アナログレコード再生のページ
アナログレコード再生のページ

アナログレコード再生に関する私人のオーディオ独断ページ

このページに迷い込んだ人数: since March 2001

以下お好きなところから読んでください

Most Pages in Japanese. English Pages are built separately (see the latter half of  SITE MAP).

SITE MAPを作りました。<何処かで読んだが見つからない>という方はどうぞ。。。

horizontal rule

私のサイトの備考:

bulletHPの初公開は2001年3月でした。2006年2月ISPを乗り換えてとりあえず再開。お蔭様で2006年10月5日までに延べ10万人の迷い人をお迎えしました。人に見せるためよりも、自分用ノートとして構築していますので読みやすいものではありませんが、気長に眺めてください。既にこのページの役割は終わっていると自覚しています。脈絡のない余談とレベルの低い自問自答(放言)が多いのはお許しください。自らの興味が失せた時がHPの止め時だと思いますが、10年以上続いたのは私が余り進歩しない証拠かな?賢明な人々は粘着せずに5年以内にHPを休止するか他の対象に次々と興味を移すのが通例ですから。。。お買い物ガイドか妄執かー前者は新しく買った物を次々にレビューし、後者は知識や既存の持ち物に粘着する。
bulletこのサイト上で実験したものは全て私見(試験)ですので、追試して不具合があっても当方は一切責任を持ちません。
bulletこのページの趣旨は<分からないからサイトを立ち上げて(自分にも)問うているわけで、何事も頭から信じないでください>です。書いている内容を私自身完全に理解しているとは限りません。書いた後でその意味が分かったこともあります。総じて自分の間違いも含めいろいろな勘違いが後に深い理解や新しい考え方に繋がる場合が多いです(思い込みや風聞に凝り固まらないで、事物を自分で素直に理解しようとする気持ちを失わない限り)。理解と誤解と逸脱と飛躍と。文章や図面の前後を入れ替えただけで趣旨や印象は変わってしまう難しさを感じています。私が引用している特許や書物の本来の趣旨と私の解説は無関係です。「引用も個人的な理解の内」だということはお含みおきください。興味のある方は出来る限り原書・原文をお読みください。教えられて理解したつもりになっても、それが内発的・自発的でない限り一時的な了解に終わります。
bulletこのサイトはリンクフリーですがご一報いただければ幸いです。但し、私の方針として「相互リンク」の依頼は原則対応出来ません。人それぞれだと思いますが、リンクは個人的な一方的なものでよいと考えており私のリンク集は『私のお気に入り』とさせていただいております。
bulletご質問ないしご感想はメールお願いします。

主な記録: 手直しが多いので全ページが時系列で完結しているわけではありません。最近はリンク切れした外部リンクを削除する作業の方が多いです(寂しいことですがこっちが長生きし過ぎたんだなぁ)。余計なことを長々書いたり話すのは老年期の兆候だそうです。

2020.11.4 サンセベリアの学名リスト(xlsファイル)。大混乱のサンセベリアを海外の情報を読み込んで作りました。興味がある方は見てください。例によって面白いものではありませんのでご注意を!これを作った目的・動機は私の他のページと同様に「むやみに買わない」 「持ち物を増やさない」→minimalist。種をまいて発芽までしか記録しない人や植物を買って直ぐに育て方を書く人がいます。まさに「知る者は言わず、言う者は知らず」ですね。私は無知だからまだ書いたり語る権利がある? 私の参考用ノートとして無責任な拡張版(.xlsx)も作りました。
2019.5.6 中古盤の格付け
2018.12.25 Musical Balanceのページに老年の聴覚を追加
2017.1.25 stylus.xls(英文xlsファイル)に1961年Waltonの実験報告を追加
2014.10.1 PICKUP DESIGNS extracted from "THE GRAMOPHONE HANDBOOK" (1957) by Percy Wilson  モノラル時代のカートリッジの諸問題について示唆に富む解説がなされていたので抜粋しました(P72-P77)。
2013.10.15 古い測定法を示したIEC98A(1972)を入手したのでrecspecs(英文)等に補筆(存命を示すため:ネット社会では過去に関わったサイトのthreadに投稿するのを止めると死者・亡霊とみなされるらしい)
2012.1.16 アームのテスト:MA-505のページにDIN規格等による測定例(ネットから拝借)を追加
2011.4.4 特殊な音溝特許
2009.5.26 A history of patented anti-skating bias devices applied on arms. 
2009.5.26 A history of patented auto-offsetting arms & moving pivots (these simulations in EXCEL are not related to actual embodiments: trial simulations only for understanding how they work.) 
2009.4.28 特許図に見る珍しいカートリッジ
2009.2.5 特許図に見る珍しいアーム
2008.10.25 怪しい図解>のページに回転シェルの試作実験を追加
2008.4.14 JVC TRS-1007詳細
2007.11.12 US特許にみる録音自動補正の歴史
2007.9.7 Various Alignment Gauges(英文)
2007.8.19 周波数基準レコードLF-1003
2007.7.1 stylus.xls(英文xlsファイル)
2007.6.13 カッターヘッド
2007.6.8 RIAJ統計から
2007.4.16 Shell & NAB1947
2006.12.29 DENON-DL(英文xlsファイル) & MAT
2006.11.23 RPM・ストロボ(rpm.xls)
2006.9.30 US patent list (xlsファイル) & アイクマンの製品化されなかったアーム & AT-1005IIのIFC (xlsファイル)
2005.6.21 Alignment.xls(英文xlsファイル)
2004.8.21 エクセルファイルOverhang(J) & Armtrack(E)
2004.8.7 IFC with spring wire (CEC)
2004.6.26 VTA variation(英文)
2004.4.8 アームの自作
2004.2.19 ターンテーブルの測定
2003.11.23 テストレコード:カートリッジとアームの低域共振測定
2003.10.13 SME3009imp平面図
2003.7.9 Comparative Standards(英文)
2003.6.30 ターンテーブルの更新(リニアトラックの実験を分離)
2003.5.31 カートリッジのPinch Effect
2003.5.1 アームデータ(英文)
2003.4.30 RIAAカーブの記事(Phonoamp)など
2003.3.31 レコードスペック(英文)
2003.1.1 アームの記事の更新
2002.5.1 超音波洗浄機の実験
2001.3.1 閑人さんのご協力により初公開