無料学習塾 自治体NPO法人による

無料学習塾が増えつつあります。草加市では木下博信 草加市長が、子どもたちが無料で参加できる学習の場を提供しました。近くに無料学習塾がない場合は、自治体に設立を働きかけてはどうでしょうか。予算は、殆どかかりません。
古い資本主義社会は終わろうとし、新しい無料の世界が始まっています。

無料学習塾 自治体による

  • 外部リンク寺子屋(無料学習塾)で勉強しよう草加市で、子どもたちが無料で参加できる学習の場。
    私は埼玉県草加市谷塚公民館で、ボランティアとして活動しています。
  • 寺子屋学習(無料学習塾)埼玉県草加市 小中学生をボランティアが指導
    小中学生の基礎学力を向上させようと、草加市で市民ボランティアが算数や数学などを教える恒例の「草加っ子土曜寺子屋」(草加市教委主催)が開かれている。
    小学3年から中学3年までの計460人と先生役のボランティア26人が登録。市内4か所の公共施設で、毎月第2・第4土曜の午前中に計18回開かれる。
    今年初めて参加した新田小3年の○○さんは「学校と違って自分のペースで勉強できる。18回全部、出席する」と算数ドリルに取り組んでいた。
    ボランティアの一人で、大学で数学を教えていたという○○さんは「数学は筋道を考える学問。子供たちと一緒に考えます」と、地域に役立つ活動に参加している喜びを語っていた。
    2007年の夏休み期間に限定して始まった「寺子屋」は、参加者や保護者に好評だったため、09年以降は5月から翌年3月まで、期間をさらに延ばして実施している。(2011年6月13日 読売新聞)
  • 外部リンク市営“無料学習塾“が子供を伸ばす「ガイアの夜明け」
    豊後高田市は、自治体が塾を運営する、全国でも珍しい取り組みをしている自治体だ。 5歳から中学生を対象に、放課後や土曜日に無料で勉強を教えている。講師は市民がボランティアで務め元教諭、現役の教諭、主婦、老人クラブのメンバーなど、40人が登録している。塾で教えるカリキュラムなどは、市の教育委員会が管理。単なる学校の補修ではなく、進学できる学習にしていく。ちなみに2003年から「21世紀塾」という名でスタートしたが、県の学力調査で下から2番目だった豊後高田市は昨年、なんとトップになったという。

無料学習塾 NPO法人による

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑無料学習塾 自治体NPO法人によるの一番上へ↑