三角関数の公式の覚え方

三角関数の公式は、似た公式が沢山あるので、丸暗記は無理です。三角関数の公式の覚え方にはコツがあります。図を書けば分かる三角関数の公式の丸暗記は、いけません。図を書いて、右脳で三角関数の公式を覚えましょう。

三角関数の公式で覚えない、丸暗記しない公式

  1. sin(θ+2nπ)=sinθ。あたりまえの公式。
  2. cos(θ+2nπ)=cosθ。あたりまえの公式。
  3. tan(θ+2nπ)=tanθ。あたりまえの公式。
  4. sin(−θ)=−sinθ。図を書けば分かる公式。
  5. cos(−θ)=cosθ。図を書けば分かる公式。
  6. tan(−θ)=−tanθ。図を書けば分かる公式。
  7. sin(π+θ)=−sinθ。図を書けば分かる公式。
  8. cos(π+θ)=−cosθ。図を書けば分かる公式。
  9. tan(π+θ)=tanθ。図を書けば分かる公式。

sinの公式 sin(-θ)=−sin(θ)

図を書けば分かる公式。
sin(-θ)=−Y/r。sin(θ)=Y/r。
sin(-θ)とsin(θ)は符号が逆になる。よって、sin(-θ)=−sin(θ)。
ただし、この公式は覚えない。三角関数の公式は似たものが沢山あるので、文字で覚えようとすると混乱する。
下の図を見て、右脳で理解しよう。 sin

cosの公式 cos(-θ)=cos(θ)

この公式も覚えない。図を見れば、cos(-θ)=X/r。cos(θ)=X/r。
cos(-θ)=cos(θ)となるのは、明らか。

三角関数の公式で覚えるもの

  1. sinθ+cosθ=1
    sinθ=Y/r、cosθ=X/rを代入して、両辺にrをかけると、三平方の定理になる事を確認しておこう。
  2. tanθ=sinθ÷cosθ
    これも、sinθ=Y/r、cosθ=X/rを代入して、tanθ=Y/Xになる事を確認しておこう。
  3. 加法定理は覚える。
    加法定理でβをαに変えれば、倍角の公式がでるので、倍角の公式は無理して覚えない。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
↑三角関数の公式覚え方の一番上へ↑