜひご購読下さい。

1.書名:
『名作古典にでてくる さかなの不思議なむかしばなし』
『名作古典にでてくる どうぶつの不思議なむかしばなし』
『名作古典にでてくる とりの不思議なむかしばなし』

2.著者:
上方文化評論家 福井栄一

3.内容紹介:                              
「古事記」「今昔物語集」「平家物語」など、古典文学作品に登場する「さかな」・「どうぶつ」・「とり」に関する珍談奇譚11話ずつ選りすぐり、平易な現代語に訳して、それぞれ1冊にまとめました。
児童書ですが、大人でもお楽しみ頂けます。
さかな・どうぶつ・とりたちのカラー写真、特長・生態・人間生活との関わりなどを解説したコラムも併載されています。いきもの文化の小事典としてぜひお手元に!

4.目次:
『名作古典にでてくる さかなの不思議なむかしばなし』
鯉:「鯉の恩返し」
鰡:「鰡を買った坊さん」
蛤:「生まれ変わった蛤」
鰯:「鰯を食べろ」
鮎:「鮎は残らず俺のもの」
鯰:「その鯰が命とり」
鮒:「鮒もわたしも事情は同じ」
蠣:「蠣の教え」
鮫:「怒った鮫」
蟹:「蟹と蛙と蛇」
鱸:「鱸はなんのしるし?」

『名作古典にでてくる どうぶつの不思議なむかしばなし』
馬:『ひみつは馬にあり』
狐:『ばけるばかりが狐じゃない』
狸:『しくじった狸』
犬:『その犬の名は』
猫:『猫のへりくつ』
虎:『虎の知恵』
牛:『牛のなみだ』
猿:『三匹の猿の作戦』
猪:『猪をのりこなした男』
鼠:『鼠のつぶやき』
鹿:『鹿と坊さん』

『名作古典にでてくる とりの不思議なむかしばなし』
鷹:『鷹も主人しだい』
雀:『雀のうしろに』
鷲:『鷲と蛇のたたかい』
鶯:『鶯の災難』
鴨:『鴨の夫婦』
雉:『雉のねがい』
鳶:『鳶はだれのおつかい?』
鸚鵡:『鸚鵡の元気の源』
鶴:『鶴との約束』
鷺:『かしこまった鷺』
鶏:『鶏の雛』

5.価格:
各巻 税込1,870円

6.出版元:
株式会社 汐文社
〒102-0071
東京都千代田区富士見1-6-1 富士見ビル1F
Tel 03-6862-5200 Fax 03-6862-5202









☆2020年11月7日(土)午後2時から、講演『黒髪の文化誌:誰もが気になる髪のはなし』を行います!

卒業校である大阪府立北野高等学校の同窓会組織「六稜同窓会」の行事で、以下の通り講演します。

1.講演名:
『黒髪の文化誌:誰もが気になる髪のはなし』

2.日時:
2020年11月7日(土)13:30開場・14:00開演(15:30終演予定)

3.会場:
六稜会館3階ホール(大阪府立北野高等学校内)
(大阪府大阪市淀川区新北野2-5-13、電話06-6303-5661)

4.講師:
上方文化評論家 福井栄一(97期)

5.料金(維持協力金):
お1人様 500円(当日受付で精算)(学生は無料)

6.実施方法:
時節柄、ライブ中継を原則と致しますため、会場への入場は、15名様限定(事前予約制)。
詳細は、チラシをご覧頂くか、下記の事務局へお問合せ下さい。

7.ご予約・お問合せ先:
六稜同窓会事務局 (電話06-6306-0374)
(受付時間:月曜日から金曜日の10:30から16:00まで。火曜日・日曜日・祝日は休み。)

☆2020年6月29日(月)付の読売新聞(夕刊)にインタビュー記事が載りました!

コロナ時代の芸術文化・芸能について、歴史を踏まえながら語っています。
ぜひご高覧下さい。

 

☆2020年8月28日(金)付の大阪日日新聞に拙稿『菊花の履歴書』が載りました!

菊花の文化誌を祖述しています。ご高覧下さい。

 

☆2020年12月25日(金)ディナー付き舞踊公演『上方舞と色はな夕べ』でMCを務めます!

下記のディナー付き舞踊公演で、司会&演目解説を務めます。
聖夜の公演へぜひお出まし下さい!

1.公演名:
『上方舞と色はな夕べ』

2.日時:
2020年12月25日(金)18:00開場・18:30開演(20:30終演予定)

3.会場:
リーガロイヤルホテル大阪 2階「ダイヤモンドルーム」

4.演目&出演者:
舞踊『松尽くし』・『萬歳』:山村若萠紀、
和太鼓『狂う躯(Kuruku)』:祝丸、
司会・演目解説:上方文化評論家 福井栄一

5.概要:
リーガロイヤルホテル自慢のフルコースにお好きなお飲み物をお申しつけ下さい。
正餐スタイルのお席を50席をご用意します。ご予約をお待ちしています。

6.料金:
お1人様 15,000円(税・サービス料込み)

7.ご予約・お問合せ先:
上方舞「萠紀会」
E-mail:wakamoeki39@gmail.com
Tel:090-3844-8813


☆2020年9月7日(月)に日刊経済新聞に、拙稿が掲載されました!

