title graphic

This is a site where motorcyclists help each other to get their stolen motorcycles back.

CBX - Chasing your stolen Bikes to eXtremes
| 日本語 | English |
| HOME | このサイトについて | CBXって? | 盗難バイクリスト | 楽しいバイクライフのために | 携帯で検索 | アーカイブ |

(Since Aug 2, 1998: Moved from So-net to Biglobe Nov 16, 2006: Last updated June 23, 2017)

盗難バイク インターネット捜査網



keitai_de_shougou

携帯で盗難車照合 [利用案内]
ケータイ用の検索ページは小さな画面に合わせて設計してありますが、パソコンのブラウザーでもご利用できます。以下がその検索窓です。「利用案内」を一読の上、お試しください。とくに登録をされている方は、ご自分のバイクが検索できるか、ご確認ください。


これは盗難車では?と思ったら

[ xrabbit ] option

あなたのホームページにこの検索フォームを


「X白バイ」に登録ください

 ケータイで検索できるのは、盗難バイクばかりではなく、捜査にご協力いただいている方々のバイクもヒットするようにしたいと思います。なんのため? ...続きはこちらへ

small rabbit
「Xうさぎ」の紹介: 

 当サイトのマスコット、ならびに『X白バイ』のシンボルとして「Xうさぎ」が誕生しました。作者は漫画家・イラストレーターの樹林さんです。高解像度の ステッカーバージョンはこちら。ファイルが開いたら、いったん保存して、画像ソフトで開いてプリントしてください。インクジエットプリンターでは、解像度200 - 300pixel/inch、幅が7 - 20cm のサイズ設定で充分写真品質の仕上がりになります。

ここは盗難に遭ったモーターサイクル捜索のページです

あなたのバイクが盗難にあったら、そのバイクに関する情報をEメールでお寄せください。ここに掲載いたします。掲載内容については「盗難バイクリスト」をご覧ください。(登録にはこの「登録フォーム」をどうぞ)

そしてあなたは、同じように被害にあった仲間のライダーのために、不審なバイク、放置されているバイク、中古バイク販売店で購入しようとするバイクが、ここに掲載されていないか、調べるお手伝いをしてください。

販売店は、持ち込まれたバイクが盗難車かどうかご確認ください。オークションや個人売買コーナーを提供する雑誌、ショップ、サイトは、車体・エンジン番号の提示を義務づけるようご配慮ください。税関の輸出審査官の方は、中古バイクの輸出申請にたいして、どうか貨物内容点検をお願い致します。

盗難登録バイクを発見されましたら、まず110番または最寄りの警察に、<届け出警察署名>と<届け出日>を添えて通報して下さい。また、こちらにもEメールでお知らせいただければ、登録者に連絡いたします。

盗まれたバイクを個人で捜し出すのは、まず不可能です。それに、盗難届を出しても、捜索されるわけではありません。でも、インターネットのおかげで、情報を交換できる環境ができました。バイクを盗まれて、泣き寝入りするだけの時代は終わったのです。どこまでも、犯人とあなたの盗まれた愛車を追いかけましょう。あなたがモーターサイクルを愛するなら。


バイクを見つけて下さった方へのお礼について

バイクを発見して下さった方にたいして持ち主の方は、拾得物の届け出のルールに準じて、発見時のバイクの価値(あくまで持ち主の主観と判断による)の10 - 20 %相当のお礼を考えていただけないでしょうか(現金、商品券、図書券など)。詳しくはこちらの提案をご覧下さい。

エンジン番号を控えていますか?

エンジンには製造番号が刻印されていますが、車検証には記載がありません。エンジン番号は車体番号と同様、所有者を特定できる情報ですし、またエンジンは載せ替えられる重要パーツですので、自身で刻印の位置を確かめるとともに記録しておきましょう。もちろん、車検証、登録書類はバイクに積んだままにしないで、常に携行すること。

法をこの手に

被害届だけではバイク盗難は無くならない。『刑事告訴』に訴えましょう。



ヘッドライト・テールライト

"I don't want a used ride. I want my motorcycle. It's an extention of my soul if there is such a thing."
「ほかの中古バイクなんか欲しくない。あれは私のバイク。私の一部のようなもの、心が繋がっているの」
- Dark Angel Episode #105 "411 on the DL" から -

