木下博信 前草加市長の寺子屋設置

木下博信 前草加市長が2009年、外部リンク無料学習塾(草加寺子屋)を設置した。草加市 (広報そうか09年6月号8・9面)

草加土曜寺子屋は、子どもたちが無料で参加できる学習の場。
「草加っ子土曜寺子屋」が、5月23日に中央公民館など市内4か所で開校しました。この日は240人の小・中学生が参加。かけ算・わり算のやりかたや図形の面積の求めかたなどを指導ボランティアの先生から教わっていました。この寺子屋は今後、毎月第2・4土曜日に開かれます。

草加寺子屋は、2007年度、夏休みの期間限定で実施され、子どもや保護者からの要望が多いため、2008年度は新学期が始まった9月以降も継続した。2009年度からは、5月スタートになった。

無料学習塾(草加寺子屋)2012年度まで

木下博信草加市長が2009年に設置した時は、月に2回の開催であった。中央公民館など市内4か所に設置された。時間は午前9時30分から11時30分。
草加市が作成した数学と国語のプリントを児童が自学自習し、わからない所をボランティアが補助するという形式である。

無料学習塾(草加寺子屋)2013年度から

草加寺子屋の開催は、2013年から、月に1回になってしまった。現草加市長 田中和明の判断である。開催場所が市内小学校21校となって、近くなったのだが。時間は午前9時00分〜午前11時00分。
開催日の減少に合わせて、数学だけのプリントに変更になった。

無料学習塾(草加寺子屋)2014年度から

2014年度から、草加寺子屋の開催を月2回に戻した。昨年度、月1回の開催にした理由は何だったのだろう。行政に一貫性がないのは、いかがなものか。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑前草加市長 寺子屋設置のいちばん上へ↑