拙稿『上方文化評論家 福井栄一の ちょっとお聞きやす』の最新稿「亀に救われた子ども」が掲載されました。

〈過去の記事〉
2019年6月17日(月)付
2019年7月1日(月)付
2019年8月5日(月)付
2019年9月2日(月)付
2019年10月7日(月)付
2019年10月28日(月)付
2019年12月2日(月)付
2019年12月25日(水)付
2020年1月27日(月)付
2020年2月17日(月)付
2020年3月2日(月)付
2020年4月6日(月)付
2020年4月27日(月)付
2020年5月25日(月)付
2020年6月1日(月)付
2020年7月6日(月)付
2020年8月3日(月)付

☆2019年7月2日(火)放送の関西テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」にVTR出演しました!

2019年7月2日(火)午後 7時〜 8時放送の関西テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」
(MC:東野幸治、メッセンジャー黒田ほか)に、VTR出演しました。
ことわざと地名の関係について解説しました。
https://www.ktv.jp/chacha/

☆NHKテレビ『ニュースほっと関西』に出演しました!!!

2019年3月8日(月)夕方放送のNHKテレビ『ニュースほっと関西』に、
福井栄一がVTR出演しました。
同日催行された「第271回忌 かしく祭」について、物語りました。

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190318/0013596.html




☆福井栄一が世話人を務める「かしく祭」が、日刊経済新聞に紹介されました!

2019年3月18日(月)催行の「かしく祭」の模様が、
2019年3月25日(月)付の日刊経済新聞で紹介されました。
世話人を務める身としては、嬉しい限りです。



☆福井栄一の「十二支シリーズ」(技報堂出版)全12冊が揃いました!

十二支の12種の生きものに関する12冊が、堂々の揃い踏み。
ご自分の生まれ歳の干支の巻をお楽しみ頂くのはもちろん、
ご家族・ご友人などへ、その御方の干支に合わせた巻を贈られるのはいかが。


☆NHKテレビ『日本人のおなまえっ!』に出演しました!!!

2017年10月12日(木)午後7時30分 〜 8時15分放送の
NHKテレビ『日本人のおなまえっ!』(司会:古舘伊知郎氏)に、
福井栄一が数分間、VTR出演しました。
平安朝最強の悪鬼バスター 渡辺綱について、物語りました。

☆2017年8月8日(火)放送のテレビ朝日『AbemaTV Prime』に、VTR出演しました!

番組中、関西の芸能文化について語る福井栄一のインタビュー映像が流れました。
https://abematimes.com/posts/2776247


 

☆月刊能楽雑誌『観世』に、拙稿「能楽モノがたり」を連載しました!

能楽雑誌『観世』 2017年1月号 〜2018年3月号の全15回にわたって、拙稿「能楽モノがたり」が連載されました。
鐘、糸、弓矢など、能楽を彩るモノ(アイテム)の文化誌を軽妙な筆致で綴りました。




2018年3月号掲載分:龍燈

2018年2月号掲載分:弓矢(2)
2018年1月号掲載分:弓矢(1)
2017年12月号掲載分:鳥居
2017年11月号掲載分:糸
2017年10月号掲載分:珠
2017年9月号掲載分:石
2017年8月号掲載分:牛車
2017年7月号掲載分:門
2017年6月号掲載分:琵琶
2017年5月号掲載分:橋
2017年4月号掲載分:関
2017年3月号掲載分:太刀
2017年2月号掲載分:鐘(2)
2017年1月号掲載分:鐘(1)

☆2016年5月〜8月に、神戸新聞夕刊「随想」欄を全8回執筆!

神戸新聞夕刊の名物コラム「随想」欄を全8回、執筆しました。掲載日は以下の通りです。

5月10日(火)掲載分 5月25日(水)掲載分 6月9日(木)掲載分 6月24日(金)掲載分
7月11日(月)掲載分 7月27日(水)掲載分 8月12日(金)掲載分 8月29日(月)掲載分
☆日本経済新聞 朝刊にインタビュー記事が載りました!

2015年11月17日(火)付の日本経済新聞 朝刊第43面に、大阪の行政と文化に関する 福井栄一のインタビュー記事が掲載されました。顔写真入りです(笑)。ぜひご高覧下さい。



☆2015年4月から、四條畷学園大学看護学部 客員教授に就任!

講義「感性と芸術論」を担当しています。