Save Dark Angel
「Dark Angel に見るバイクのキャラクター」

特集1 台湾からバイクが戻ってきた

台湾からのバイク奪還記の前編を『バイクは海を渡った、そして再び海を渡って登録者の元に』【'04/8/21】に、後編を『コンテナの扉は歴史のページの開く音がした』 【'04/9/29】に掲載しました。3台はオーナーの手元に渡り、11月末現在で2台の登録完了の報告をいただいています。そのうちから、大阪のVTR-SP2 藤原さんの登録までの記録を紹介します。『返還したVTR-SP2の再登録レポート』【'05/2/26】 

また、12月に実現した第2次バイク引き取り訪台により、8台のバイクが戻ってきました。その記録を『台湾から第2次分の8台のバイクが帰還』【'05/2/19】に掲載しました。

大阪のVTR-SP2 藤原さんがバイクメカニックのHPを開設して、そこに『盗難の話』として詳細を語っています【'06/2/4】

共同通信社より取材を受けて配信された記事が The Japan Times に掲載されました。"Cyber-hunters go after stolen cycles" by Shigeki Wada, Kyodo News【'06/11/29】


特集2 バイクのIDはVIN

海外向け日本製バイクや日本に輸入される外国製バイクにはそのバイクの固有番号として17桁の英数字からなるVIN (Vehicle Identification Number) がフレームに刻印されています。これはフレーム番号ではなくて、車両のIDです。かたや日本市場向けの日本製バイクは登録証に「車台番号」が記入されます。これはVINとどこが同じで、どこが違うのか?『VINはワインの香り』【'04/10/24】、『VINは盗難を防ぐのではくて、転売をできなくする』【'04/11/29】、『ネットオークションの盗難バイクを追う』【'05/1/17】、『ネットオークションで分解したバイクのパーツを転売、1000万円の利益(神奈川での逮捕例)』【'05/8/16】、『ネットオークションに愛車が、犯人を逮捕(No.3'398 APE100)』【'05/8/19】


特集3 次はギリシャから

ギリシャで、日本からの盗難バイク50台が押収されています。取り戻す意思を表明している当サイトの登録者は現在2名です。警察から連絡を受けたが、どうしたらいいか分からない、というオーナーは直ちにご連絡を。回答しないでいると「引き取りの意思なし」として現地で処分される恐れがあります。『ギリシャに日本からの盗難バイクが50台』【'05/4/28】


特集4 二輪車ETC問題

ハイカを全廃するに当たり「二輪用ETCの導入が遅れたら代替措置をとる、それが実施されるまではハイカは廃止しない」と公団が公約したにもかかわらず、05年9月で販売終了、実質的に全廃となりました。二輪ETCはこの春からモニター走行が始まってはいますが、このモニター用車載器を見るかぎり、とても一般のバイクに装着できるものには見えません。価格も不明で本格導入のめどさえ立っていないのが現状です。どうしてこんなことになったのか?【'05/10.29】 ここで取り上げた問題点 - ハイカ廃止に伴う割引代替措置、四輪並の車載器の価格、四輪並のコンパクトな車載器 - に対応するように二輪ETCが実現しました。二輪ETC問題は何を残したのか。連載最終回でひと区切り。【07.6.30】
『二輪車ETC問題』 その 1 / 2 / 3 / ・・・ / 21 / 22 /
番外編『二輪ETCについてのアンケート調査報告』【05.11.6】
番外編『二輪車ETC問題とは何か』【05.11.15】
番外編『疑惑の二輪ETCモニター募集』【06.3.4】
番外編『二輪ETC装着状況から見えるもの - アンケート集計』【07.6.9】
最終回『二輪車ETC問題とは何だったのか?』【07.6.25】
追跡『再び 二輪車ETCは普及しているか?』【08.7.2/10.6.7】


特集5 ライダーが原発廃絶を願うわけ

理由はかんたん。いくらバイクがあっても、核汚染で、ツーリングで訪ねることのできる場所が、ライダーを歓迎してくれていた土地から人々が、消えてしまっては、意味がない。次の世代に、ツーリングの楽しさと行く先を残すために、そして、現在進行中の原発事故の意味を問うために、連載を続けます。【2011.5.21】

『福島原発事故独立検証委員会「調査・検証報告書」批判』(その1〜4)【2012.4.5】
『国会事故調』公開委員会 傍聴記
 第9回 深野弘行 原子力安全・保安院長 〜これが東大話法、これぞ法廷劇〜
 第12回 勝俣恒久 東電会長 〜敷地に到達する津波を想定しないことにした〜
 第13回 松永和夫 経産前事務次官 〜これが記者クラブの信仰する経産トップか〜
 第16回 菅直人 元総理 〜撤退問題は事実に依らずにマスコミがはしゃいだだけ〜
 第18回 清水正孝 東電前社長 〜ゲタを預ける責任回避癖が全面撤退の誤解を〜
 第20回 報告書発表 〜公開された報告書をマスコミ記者はそもそも読んだか?
福島原発事故の真実『たね蒔きジャーナル+小出裕章』8月22日放送分youtube
 〜 野田総理:2030年代前半で原発ゼロ実現を目指す??
  福島第一原発沖20キロでとれたアイナメから放射性セシウム〜

