木下草加市長の特区提案

草加市長の駅端懇談 木下草加市長は特区制度を利用して、様々な改革を行い、草加市からの構造改革特区提案数は日本でいちばんとなった。
外部リンク構造改革特区提案数 全国自治体ランキング 長島一由blogより。長島一由さんは、1998年、当時31歳で全国最年少市長として神奈川県逗子市長に就任。

  1. 草加市  87件
  2. 多治見市 73件
  3. 三次市  39件
  4. 逗子市  38件
  5. 北九州市 37件
  6. 千代田区 35件
  7. 川口市  34件
  8. 横浜市  34件
  9. 岐阜市  34件
  10. 掛川市  33件

特区とは

外部リンク特区提案の手引き内閣官房 構造改革特区推進室より
構造改革特区(特区)とは、地方公共団体に限らず、民間事業者、NPO法人、個人、業界団体などでも直接規制改革の提案ができる制度。

木下博信 前草加市長に頼らずとも、一市民が構造改革ができる。

外部リンク構造改革特別区域の略語。従来法規制等の関係で事業化が不可能な事業を、特別に行うことが可能になる地域をいう。この制度を利用すると、お金をかけずに改革ができる。例えば、全国一律の学校の天井高3m規制。120年前から続く規制が草加市の特区提案により撤廃。学校建設の費用が安く抑えられた。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑木下博信の特区提案のいちばん上へ↑