☆2020年6月29日(月)付の読売新聞(夕刊)にインタビュー記事が載りました!

コロナ時代の芸術文化・芸能について、歴史を踏まえながら語っています。
ぜひご高覧下さい。

 

☆『現代語訳 近江の説話』(福井栄一著・サンライズ出版)刊行のお知らせ!!!

通算30冊目の著書「現代語訳 近江の説話」(サンライズ出版)が刊行されました。
ぜひご購読下さい。

1.書名:
「現代語訳 近江の説話 :伊吹山のヤマトタケルから三上山のムカデまで」

2.著者:
上方文化評論家 福井栄一

3.内容紹介:                              
近江国(滋賀県)の登場する説話の数々を、平易な現代語に訳してまとめました。豊富な図版に加え、「解説」「地図」「関連年表」も付してあります。蝉丸、源博雅、俵藤太、慈恵大師などが登場する物語の面白さを味わえるのはもちろん、近江文化の広さと深さも実感できる充実の一冊です。

4.目次:
蝉丸の秘曲と源博雅
関寺の霊牛
夢に現れた三井寺新羅明神
石山寺如意輪観音の奇蹟
詠う叡山の水
山王権現と疫病神
栗太の巨樹
鈴鹿の山堂に泊まった男三人
三上山の百足退治
篠原の墓穴で雨宿りした男
安義橋の鬼、人を食らうこと
小僧に変じた矢取り地蔵
ヤマトタケルの伊吹山荒神退治
戒壇再建のため浅井郡司と勝負した慈恵僧正
湖面を歩く竹生島の老僧
大井子の力石
仙人に会った葛川の僧
出典の解説
関連年表


5.価格:
本体1,500円

6.出版元:
サンライズ出版株式会社
522-0004 滋賀県彦根市鳥居本町655-1 Tel 0749-22-0627


2020年5月13日(水)付
中日新聞(朝刊)


2020年5月18日(月)付
日刊ケイザイ


2020年5月27日(水)付
読売新聞(朝刊)

☆8月には、汐文社から「名作古典にでてくる 不思議なむかしばなし」シリーズ全3巻を刊行予定!

8月には、汐文社から、
『名作古典にでてくる  どうぶつの不思議なむかしばなし』、
『名作古典にでてくる  さかなの不思議なむかしばなし』、
『名作古典にでてくる  とりの不思議なむかしばなし』
の 3巻を一挙刊行します。予価未定。
お楽しみに!


 

☆『説話と奇談でめぐる奈良』(朱鷺書房)、絶賛販売中!!!

通算29冊目の単著です。大和国各地に伝わる奇談・珍話・怪談を
その地の歴史・地名の語源などと共に紹介した、異色の奈良ガイドブックです。
地図も併載されているから、現地を訪れるのに便利!
本体価格は、1,200円です。


月刊 大和路 ならら 2019年 4月号

月刊 Yomiっこ 2019年5月号


☆2020年12月25日(金)ディナー付き舞踊公演『上方舞と色はな夕べ』でMCを務めます!

下記のディナー付き舞踊公演で、司会&演目解説を務めます。
聖夜の公演へぜひお出まし下さい!

1.公演名:
『上方舞と色はな夕べ』

2.日時:
2020年12月25日(金)18:00開場・18:30開演(20:30終演予定)

3.会場:
リーガロイヤルホテル大阪 2階「ダイヤモンドルーム」

4.演目&出演者:
舞踊『松尽くし』・『萬歳』:山村若萠紀、
和太鼓『狂う躯(Kuruku)』:祝丸、
司会・演目解説:上方文化評論家 福井栄一

5.概要:
リーガロイヤルホテル自慢のフルコースにお好きなお飲み物をお申しつけ下さい。
正餐スタイルのお席を50席をご用意します。ご予約をお待ちしています。

6.料金:
お1人様 15,000円(税・サービス料込み)

7.ご予約・お問合せ先:
上方舞「萠紀会」
E-mail:wakamoeki39@gmail.com
Tel:090-3844-8813


☆叶匠寿庵『烏梅』2019年秋号に、拙稿が掲載されました!

株式会社叶匠寿庵 発行の季刊誌『烏梅』2019年秋号に、
拙稿『釣鐘饅頭食べ比べ』が掲載されました。ぜひご高覧下さい。


☆2019年7月23日(火)付の神戸新聞に、私の講演会の記事が掲載されました!

東播懇話会7月例会講演『播磨で聴く「もののけ」ばなし』の概要が紹介されています。
ご高覧下さい。


☆2020年7月6日(月)付の日刊経済新聞に、拙稿が掲載されました!

拙稿『上方文化評論家 福井栄一の ちょっとお聞きやす』の最新稿「ふみの日がやってくる」が掲載されました。

〈過去の記事〉
2019年6月17日(月)付
2019年7月1日(月)付
2019年8月5日(月)付
2019年9月2日(月)付
2019年10月7日(月)付
2019年10月28日(月)付
2019年12月2日(月)付
2019年12月25日(水)付
2020年1月27日(月)付
2020年2月17日(月)付
2020年3月2日(月)付
2020年4月6日(月)付
2020年4月27日(月)付
2020年5月25日(月)付
2020年6月1日(月)付

☆2019年7月2日(火)放送の関西テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」にVTR出演しました!