ドイツZDFテレビ『フクシマのうそ』2012 Dailymotionnew
 〜ZDFのハーノ記者が追ったフクシマの一年。ニッポンのメディアや
  事故検証報告が伝えない事実。字幕つき。字幕のテキストもあり。〜

チェルノブイリ原発事故の真実『ワレリー・レガソフ回想録 Part 1-4』new
 〜1988年4月 チェルノブイリ事故対策にあたった科学者ががモスクワ
  郊外の自宅で自殺しているのが発見された。彼が言い遺した真実とは?
  BBCのノーカットオリジナルは "Surviving Disaster - Chernobyl 2006"youtube

ドイツZDFテレビ『フクシマのうそ』2014 Dailymotionnew
 〜ZDFのハーノ記者が追った事故後3年目のフクシマ。ニッポンの
  メディアが伝えない事実。字幕つき。字幕のテキストもあり。〜




 (2017/6/23) 
前川前事務次官の記者会見 ― 「国家権力とメディア」はどう報道されたか? 

今日の夕方、前川喜平前文部科学事務次官が記者会見を行うというので、IWJのライブを見ておりました。最初に前川氏が30分ほどプレゼンをおこないましたが、その締めくくりが権力とメディアの癒着への懸念でした。以下に文字起こしします。

【ノーカット】前川喜平前文部科学事務次官 記者会見 6月23日 new 

【29:22より】
もう一点付け加えて申し上げると、ですね
この獣医学部をめぐる問題について、わたくしは
わたくしとしての発言を1ヶ月前に行ったわけでありますけれども
この一件をつうじて、全くべつの問題として認識を新たにしたのは
国家権力とメディアとの関係です。
ここにはメディアを代表する方が集まっておられるわけですけれど、
ひとつは私にたいする個人攻撃だと思われる記事が、
5月22日の読売新聞に掲載されました。
これはもちろんわたしとしては不愉快な話ではございましたけれど
その背後に何があったのか、ということはきっちりと、
メディアの関係者の中で検証されるべき問題だと思います。
わたしは個人的には官邸の関与があった、と考えております。
それから、この加計学園にかかわる文書の信憑性でありますとか、
官邸からのはたらきかけ、といった問題について、
私に最初にインタビューを行ったのはNHKです。
ですが、その映像はなぜか放送されないままになっております。
いまだに放送されておりません。
また、真相を表す内部文書の中で、非常に決定的なものであります9月26日付けの文書
がございますけれど、官邸の最高レベルが言っているという文言が入っている文書、ですね
これは朝日新聞が報じる前の夜にNHKが報じておりました。
しかし核心の部分は黒塗りにされていました。
これは何故なんだろう? NHKを責めているわけではないんですけど。
それから報道番組を見ておりますと、コメンテーターの中には、
いかなる状況証拠や文書が出て来たとしても、もう官邸の擁護しかしないという方が
いらっしゃいます。ま、その方のお名前は差し控えますけど、
森友学園のときもそういうことが繰り返し行われていたわけですけど、
森友学園の問題で官邸を擁護するコメントを出し続けた方の中には
ご本人の性犯罪が検察、警察によってもみ消されたのではないか、という
疑惑を受けている方もいらっしゃるわけです。
こういったことをふまえて考えてみますと、
わたしは今の日本の国の国家権力とメディアの関係には
非常に不安を覚えるわけであります。
国家権力と第四の権力とまで言われるメディアとの関係を、ですね、
国民の視点から問い直すという必要性、
またそのメディアの方々の中で、自浄作用が生じるという
ことを、わたしは強く期待したいと思っています。
なお、読売報道について官邸関与がどのようなものだったのか、生々しい証言が再度【59:00から】語られます。

質疑の間、読売新聞記者からなんら質問もコメントも、さらに反論もなかったという事実、さらに、記者クラブ仲間から相互批判の声も上がらないということが、この問題の根深さを物語っています。前川氏の会見のこの部分を、各メディアがどのように報じたか、また報じなかったか、ということに注目できるのも、ノーカットで動画を見ていればこそです。

