DSC00738.JPG

 

天武天皇の年齢研究

kamiya1@mta.biglobe.ne.jp

 

−目次−

 ホーム−目次 

 概要 

 手法 

 史料調査 

 妻子の年齢 

 父母、兄弟の年齢 

 天武天皇の年齢 

 天武天皇の業績 

 天武天皇の行動 

 考察と課題 

 参考文献、リンク 

 検索、索引 

 

−拡大編−

 古代天皇の年齢 

 継体大王の年齢 

 古代氏族人物の年齢 

 暦法と紀年と年齢 

 

−メモ(資料編)−

 系図・妻子一覧

 歴代天皇の年齢

 動画・写真集

 年齢比較図

 

−本の紹介−詳細はクリック

2018年に第三段

「神武天皇の年齢研究」

 

2015年専門誌に投稿

『歴史研究』4月号

image007

 

2013年に第二段

「継体大王の年齢研究」

image008

 

2010年に初の書籍化

「天武天皇の年齢研究」

image009

 

 

 

但馬皇女の年齢 たじまのひめみこ

First update 2008/07/01 Last update 2011/01/29

 

           708慶雲5年6月25日薨去 続日本紀

678天武7年生 〜 708慶雲5年薨去 34歳  本稿推定

669天智8年生 〜 708慶雲5年薨去 40歳  伊藤博氏

579天武8年生 〜 708慶雲5年薨去 30歳  和田萃氏

 

父  天武天皇

母  氷上娘   中臣鎌足の娘 682天武11年没(日本書紀)

叔母 五百重娘 (母が氷上娘と同じかどうかは不明)

義弟 新田部皇子 

 

  中臣鎌足――氷上娘        (682没)

         ―――但馬皇女  (708没)和銅元年6月

        天武天皇   |

         ―――穂積皇子  (715没)霊亀月没

  蘇我赤兄――太娘        (725没)

 

【但馬皇女の関連年表

675天武 4年 1歳 降誕

681天武10年 7歳 母の妹、五百重娘が大原にて新田部皇子を出産する。

682天武11年 8歳 母、氷上娘が1月18日宮中で薨去 27日赤穂に葬られた。

686朱鳥 1年12歳 父、天武天皇 崩御

691持統 5年17歳 穂積皇子(20歳)と但馬皇女との密通事件

695持統 9年21歳 叔母、五百重娘が中臣不比等の子、麿を出産する。

696持統10年22歳 太政大臣 高市皇子 薨去

708慶雲 5年34歳 三品 但馬皇女 薨去

715和銅 8年    一品 穂積皇子 薨去

 

600  6777777777788888888899999999 年

    9012345678901234578902345678 齢

天武天皇――――――――――――――――――崩

氷上娘 ―PQRS―――――――――30

但馬皇女       @ABCDEFGHIJKLMNOPQRS―――――34

穂積皇子    @ABCDEFGHIJKLMNOPQRS――――――――44

高市皇子―HIJKLMNOPQRS――――――――30―――――36

新田部皇子            @ABCDEFGHIJKLMNOPQ―55

中臣武智麻呂          @ABCDEFGHIJKLMNOPQRS―

 

 

但馬皇女と穂積皇子との密通事件による年齢推定

 

伊藤博氏は691年持統5年の事件として、穂積皇子25歳と但馬皇女は23歳としています。天武天皇子女序列の観点から考察すると、日本書紀の記載順から但馬皇女は穂積皇子より前に記載され、年も但馬皇女が穂積皇子より上と誤解されそうですが、実際は穂積皇子のほうが年上と考えられます。これは同じ官僚の娘でも藤原氏を蘇我氏より身分を上として順位し記載された結果のようです。しかしながら、本稿では穂積皇子は持統5年は20歳と設定しており、すると但馬皇女はもっと若いと考えられます。

 

しかし、但馬皇女の生年は新田部皇子より上のはずです。和田萃氏は「日本の古代、別巻P230(講談社学術文庫)」で、母親の氷上娘天武11年の正月に亡くなったことを手がかりとして、但馬皇女が亡くなった年は少なくとも27歳以上だとし、708年和銅1年を30歳として試算されました。すると生まれは天武8年となり、義弟の新田部皇子より2歳年上で、穂積皇子と恋に落ちた持統6年頃は14歳だったとしています。

 

よって、この間を折衷案として考えました。その根拠は、万葉集に載せられた但馬皇女が14歳では若すぎあまりに心許ないと考え、また母が大刀自と呼ばれた以上亡くなられた天武11年には30歳にはなっていたろうと判断し、氷上娘20歳のとき、675天武4年に但馬皇女が生まれたとして計算しました。すると伊藤博氏が考える明るみに出る持統5年は但馬皇女が17歳となり、それなりの年齢と考えます。穂積皇子とはその前14歳くらいから知り合っていたとすれば、和田萃氏の思惑にも合致すると考えています。

 

宮中で母とともに住んでいた但馬皇女ですが、その母、氷上夫人を8歳のとき失ってしまいます。また、父、天武天皇をその4年後に失うのです。12歳でした。そこで、一旦彼女は母の妹が住む大原に引き取られたのではないでしょうか。すなわち旧中臣鎌足邸、祖父の館です。

 

