前草加市長木下博信の改革

草加市長dream 木下博信は草加市長を01年8月から2010年10月まで務め、草加市から様々な特区構想を提案した。草加市長時代、木下博信の提案数は全国の市町村でもトップクラスだそうだ。 外部リンク草加市が提案した特区(草加市公式ホームページ)には以下の様な例が。

  • 地方税の収納をコンビニで取扱い可能とする。戸田市も同時期に提案。
  • 少人数学級実現の為、市採用教員が担任を受け持つことを可能とする。
  • 幼保一元化施設の整備のため、保育所の施設設置要件を緩和する。
  • 警察が凶悪犯罪の捜査に専念できる環境をつくるため、違法駐車の取締権限を市町村へ移管する。
  • 全国一律の学校の天井高3m規制。120年前から続く規制が草加市の特区提案により撤廃。学校建設の費用が安く抑えられました。

特区とは

外部リンク構造改革特別区域(Wikipedia)の略語。従来法規制等の関係で事業化が不可能な事業を、特別に行うことが可能になる地域をいう。この制度を利用すると、お金をかけずに改革ができる。

木下博信 前草加市長は、特区制度を利用して、様々な改革を行った。特区制度と関係ない改革も行った。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑前草加市長木下の改革のいちばん上へ↑