官邸擁護役のコメンテーターとは誰なのか、ワイドショーを見ておられる方はすぐにお分かりでしょうから、ここではIWJのこのインタビューを紹介しておきます。そこで前川氏のいわゆる「出会い系バー通い」とは一体なんだったのかが明らかにされます。

「前川氏や詩織さんの思いを直接ぶつけたかった」 菅官房長官を厳しく追及し内部文書の「再調査」を実現! 岩上安身による東京新聞記者・望月衣塑子氏インタビュー 2017.6.16 new


 (2017/5/31) 
「二輪、高速乗り放題」? ― ものは言いよう 

ヤフーのニュース一覧に「二輪 首都圏高速が乗り放題へ」という見出しがあったので、おおっ、と急ぎ目を通しました。現在の二輪の置かれている不当な差別的状況のもとで、朗報のように見えたことと、でもそんなグッドニュースにしては唐突すぎるのが気にもなりました。

記事はローカルの新聞社が伝えたもので、

二輪、高速道路乗り放題へ 沼津ICなど対象エリアに
国土交通省は30日、自民党二輪車問題対策プロジェクトチームの会合で、ETC搭載の二輪車を対象に7月下旬から、首都圏の高速道路が定額で2日間乗り放題(乗り降り自由)になる料金割引プランを導入する方針を明らかにした。
静岡新聞SBS 5/31(水) 7:58配信
一見、国交省が二輪行政の健全化に転じたのか、との印象を与えそうですが、内容をよく読むと、実はその逆であることが読み取れます。

記事の核心部分はここ、

(軽自動車と同じ区分の二輪車料金を区別して引き下げるという要望にたいして)国交省は「料金を独立化するとなれば費用と時間がかかる。すぐにできることから始める」(高速道路課)とプランを提案した。ツーリング需要を喚起し、地域活性化にもつなげる狙い。
「すぐにできることから始める」とは言いよう。なんのことはない、二輪料金を独立化することの引き延ばし作戦が見え見えです。そもそも東京から箱根富士エリアというのは、日帰りツーリングの距離です。それをわざわざ「2500円で2日間乗り放題にする」というのは、一泊しろとでも言っているのでしょうか? 

利用したいというライダーがいれば、それはそれで結構。でも、一時の話題にはなっても、やがて相手にされなくなるでしょう。でも「頭がいい」はずの官僚がどうしてこんなつまらないプランを画策したのでしょう?

それは、これがうまく行っても行かなくても、どっちに転んでも構わない構図があるからではないか。もしも、利用客が増えたら「効果を検証し、他地域でのプラン導入も検討する」という作戦。ライダーがそっぽを向いたら、高速料金を下げても、二輪の利用が増えるわけではない、という解釈に誘導される。

つまり、どっちにせよ、二輪の高速料金独立化は先延ばし、または無視されるしかない。だいいち、それが簡単に実現したら、これまでの二輪行政が間違っていた、ということになりかねない。官僚には、国が亡びようと、自分の過ちだけは認めない信念があります。高速の二人乗りが「危険だから」という理由で禁止されていたのが、「外圧」によってあっという間に解除されたという歴史があります。じゃあ「危険だから」の根拠の検証はどうなっちゃったのかな?



 (2017/3/29) 
「かけがえのない」という価値 

高価なだけで「高級バイク」と呼ぶ慣習がメディアにはあります。大体が排気量の大きい大型自動二輪ですが、オーナーにとっては排気量がどうあれ、愛車はすべてかけがえのない「高級」バイクです。バイク窃盗は件数こそ激減しましたが、その反面、希少車を狙った犯行が目立ってきました。以下は、No.5'311 TZM50R さんが添えて下さったメッセージです。

被害状況は自宅マンションの駐車場です。
この日はたまたまハンドルロックとカバーのみでした。
普段は階段のポールに玉掛ワイヤーをかけチェーンをしてるのですが…
完全に私のミスです。(中略)
大事に修理を重ね、21年乗り続けていました。本当に大事な子なのです。
少しでも何かがわかると嬉しいです。


 (2017/3/28) 
「忖度」と「日本会議」コネクション ― 森友学園スキャンダルの裏側 

森友学園の籠池理事長との単独インタビュー(3月12日)をスクープしたのが、著書「日本会議の研究」(2016年5月 扶桑社新書)で知られる菅野完氏ということで、おやっ、と思いました。そもそも仇敵の間柄のはずが、その動画を見ると、理事長の発言は支離滅裂ではないし、菅野氏も冷静に真実を追及していることが分かります。

