鞍馬寺本堂の六芒星と僧正ガ谷不動堂の六芒星

鞍馬寺本堂の六芒星

鞍馬寺本堂に着いたが、小雪はやまない。積雪は20cmぐらいあった。
4:40。
「あの辺りに直径10mぐらいの六芒星があるの。でも、今日は雪で隠れているわ。 1時間あれば、掘り起こせると思うけど、今、そんな余裕はないわね。」
「ここから、貴船神社まではどのくらい、かかる?」
「条件が良い時は、1時間かからないけど。」
「今日はもうすぐ暗くなるし、雪が積もっているから、倍の時間がかかるかな。」
「ここから、20分ぐらいの僧正ガ谷不動堂という所に、直径50cmの六芒星があるの。是非見てもらいたいわ。」
「んー。よし、じゃあ行くか。みほの土地感覚と、僕の山の経験があれば、なんとかなるだろう。」

鞍馬寺本堂から僧正ガ谷不動堂の六芒星

上り坂が続く。道は元々悪いし雪が積もっている。雅夫にとってはたいした事はないが、みほには大変な道のりだ。5時、僧正ガ谷不動堂に着く。辺りは真っ暗だ。
「ここよ。」
みほは雪をかき分ける。雅夫も手伝う。
そこには、、直径50cmの六芒星があった。
サイト内リンク六芒星の画像集
サイト内リンク鞍馬寺 地図

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
鞍馬寺本堂の一番上へ↑