2019年7月2日(火)午後 7時〜 8時放送の関西テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」
(MC:東野幸治、メッセンジャー黒田ほか)に、VTR出演しました。
ことわざと地名の関係について解説しました。
https://www.ktv.jp/chacha/

☆NHKテレビ『ニュースほっと関西』に出演しました!!!

2019年3月8日(月)夕方放送のNHKテレビ『ニュースほっと関西』に、
福井栄一がVTR出演しました。
同日催行された「第271回忌 かしく祭」について、物語りました。

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190318/0013596.html




☆福井栄一が世話人を務める「かしく祭」が、日刊経済新聞に紹介されました!

2019年3月18日(月)催行の「かしく祭」の模様が、
2019年3月25日(月)付の日刊経済新聞で紹介されました。
世話人を務める身としては、嬉しい限りです。



☆福井栄一の「十二支シリーズ」(技報堂出版)全12冊が揃いました!

十二支の12種の生きものに関する12冊が、堂々の揃い踏み。
ご自分の生まれ歳の干支の巻をお楽しみ頂くのはもちろん、
ご家族・ご友人などへ、その御方の干支に合わせた巻を贈られるのはいかが。


☆季刊雑誌『ぎをん』 2020年陽春号に、拙稿「雨と目と祇園」が掲載されました!

仲源寺めやみ地蔵尊について書いています。
なお、同誌の編集・制作は株式会社青龍社、発行元は祇園甲部組合です。


〈過去の記事〉
2018年陽春号掲載分



☆NHKテレビ『日本人のおなまえっ!』に出演しました!!!

2017年10月12日(木)午後7時30分 〜 8時15分放送の
NHKテレビ『日本人のおなまえっ!』(司会:古舘伊知郎氏)に、
福井栄一が数分間、VTR出演しました。
平安朝最強の悪鬼バスター 渡辺綱について、物語りました。

☆2017年8月8日(火)放送のテレビ朝日『AbemaTV Prime』に、VTR出演しました!

番組中、関西の芸能文化について語る福井栄一のインタビュー映像が流れました。
https://abematimes.com/posts/2776247


 

☆8月8日(火)付の日経新聞(夕刊)に、コメント掲載!

大阪弁の擬音語・擬態語に関する特集記事「とことんサーチ」中に、福井栄一のコメントが掲載されました!


☆月刊能楽雑誌『観世』に、拙稿「能楽モノがたり」を連載しました!

能楽雑誌『観世』 2017年1月号 〜2018年3月号の全15回にわたって、拙稿「能楽モノがたり」が連載されました。
鐘、糸、弓矢など、能楽を彩るモノ(アイテム)の文化誌を軽妙な筆致で綴りました。




2018年3月号掲載分:龍燈

2018年2月号掲載分:弓矢(2)
2018年1月号掲載分:弓矢(1)
2017年12月号掲載分:鳥居
2017年11月号掲載分:糸
2017年10月号掲載分:珠
2017年9月号掲載分:石
2017年8月号掲載分:牛車
2017年7月号掲載分:門
2017年6月号掲載分:琵琶
2017年5月号掲載分:橋
2017年4月号掲載分:関
2017年3月号掲載分:太刀
2017年2月号掲載分:鐘(2)
2017年1月号掲載分:鐘(1)

☆「週刊ポスト」にコメント掲載!

「週刊ポスト」2017年3月6日(月)発売号に、
落語に関する私のコメントが掲載されました。(発行:小学館)


☆能楽雑誌『観世』2016年6月号に拙稿掲載!

2016年5月20日(金)発行の能楽雑誌『観世』6月号の巻頭に、拙稿「しんとく丸と俊徳丸」が掲載!
お問い合わせは、発行元の株式会社 檜書店 編集部(電話03−3291−9552)まで。
https://www.hinoki-shoten.co.jp/

☆2016年5月〜8月に、神戸新聞夕刊「随想」欄を全8回執筆!

神戸新聞夕刊の名物コラム「随想」欄を全8回、執筆しました。掲載日は以下の通りです。

5月10日(火)掲載分 5月25日(水)掲載分 6月9日(木)掲載分 6月24日(金)掲載分
7月11日(月)掲載分 7月27日(水)掲載分 8月12日(金)掲載分 8月29日(月)掲載分
☆日本経済新聞 朝刊にインタビュー記事が載りました!

2015年11月17日(火)付の日本経済新聞 朝刊第43面に、大阪の行政と文化に関する 福井栄一のインタビュー記事が掲載されました。顔写真入りです(笑)。ぜひご高覧下さい。



☆2015年4月から、四條畷学園大学看護学部 客員教授に就任!

講義「感性と芸術論」を担当しています。