その後3月15日に、籠池氏は日本外国特派員協会にて記者会見をする予定が、直前にキャンセル、しかし上京して菅野氏に会うというので、菅野氏の自宅前にマスコミが群がりました。たまたま、ワイドショーの「ゴゴスマ」はかなりの時間それをライブ中継してくれましたが、局によっては「安倍首相の名前が出るや否や素早く中継をストップ。CMに入った」ところもあったそうです。

>>> 続きはこちらで


 (2017/3/25) 
メディアの情報操作 ― 豊洲市場移転問題 

20日の都議会の百条委員会での自民党委員の質問は、石原元都知事の責任を追及することではなくて、小池都知事批判の場を与えることが目的の時間つぶしでした。元知事は、築地は危険、豊洲が安全なのに小池都知事が豊洲移転を決断しないのは「不作為」の責任、築地で働く業者を「生殺し」にしている、と独演していました。さっさと豊洲移転してしまえば、責任追及の声は静まる、との作戦でしょう。

ところが、翌々日だったか、あるテレビ局が築地市場中卸組合の早山理事長のコメントを報道しました。そこで理事長が述べたのは. . .

>>> 続きはこちらで


 (2017/3/22) 
びっくり。正会員は15人? ― 五輪ゴルフ会場問題 その3 

おととい、霞ヶ関CCが女性会員を認める決定をした、との速報が流れました。あれっ?と首を傾げたのは私だけではなかったでしょう。受け入れたこと、ではなくて、どう決まったか、というプロセスです。

>>> 続きはこちらで


 (2017/3/15) 
時を逃すということ ― 五輪ゴルフ会場問題 その2 

ものごとを為すにはすべて秋(とき)というものがあります。たとえ良いことでも、時を逸すると逆の結果にもなりかねません。そのいい例が、霞ヶ関カンツリークラブの女性会員排除問題です。

問題が発覚してからすでに2ヶ月が経つというのに、いまだ霞ヶ関CCは規約変更するかどうかの合意がとれていないようです。この11日には3度目ともなる会員説明会を開催したものの. . .

>>> 続きはこちらで


 (2017/3/5) 
愛車を再生 ― カラーリング 

No.5'307 熊谷市 Monkeyくまモンバージョンさんが添えてくださった被害状況、

大学の構内にある寮の駐輪場に置いていたバイクが盗まれました。
警察から遺失物通知書が届き、ナンバープレートが拾得されていると!
駐輪場のバイクを確認したら無くなっていました。大切にしていたバイクで
悲しいです。自分に出来る事をやりたいとリストに掲載お願いいたします。
モンキーはロングセラーバイクですが、...
>>> 続きはこちらで


 (2017/2/23) 
「絶望があれば、希望を」 

昨日22日に開会した都議会の定例会で、小池知事はその施政方針演説の締めくくりに

不一致があれば、調和をもたらしたい。
誤りがあれば、真実をもたらしたい。
疑いがあれば、信頼をもたらしたい。
そして、絶望があれば、希望をもたらしたい。
 Where there is discord, may we bring harmony.
 Where there is error, may we bring truth.
 Where there is doubt, may we bring faith.
 And where there is despair, may we bring hope.
とマーガレット・サッチャー元英首相のことばを引用して、...
>>> 続きはこちらで


 (2017/2/22) 
キーワードの扱いがぞんざい ― 五輪ゴルフ会場問題 

クアラルンプルでの金正男氏の暗殺事件をめぐる謎の数々、豊洲市場問題で石原元都知事が百条委員会に証人喚問されることになった一方で自身で記者会見すると発言したりと、連日のニュース種に事欠かないメディア報道の中で、わたしがとくに気になって追っている事件は五輪のゴルフ会場になった霞ヶ関カンツリークラブの女性会員問題。 この件はもちろん世界でも報じられて、...

>>> 続きはこちらで


 (2017/1/31) 
日本語にならないものか、このキーワード ― エスタブリッシュメント 

トランプ・アメリカ大領領の矢継ぎ早の、常軌を逸した権限行使が、アメリカ国内だけでなく、世界的にニュースになり、また批判と非難の的になっています。それはツイッターというメディアを利用した一方的な放言で、既存メディアを振り回している手口と、どこか繋がっているともいえます。結果として、America First どころか America Worst のメッセージを振りまいてる印象を受けます。

トランプ氏が選挙中、また当選後にその短いスピーチの中で多用していたことばの一つが「エスタブリッシュメント」でした。それは、かれが敵視している相手を指しているのですが...