一方、穂積皇子は前から宮中で幼く可愛い但馬皇女を見知っていたはずです。あるいは、大原の中臣邸で見知ったのかもしれません。証拠があります。藤氏家伝書である武智麻呂伝によりますと、大原での宴でこの武智麻呂をみた穂積皇子が藤氏の子は皆賢いと褒められたと書かれています。おそらく穂積皇子は武智麻呂よりこの但馬皇女を目にしながら語ったのではないでしょうか。穂積皇子は蘇我氏ですが武智麻呂の母は中臣不比等に嫁いだ蘇我娼子で連子(むらじこ)の娘です。中臣邸に出入りが可能でした。仮にこの頃が688朱鳥3年とすると、但馬皇女14歳、穂積皇子17歳で、武智麻呂は9歳、ちなみに義弟の新田部皇子は8歳で、皆大原の屋敷にいたはずです。

 

そして問題の持統5年です。但馬皇女は17歳と年頃になり、長子でもある高市皇子がこの但馬皇女を香具山宮に引き取りました。親戚筋の希望による婚姻関係からか、それともすでに怪しい関係にある穂積皇子とを引き離すためかは判然としませんが、このとき但馬皇女は大原から香具山に移り住んでいたのです。

穂積皇子は20歳になり、朝廷より浄広弐の位と封戸五百戸を授かりました。得意絶頂の穂積皇子はかねてから顔見知りのこの少女と関係を一段と強めます。これにより17歳の但馬皇女は20歳になる大人の穂積皇子に一途な激しい恋心を抱いたのでしょう。但馬皇女が高市皇子の宮に入ることで二人の関係が前に増して親密となり、その結果、露見したと考えるのが一番自然のように思えます。

 

万葉集はこのことを詳細に歌に込めて残しました。

 

但馬皇女在高市皇子宮時思穂積皇子御作歌一首

但馬皇女、高市邸にいるとき、穂積皇子を思い作った歌

A114

秋田之 穂向乃所縁 異所縁 君尓因奈名 事痛有登母

あきのたの ほむきのよれる かたよりに きみによりなな  こちたくありとも

秋の田の 穂向きの寄れる 片寄りに 君に寄りなな 言痛くありとも

秋の田の穂が一方にたわんでいるように、あなたに寄り添っていたい。

人が何とうわさしようと。

 

勅穂積皇子遣近江志賀山寺時但馬皇女御作歌一首

穂積皇子が近江の志賀の山寺に遣わされるとき但馬皇女が作った歌

A115

遺居而 戀管不有者 追及武 道之阿廻尓 標結吾勢

おくれゐて こいつつあらずは おいしかむ みちのくまみに しめゆへわがせ

後れ居て 恋ひつつあらずは 追ひしかむ 道の隅みに 標結へ我が背

後に残って思い慕っているよりは、追いすがって一緒に参りましょう。

            道に目印を付けておいてください、あなた。

 

但馬皇女在高市皇子宮時竊接穂積皇子事既形而御作歌一首

但馬皇女、高市邸にいるとき、密かに穂積皇子にい、すべてが露見して作った歌

A116

人事乎 繁美許知痛美 己世尓 未渡 朝川渡

ひとごとを しげみこちたみ おのがよに いまだわたらぬ あさかはわたる

人言を 繁み言痛み おのが世に いまだ渡らぬ 朝川渡る

うわさがうるさい世の中で、まだ渡ったことのない朝川を渡る。

なんとしても成し遂げるのだ。

 

ことが露見し、穂積皇子は近江の志賀山寺(大津市滋賀里町の崇福寺)に謹慎させられています。おそらくは「近江崇福寺の造成か何かの公用(攷証)にかこつけて皇子を遣り、人の噂の75日が程は二人の間を遠ざけておこうとされたのであるらしい。」井上哲夫「悲恋の物語」(国文学S47.11)

その後696持統10年7月、高市皇子が亡くなられますが、22歳の但馬皇女は穂積皇子と一緒にはなれませんでした。上記のような但馬皇女の激しい思いをぶつけられても、穂積皇子は返事を書いてはいないようです。

その後、穂積皇子は政治の世界で華々しく活躍しています。しかし、但馬皇女の記録は続日本紀に一行のみ書かれただけでした。「708慶雲5年6月25日、三品の但馬内親王が薨じた。天武天皇の皇女である」と。本稿の試算では34歳だったと思われます。

 

但馬皇女薨後穂積皇子冬日雪落遥望御墓悲傷流涕御作歌一首

但馬皇女の薨ぜし後に穂積皇子、冬の雪降る日に御墓を思い悲傷流涕して作った歌

A203

零雪者 安播尓勿落 吉隠之 猪養乃岡之 寒有巻尓

ふるゆきは あわになふりそ よなばりの いかいのおかの さむからまくに

降る雪は あはにな降りそ 吉隠の 猪養の岡の 寒くあらまくに

降る雪よ、そんなに降ってくれるな、彼女の眠る吉隠(よなばり)の猪養の岡が

寒いであろうから

 

井上哲夫氏は「皇女に冷たかったのは雪ではなかった。あの純でひたむきな皇女の愛に対して、義理とはいえ、かたくなに心を閉ざしてしまったおのれこそ、雪にもまして冷たい人間なのではなかったか」と書かれました。

但馬皇女は奈良桜井市初瀬の東、吉隠猪養(よなばりいかい)の岡に葬られました。時に、知太政官事の要職にある穂積皇子は政治官僚としてますます重鎮となっていきます。

 

 

本章先頭へ       ホーム目次へ

©2006-2018 Masayuki Kamiya All right reserved.