埼玉県議会議員立候補者 木下博信の改革

埼玉県議会議員立候補者 木下博信が日本を改革する事を期待する。 木下博信は2001年8月から2010年(H22年)10月まで、草加市長を務め、様々な改革に取り組んだ。市長を退任した後、東日本大震災で、草加市の町会連合会等の繋がりを通して、ボランティア活動を行った。木下博信の市長としての行政経験が生かされた。全国青年市長会(元会長)、提言・実践首長会(元代表代行)等の経験を活用し、埼玉草加から新しい流れを発信し、日本を改革する事を期待する。埼玉県議会議員立候補者 木下博信の想いFC2ブログ

木下博信の改革と草加市のランキング

全国自治体の中における草加市のランキングより抜粋。

  1. 自治体財政事情総覧
    (財)社会経済生産性本部が平成15年度普通会計決算で作成されたバランスシートと行政コスト計算書を基に安定性、自立性、柔軟性、生産性、資本蓄積度、世代間公平性の6視点から評価が行われました。
    ■草加市は、288市区のうち26位となっています。特に6視点のうち生産性(人口1人当たりの行政コストと人口千人当たりの職員数から評価)では、1位となりました。
    全体で288市区となっているのは、行政コスト計算書を総務省方式で作成していない自治体があるためです。
  2. 第5回行政革新度調査
    日本経済新聞社と日経産業消費研究所が平成10年から隔年で実施。調査は平成18年9月1日現在。802市区のうち763市区が回答。行政運営を透明度(情報公開請求資格など19項目)、効率化・活性化度(行政評価導入など30項目)、市民参加度(パブリックコメントの制度保証など14項目)、利便度(窓口事務の総合化など15項目)の4要素に分け、取り組み度合いを得点化し、全体評価を算出しています。
    ■草加市は総合評価で9位(1位は東京都三鷹市)となっています。
  3. 第5回行政サービス調査
    日本経済新聞社と日経産業消費研究所が平成10年から隔年で実施。調査時点は平成18年4月1日現在。802市区のうち764市区が回答。子育て環境(認可保育所の月額保育料など7項目)、高齢者福祉(介護保険料の月額保険料など7項目)、教育(市区立小学校1校当たりのパソコン導入台数など7項目)、公共料金(月額水道料金など4項目)、住宅・インフラ(家庭ごみ処理費用など5項目)の5要素30項目で自治体のサービス水準を比較しています。
    ■草加市は55位(1位は東京都千代田区)となっています。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑埼玉県議会議員立候補者 木下博信の改革のいちばん上へ↑