>>> 続きはこちらで


 (2016/12/24) 
大黒屋光太夫の見た「青銅の騎士」像 

ペテルブルクを訪れる多くの観光客の第一のお目当ては無論、エルミタージュ美術館でしょう。わたしにとって、今回の旅の一番の目的はピョートル大帝像でした。プーシキンの物語詩のタイトルそのままに「青銅の騎士」と通称されるこのブロンズ像は、ロシアの歴史やロシア語に関心がないかぎり、興味の対象にはならないらしく、旅行ガイドブックでも小さな扱いになっています。

このピョートル大帝像が完成したのが1782年、それからわずか9年後の1791年に、大黒屋光太夫が日本への帰国の許可を求めてエカチェリーナ2世に謁見すべく、サンクトペテルブルクにやって来ます。後に、当時の第一級の蘭学者、桂川甫周との共著とも言うべき「北槎聞略」の中で、サンクトペテルブルクを...

>>> 続きはこちらで


 (2016/11/10) 
またか!「予想外の結果」 ― 米大統領選のメディア報道 

アメリカ大統領選挙でトランプが選ばれたことを、各メディアは一斉に「予想外の結果」だと、驚きと、ある意味、失望を込めた報道をしています。またまた「またか!」と思ってしまいます。選挙期間を通じて、世論調査による支持率のひっ迫の報道もあったのだから、トランプ勝利の可能性がある程度あるということは素人目にも見えていたことなのに。

ヒラリー・クリントンが勝ったほうがいい、という思いが、勝つはずだ、という固定観念になって、それ以外の可能性を検討さえしない、という体質が既存メディアにあったように感じます。

>>> 続きはこちらで


 (2016/9/11) 
「個人劇場」から「都民劇場」へ ― 小池百合子都知事のプレゼン手法 

昨日の土曜に小池都知事が緊急とも言える記者会見を開き、豊洲新市場についてその主な建物の地盤で土壌汚染対策の「盛り土」が行われていなかったことを公表しました。

記者会見は都庁のホームページでもライブ中継していますが、THE PAGE の YouTube 中継のほうが解像度もアングルもいいので、私はこっちをひいきにしています。今回の会見は質疑応答も含めて30分足らずの短いものですので、この会見についてのニュース報道をあれこれ物色するよりも、会見の一部始終を全編ご覧になるのがおすすめです。

【中継録画】小池都知事が緊急会見 豊洲の汚染対策問題で報告 2016.09.10
>>> 続きはこちらで


 (2016/8/26) 
「国策に殉じた」 ― 靖国参拝のふたりの女性閣僚の忠実度 

お盆で田舎に帰っていたときに、8月15日のテレビのニュースが、高市早苗総務相と丸川珠代五輪担当相が靖国神社を参拝したことを報じていました。そのときに、

高市氏は参拝後、記者団に「国策に殉じた方々に尊崇の念を持って感謝の誠をささげた」と説明。その上で「慰霊の在り方は外交問題になるべきではない」と語り、閣僚の参拝に批判的な中国や韓国をけん制した。
時事通信 8月15日(月)15時55分配信
と発言しているシーンに、カチンと来るものがありました。なんだ、なんだ、「国策に殉じた」だって? 
>>> 続きはこちらで


 (2016/8/24) 
リオ五輪 ― 金メダルの重さと軽さ 

柔道競技を見ていて気づいたことは、選手の出身国の幅の広さでした。名も知らないような小国からの選手もいて、柔道がいかに世界に広まっているかを知らされました。ボールだけでできるサッカーに似て、柔道着だけで始められる柔道は、国の大小、貧富に依存する程度が他のスポーツに比べて小さいせいもあるでしょうか。たぶん日本の柔道家がその指導と普及に努めていることもあるでしょう。

今や「日本のお家芸」なんだから金メダルを穫って当然、という考えは捨てたほうがいいと思います。それよりも、こんなに柔道が世界で楽しまれていることを誇りにしたほうがいい。そもそも、サッカーにしても、うちが本家だから金メダルが当然、なんてイギリスは思わないでしょうに。

>>> 続きはこちらで


* * * * * * * *

このコーナーのバックナンバーはこちらで。なお、本サイト宛てにいただくメッセージはプライバシーにかかわる部分、ならびに個人を特定できる内容を伏せて引用させていただくことがありますので、ご了承ください。



更新情報



バイク窃盗の実態と対策

以下はこれまでにいただいた貴重な情報から、盗難の実態と対策を要約したものです。


     組織的犯行の実態

    ● U字ロックでホイールが固定でも、数人がかりで(おそらくバーとロープで)担ぎ上げる。物音がしない。	
    ● 外から見えないワンボックスカーが犯行に使われる。
    ● 「このバイク買います」のステッカー・札は、ターゲット選定の下調べと警報装置のチェック 
    ● 警報器が頻繁に鳴るのは風による誤作動ではなくて、犯人がチェックしている。
    ● 密輸目的の盗難品はまず倉庫に隠匿、パーツに分解、コンテナに詰めて無検査の税関をパス。(00.5.10参照)
    ● とくに大型バイクの登録情報(ナンバー、所有者、保管場所住所)が漏れている可能性あり。
     目に付かないところに保管しているつもりでも、安全ではない。
    ● 窃盗犯は極度に人目を恐れて、犯行は深夜から未明。下調べが必ずあり、かつ見張りを置いて実行。
    ● 「不要のバイク買い取ります」の軽トラックがターゲットを捜して徘徊しています。
    ● 盗難バイクからフレーム番号、エンジン番号を削り取って、個人売買しているケースあり。
    ● パーツに分解してネットオークションで販売。出品者は必ずしも犯人ではなくて、他人やショップを経由。
     同じモデルのパーツが時間を置いて出てくる。製造番号のあるフレーム、エンジンは出ない。(02.7.9参照)
    ● わずかな時間の路上駐車を狙うあらたな手口。とくに人通りが多い場所が逆に安心感から無防備を狙われる。


     盗難対策のヒント

    ● ホイールにU字ロックを取り付けるほかに固定物にもロックする。
    ● ツーリングに出かけるときもU字、ワイヤロックを携帯する。
    ● 監視カメラの設置(目に付くタイプ。ダミーでも効果あり)。
    ● 監視カメラの設置(盗撮タイプの小型、省エネモデル)。
    ● 各種警報装置(振動感知、赤外感知、コードレス、チェーンを切断すると鳴るタイプなど)。
    ● 位置検索用の小型PHS専用端末ができました。 (99.11.3 参照) 
    ● パーツとして売りにくくするために、車体番号などを部品(の裏側)にペイント、彫刻する。
    ● ふだんから近所づきあいを心がけ、大勢の目が光っている脅威を犯行者に感じさせる。
    ● バイクにはカバーをかけて、めくられたらアラームが鳴るようにする。警告文を添える。
      例: = 警告 = このバイクは防犯装置が稼働中です。
         故意に触れたり、カバーをめくることのないよう願います。
         この装置を起動させる行為は、窃盗未遂かつ不法侵入と見做します。
    ● 雨や風の夜が狙われやすい。物音が聞こえにくい。アラームは誤作動を心配してオフにしないこと。
    ● 窃盗団も防犯グッズに詳しい。だから、各種の仕掛けを組み合わせることで犯人の手口の裏をかくこと。
    ● 集合住宅にお住まいの方は理事会に監視カメラの設置を提案しましょう。リースも安価になっています。new
      

     盗まれたら

    ● まず最寄りの警察に『被害届』を出す。盗難に遭って動顛してしまいますが、落ち着いて、
     まず犯人との対決はこの手続きから始まると思いましょう。
    ● その届け出の受理番号をもらうこと: 陸運局での廃車手続きに必要。
    ● 新聞配達の方に写真を渡して、目にしたら連絡をくれるようお願いする。(00.4.21参照)
    ● ビラを作って近所に配付、掲示して協力を呼びかける。
    ● 個人でもできる『刑事告訴』を活用しよう。
    ● ナンバーを外され、車体番号も削り取られた族車が、警察に押収されている場合があります。
     写真、エンジン番号、その他識別に役立つ特徴を添えて警察署に照会する。(02.3.20参照)
    ● バイク盗難でも、排気量にかかわらず雑損控除で国税が還付されることがあります。税務署に問い
     合わせを。通勤に使用していたことを証明する「通勤届け」のコピーで還付された実績あり。(02.7.5参照)	
    ● ホンダのお客様相談センターで、車体番号からそれに搭載されたエンジンの製造番号を調べてもらえた
     ケースがあります。(04/4/12参照)
    ● 任意保険には一時中断制度があります。すぐに次のバイクの予定がない場合、中断証明書を発行して
     もらえば、割引の等級が引き継がれます。有効期限については保険会社に確認を。new


     統計資料

    ● 二輪窃盗にかんする犯罪統計は『バイク盗難統計の10年 』('08.8.10) へ。

    ● 二輪新車販売にかんする統計は『成熟社会のバイク産業とバイク文化』('05.4.5)へ。

    ● 二輪車の県別保有台数の統計は『成熟社会のバイク所有率』('10.4.20)へ。

    ● 二輪車の盗難被害状況の統計は『盗難バイクリストの統計処理で見えてくるもの』('10.8.8)へ。





リンク情報


  [ Yahoo! ]
 当サイトの検索には、キーワード  "CBX"、"盗難バイク" をお使い下さい。

Home > Regional > Countries > Japan > Recreation and Sports > Automotive > Motorcycles

All About Japan  All About Japan > クルマ・バイク > バイク > おすすめINDEX  


yukky.bike.blog  http://yukky.txt-nifty.com/bikeblog/ 


BMWモーターサイクルオーナーズクラブ日本支部  NPO法人として盗難対策と二輪環境改善に先進的な取り組み。
Harley-Davidson Japan 「盗難車情報と対策」 ハーレーとBuellの盗難車情報を掲載。
HONDA バイク 「Hondaの盗難抑止システム」 メーカー標準装備、オプションの紹介。
HOBBY WORLD ハーレー盗難事例の報告と盗難防止対策の紹介。
キタコ 盗難防止ロックBMシリーズ 盗難被害にあったメーカー技術者が開発した最強のロック。

riderbook  http://riderbook.com/


Google
WWW を検索 このCBXサイト内を検索
 当サイトの検索には、キーワード "CBX" または "盗難バイク" をお使い下さい。


The Japan Times   『The Japan times』 2006年11月29日付け「Cyber-hunters go after stolen cycles」

産経MOTO   『産経MOTO』 2006年11月「海外に消えたバイクを追え ネット通じ盗難車を奪還」

実用  WEBガイド  イエローページ  NHK教育  ヤフーガイド

モーターサイクル関連では、以下の各誌がバイク盗難特集を組んでおり、その中で当サイトを紹介いただきました。
『オートバイ』2000年3月号、 『モーターサイクリスト』2000年8月号、 2005年8月号2006年10月号『月刊バイクガイド』2001年1月号、 『クラブ・ハーレー』2002年12月号、 『別冊 MOTORCYCLIST』2003年4月号、 2007年6月号『ビッグマシン』2003年10月号、 『月刊ガルル』2004年1月号、 『Motorcycle Information』2004年3月号、 『タンデムスタイル』 2004年11月号『GOGGLE』2012年11月号、

National Diet Library   国立国会図書館Web-OPAC 蔵書検索



プライバシー保護とセキュリティについて

当サイト宛てにいただく被害情報とメッセージに個人情報(実名、メールアドレス、住所、電話番号など)が含まれていても、原則としてここには公開しない方針を採っております。またそのデータはWWWサーバーにも保存しておりません。これは、被害者の個人情報を、いたずらメール、スパムメールなど、無断転用・悪用から保護することを念頭に置いているためと、さらに盗難バイク発見後の措置は警察の責務であるという理由によるものです。ただし、当サイトの趣旨に対して悪意をもって攻撃をされる向きには、この限りではありません。

個人のプライバシーを守る暗号技術: PGPは誰もが使える「封書」電子メール。暗号はスパイ映画の中だけの話と思っている人は、地球規模の盗聴・監視システム、エシュロンについて、ZDNet JapanHotWired Japan から最近の記事をどうぞ。

なお、@hotmail.com などの無料電子メールはいたずらメールと区別できませんので、知人同士ならともかく、当方宛てのメッセージには使わないでください。読まずに削除することがあります。

毎日メールボックスをチェックされない方は、携帯をお持ちならその携帯にメールを自動転送されることを勧めます。当方からバイク発見のお知らせなどのメールをお送りすることがありますが、メールをチェックされないでいると対応が遅れてしまいます。転送される場合、サーバーにメッセージを残すように設定します。




[HOME] [このサイトについて] [CBXって?] [盗難バイクリスト] [楽しいバイクライフのために] [携帯で検索] [アーカイブ]


ご意見と盗難バイク情報はこちらへ info-cbx@rabbit.so-net.ne.jp
登録にはこの登録フォームをどうぞ。

-- リンクはご自由に(下のバナーをご利用ください)--

banner



このサイトは以下のフリーソフトウエアの恩恵に与りながら作成、運営しています。
| Linux | Perl | NCSA Telnet 2.7J | Eudora-J1.3.8 |

Valid HTML 4.01!  PGP Now!  OpenOffice.org

Envisioned and written by Hiro Oshio   (C) 著作制作 ヒロ・オオシオ